豊かさ。=欲しがらない。

スポンサードリンク



どうも、生き方探しアドバイザー takeちんです。


僕、欲しい物が手に入るなら、【車】が欲しいです。

あー、はいはい。車ね。
おばあちゃん

違うわ!おばあちゃんか!

これや!

乗る?

 

 

 

 

あー、むっちゃ欲しい。お出掛け大好きなんで余計に欲しい。
いつもレンタカーなのよね・・・。

ま、いずれ手に入るって分かってるから、今は良いやって思ってます。

今日のお話は、豊かさ。=欲しがらない。

 

あぁ、欲深き人間たちよ・・・。

 

自分らしい人生を歩んだ先には、幸せが待っていると僕は信じています。
幸せは、【豊かさ】とも言い換えられますね。じゃ、豊かになるにはどうすれば。

それは、【欲】と深い関わりがあります。
人間の欲って凄いですよね。

あれ欲しい!これ欲しい!
お金欲しい、車欲しい、、時計欲しい、服欲しい、家欲しい、自由な時間欲しい、彼女・彼氏欲しい、もっと良い会社に入りたい、田舎・都会で暮らしたい、もっと身長欲しい、やせたい、二重まぶたなりたい。・・・。

 

よく言うてますが、キリがない!
いや、ある程度の欲って必要だとは思いますけどね、人間。
比べない生き方の話とも関りますが、これも他人との比較から生じる事が多いです。

自分が欲しいと思ってる物を人が持っていると羨ましい。
あと、別に欲しくないのに他人が持っていると、なんとなく欲しくなる時もないですか?
え、俺だけ?(笑)

 

で、あれも欲しいこれも欲しいってなるんですけど、人間、そんなに簡単に全部手に入ったら苦労しないですよね?

それに、本当に全部欲しいなら、多分100年あっても足りないっすよ。

むしろ、手に入らんものばかり目について「アカーン!!」ってストレス溜まります。

でね、そういう状態のままでいると、【今、自分が手にしている物】だって見失いますぜ。

今自分が手にしている物だって、有難い物ばかりだと思いますよ?

もしあなたに素晴らしい恋人がいるなら、それはあなたには当たり前に思えるかも知れません。
でも、そんな恋人を探している人からしたら、どれだけ幸せな事か。

ね?ちゃーんとあなただけの幸せって、手にしてると思いますよ。
そこに感謝しないと、それも失いかねないのでお気をつけて。
失ってからでは、遅いですから。

 

ほんまにそれ、必要?

疑う男性

ちょっとこんな風に考えてみて下せぇ。
「あなたが欲しい欲しいって言ってる物、ほんまに必要ですか?」(天の声

 

そりゃ確かに人間、【ない】より【ある】が幸せでしょう。
でもね、あればあるほど幸せって訳じゃない。

特に車や家のような、【お金】で買える価値に関しては、増えれば増えるほど、守らなくちゃいけなくなりますよね。

そうなると仕事も頑張らなきゃだし、それで身体壊したり、心壊したりしても意味ないもんね。

本人が楽しんでバリバリ働いている分には問題ないですけど、ただ「稼がなきゃ!」みたいな責任感や義務感だけでは苦痛だから。

あくまでそれは例えばですけど。話しが逸れました。

 

ようは、「欲しい。」って錯覚してませんか?って話です。
それがお金なのか、車なのか、仕事なのか、恋人なのか、生活そのものなのか。
それは人によるでしょうけど。

世の中の情報とか意見とか、人と比べる気持ちとかに惑わされて、【別に要らない物】まで手に入れようとしてませんか?

「これがないとダメなんだ!」って錯覚してませんか?
takeちんは、それが気がかりだぜ。

 

落ち着いて考えてみよう。想像もしてみよう。

 

【必要】って思いこんでる物、多分、いっぱいありますよ。
そういう物を手に入れようとする執着があると、人は【自分らしさ】を見失います。

それ、ほんまに必要ですか?想像してみましょう。
手にした先に、「あぁ、幸せだなぁ。」って思えていますか?
あなたらしさとか、あなたに似合っているとか、そういう感覚を持てますか?

本が大好きで、年中ずっと図書館にいる子供に、任天堂スイッチ渡してもしゃーないでしょ。それはそれで喜ぶかも知れんが(笑)

 

【欲しい・欲しくない】より、【要る・要らない】が大事だと思います。

「あぁ、こういうのは自分らしくないけど、こういうのは自分らしいな。」
「ええなぁ、こういう自分。」

【豊かさ】とは、今ある物を大切にする事。
自分にとって本当に必要な物や、自分に合った物を大切にする事。
そしてそれに対して、幸せをしっかり感じる事。


そういうもんじゃないでしょうか?
takeちんでした。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください