【体験段】思い切って行動すれば「人は変われる」と実感した話。

スポンサードリンク


 

こんちは。takeちん@OddTake)です。

 

takeちんがどんな人生を歩んで来ているかを、ただ語るだけのこの自分語りシリーズ。

僕の人生、こんなんです。

 

さて、前回の続きと行きましょう。

 

takeちん、専門学校に入学する

今まで「学校なんかクソったれ。」だと思っていた学校が「意外と面白いんじゃないか、楽しいんじゃないか。」ということを知ったtakeちんは高校卒業後、声優を目指すべく大阪の芸能系の専門学校に入学しました。

この学校の入学前にtakeちんが心に決めていたことはたった一つ。

 

「もう、今までのtakeちんちゃうぞ!生まれ変わったんねん!」

 

そうです!これまでのいじめられっ子で大嫌いな自分を卒業しようと心に決めたのです。

 

生まれ変わると誓ったtakeちん

具体的に言うと、僕は声優になるという夢を叶えたいという気持ちも強かったですが、それよりも何よりも、「学校生活をenjoyしたい!」という気持ちが強かったんですね。

恐らく最後の学生生活を、思いっきり悔いのないように過ごそうと決めていたのです。

そのためには自分から学校生活を積極的に楽しむ必要があると思ったのですが、まずは色んな人と仲良くなることが必要だと思いました。

 

「友達多い方がオモロイヤン!」という激烈に短絡的な考え方でしたが(笑)

 

でも、この短絡的な考え方が僕にとっては爆発的な効果を生み出しました。

最早それは改心の一撃。怒涛の波状攻撃。うん、そんな感じや(何を言うとんねん)

 

とにかく色んな人に話しかけてみました

とにかく色んな人に話しかけてみました

何をしたかと言うと、入学してすぐさまそこら中の人に話しかけに行きました。

僕は引っ込み思案でめちゃめちゃ人見知りするんですが、思い切ってクラスメイトはもちろん、別のクラスや別の学科の生徒さん、先輩、後輩、先生、スタッフさん、男女問わず老若男女問わず話しかけまくりました。

話しかけまくり過ぎて、誰に話しかけたのかあんまり覚えていませんでした(おい)

 

が、こんなことでもしっかり効果は出たんです。

「恐らく学校内で僕のことを知らない人の方が少ないんじゃないだろうか?」

ってくらいの無駄な知名度を手に入れることが出来ました。

僕とあんまり喋ったことのない人でも僕の名前を聞けば「takeちん?あ~、はいはい。あの子ね。あのメガネのやかましいアホそうな子ね。」ってなるくらいの知名度は手に入れられました。

 

もちろん声を掛けた人たち全員と仲良くなったという訳ではないけれど、それでも色んな人に僕の顔と名前を憶えてもらえたのは嬉しかった。

色んな人と話しやすくなるし、友達も増えやすくなる。そうなると、自然に学校生活はやっぱり楽しいんですよね。

【学校】という社会の中でちゃんと居場所があるって、学生にとっては死活問題なんです。

だから、凄く嬉しかったんです。それまではずっと、孤独を感じることが多かったから。

夢を追っていることよりも、沢山の仲間に囲まれて学校生活を送っていることが何より楽しく感じたんです。

 

学校生活を全身全霊で楽しんだ

楽しくて楽しくて仕方がないから、学校内の色んなイベントや行事にも積極的に参加しまくったし、授業も積極的に取り組みまくったし、縦横無尽に学校の中で動きまくりました。

「我に一切の敵なし!」って感じで動きまくって、はしゃぎ過ぎて、前に出すぎて、大暴れしました。

「あいつちょっと調子乗り過ぎやで。」とか思わたり、周りが見えなくなって怒られることもよくありましたけど。

それにもちろん、楽しいだけじゃなくて辛いことも多かったですよ。

課題が全然クリア出来なかったり、先生に求められている結果を出せなかったり、期待外れやって先輩とかスタッフさんに言われたり、仲間との馬が急に合わなくなったり、何回か失恋したり(笑)

 

ほんでも、めちゃめちゃ楽しかったんです。

自分のやりたい事を学べるのが楽しくて、同じ志や夢を持った仲間と語り合ったり、切磋琢磨で頑張れたり、馬鹿な事やって最高の時間を過ごしたり・・・。

「何が楽しかった?」って人から聞かれたら余裕で「全部!」って答えられるくらいに楽しかったんです。専門学校での生活が。

出席率もトップクラスに良かったと自負しています。

休みがちだったそれまでの学校生活とはえらい違い(笑)

 

まとめ:人は変われると、改めて実感

人は変われると、改めて実感

何だか上手く言えないんだけど、「人って変われるんやなぁ。」って改めて実感した専門学校での二年間でした。

今から思えば僕は地元の京都を高校卒業と同時に少し離れて、誰も知ってる人がいない大阪の専門学校に行ったから、それまでの僕を知っている人がいないので「新しい自分」を作り出すことがやりやすかったのかも知れない。

そんなこんなで、ニューtakeちんは最高の専門学校での生活を過ごしたんです。

 

・・・・・ごめんなさい。この話、ただの自慢ですよね。

大丈夫です、自慢はここで終わりますから。

何があったかと言いますとね、専門学校を卒業して社会に出たtakeちんは、【社会の厳しさ】ってやつを痛いほど思い知ることになるんです。

 

「専門学校ぐらいで調子ぶっこいててすみませんでした。」って謝りたくなるくらいに(笑)

 

社会進出してからのお話は、また次回に。

ほんじゃ、またお会いしましょう。takeちんでした!


スポンサードリンク



スポンサードリンク




この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください