自分らしく生きるために意識しよう|自分の気持ちを大切にする6つのポイント

自分らしく生きるために意識しよう|自分の気持ちを大切にする6つのポイント

こんちは、takeちんです!

今回は、自分らしく生きるためにとても大切なことについてお伝えします。

結論からお伝えすると、自分らしく生きるためには【自分の気持ちを大切にすること】が重要です。

自分らしく生きるために、自分の気持ちを大切にしよう

自分らしい人生って、自分に喜びを与える人生のことだと思うんですよね。

例えば、食べたいものを食べた時って、凄く嬉しい気分になりますよね。

これは、自分の気持ちに従って行動したからなんですよ。

こういう瞬間を積み重ねることが、自分らしい人生に繋がります。

でも、自分の気持ちを大切にするって案外難しいし、どうすれば良いか分からないことも多いですよね。

そこで今回は、僕が意識している【自分の気持ちを大切にするためのポイント】を紹介します。

ポイントは全部で「6つ」

あくまで僕が大切にしている考え方なのですが、参考にしていただければ嬉しいです。
takeちん
takeちん

じゃ、行くでやんすよ!

 

【1】他人軸じゃなくて自分軸で考える

いや~、めちゃめちゃ考えてますね、このゴリラさん。

それはさておき(笑)

まずはこれです。

他人軸じゃなくて自分軸で考えるということ。

つまり、「自分はどうしたいのか?」を中心に考えることですね。

「え?そんな単純なことなん?」と思うかも知れませんが、実は難しいことなんです。

僕達って、自分が思っている以上に、他人がどう思うか、社会からどう見られているかを意識しちゃってますから。
takeちん
takeちん

例えば、男性一人でパンケーキ屋に行くのってかなりハードル高いですよね。

基本的にパンケーキ屋って女性客やカップルが多い所ですし、男性、ましてや一人だけで入店するのってかなり勇気がいると思います。

例えスイーツ大好き男子であったとしても、「恥ずかしい。」「変な目で見られたらどうしよう。」「笑われたらどうしよう。」と考えてしまって、入店を諦めるケースも多いはずです。

こんな風に僕達って、他人や社会からどう思われているかを気にして、自分の気持ちを我慢することって多いんですよ。

でも、他人や社会を気にして自分の気持ちを押し殺してばかりで、幸せになれるでしょうか。

それよりは思い切って男一人でパンケーキ屋に入店し、【クリームがゴテゴテに乗っかってメープルシロップがビタビタにかかった「だだ甘」のパンケーキ】を食した方が幸せな気分になります(笑)

しかも、達成感も得られます。

だから、「自分はどうしたいのか?」と考えて、その気持ちに従って行動する方が、本当は自分のためになるんですね。

シンプルですが、とても大切です。

自分軸で考えることを大切にしましょうね。

 

【2】人生の主人公は自分だと考える

自分軸と共通する考え方ですが、これも大切です。

自分の人生の主人公は、他でもない【自分自身】なんです。

だから、自分のために生きることが物凄く大切です。

ところがさっきもお話したように、僕達は他人や社会の目を気にして、自分自身をないがしろにすることも少なくありません。

嫌われたくないからと我慢したり、孤立を恐れて無理に周囲に合わせたり、非常によくあるパターンです。

でも、この世に生まれて来た最大のミッションは【自分を幸せにすること】です。

そして、自分を幸せにすることが出来るのも、自分自身だけなんです。

人との関わりの中で幸せを感じることもありますが、それはあくまで、人との関わりの中で起こるお話。

誰かが手取り足取り導いて、幸せにしてくれるなんてことはないんです。
takeちん
takeちん

自分の幸せは、自分で掴み取ること。

だから、人生の主人公は自分だと考えて、自分が幸せになれる選択をして行くことが大切なんです。

 

【3】自分にOKを出す

先程、「選択」という言葉が出ましたね。

僕が思うに、人の人生は、【その人がどんな選択をするか】で形作られます。

だから、自分のためになる選択をすることが重要です。

ところが僕達は「本当はこうしたい。」という気持ちがあっても、「〇〇すべき。」「〇〇してはいけない。」という思考が働いてしまって、なかなか自分の気持ちに従えないことが多いんです。

例えば、「仕事を辞めたい。」と思っているのに「家族に迷惑をかけてはいけない。」「自分が頑張るべきなんだ。」という思考が働いて、仕事を辞められないなんていう話はよくありますね。

「仕事を辞めて家族に失望されたらどうしよう。」「次の仕事が見つからなかったらどうしよう。」という恐怖も、自分の気持ちに従えない理由の一つですね。

だけど、ずっと自分の気持ちに従えないで、辛い状況を我慢し続けていては、最後には潰れてしまうだけです。

自分の人生を少しでも幸せなものにしたいのなら、例え怖くても、自分の心の声に耳を傾けてあげて、その声に従って選択してあげましょう。

そのために、【自分にOKを出すこと】が大切なんです。

少しずつで良いから、「〇〇してはいけない。」を「〇〇したい、〇〇しても良い。」に変えてあげること。
takeちん
takeちん

転職したいけど家族の反応が気になってしまうなら、まずは思い切って家族に相談してみること。

それだけでも大きな前進となるはずです。

反対される可能性もあるかも知れませんが、「良いと思うよ。」と背中を押してくれる可能性だって十分にあるんですから。

失敗するかどうかは、行動するまで分かりません。

上手く行く可能性もあるのに、自ら諦めていては勿体ありません。

自分にOKを出して行動を始めるだけで、あなたの人生は変わり始めるはずです。

 

【4】焦らないこと

【焦らないこと】も大切です。

というのも、自分の気持ちを大切に生きると決めても、何もかも思いのまま、自由に生きられるなんてことはありません。

悩むことも迷うこともあるでしょう。

僕だって、誰だってそうなんです。

だから、決して、焦らないで下さい。
takeちん
takeちん

まずは小さなことから始めてみましょう。

「ダラダラしないようにいつも予定を入れているけど、今日はのんびりしたいから、思い切って何もしないでいよう。」とか。

そういう小さなことからで良いんです。

時間をかけながら、自分の気持ちを大切にする人生を歩み始めましょう。

それが積み重なれば、やがては自分自身のために、大きな決断だって出来るようになります。

長い人生、少しずつ、自分を育てて行けば良いんです。

時間はかかっても幸せになれたら、それだけで万々歳なんですから。

 

【5】人に迷惑をかけても良い

どうしても、自分の気持ちを優先することで、人に迷惑をかけてしまうことを恐れている人も多いと思います。

特に、大切な人に迷惑をかけたり、嫌われたり、誤解されるようなことを恐れる人は多いでしょう。

その結果、他人軸で物事を考えてしまうんですね。

でも、人間関係は基本的に【迷惑の掛け合い】です。

大なり小なり、お互いに迷惑をかけるのが人間関係であり、それを支え合って生きて行くのが人間なのです。

だから、迷惑はかけて大丈夫なんですよ。

むしろ、知らない間にもう迷惑かけてますから安心して下さい(笑)
takeちん
takeちん

それに、あなたの大切な人達はきっと、同じようにあなたのことを大切に想っています。

【あなたが幸せでいること】を願っているのです。

あなたがちょっとくらい自分らしく生きることを優先したからと言って、あなたを嫌いになったり、失望したりすることはありません。

若干、支えるのが大変になるだけです(笑)

だから思い切って迷惑をかけるつもりで、自分の気持ちを大切に生きることを選びましょう。

その先であなたが幸せになれるのなら、その幸せはちゃんと、大切な誰かにも届きますから。

 

【6】人生は一度切り

最後にこれです。

極論ですが、やっぱりめちゃくちゃ大切な考え方です。

泣いても笑っても【人生は一度切り】なんです。

何があろうと、この人生をやり直すことは出来ないんです。

そう考えると、良いことも悪いこともひっくるめて、かけがえのない人生だと思えます。

そんな一度切りの人生を、少しでも悔いのないように生き抜くために、自分の気持ちを大切にしながら生きましょう。

もちろん、時には自分の気持ちに従った結果、失敗や後悔することもあります。

人間ですから(笑)

でも、それすらも価値のある経験となり、財産となります。

色んな経験をしてこそ、人生って豊かになるのです。

最期には「色々あったけど楽しかったなぁ。」って言って死にたいじゃないですか(笑)
takeちん
takeちん

そのためにも、一度切りの人生だと思って、日々を少しでも大切に生きて行けると良いですね。

 

まとめ

ってな感じで、今回は自分の気持ちを大切にするために意識したいポイントをお伝えしました。

軽くまとめてみましょう。

今回のまとめ
  1. 他人軸じゃなくて自分軸で考える
  2. 人生の主人公は自分だと考える
  3. 自分にOKを出す
  4. 焦らないこと
  5. 人に迷惑をかけても良い
  6. 人生は一度切り

最初は難しく感じると思いますし、僕自身も、難しいなと感じる時はあります。

だから、本当に少しずつで良いですからね。

自分の気持ちを大切に出来ると、自分らしく生きている実感が湧きます。

自己肯定感も上がり、自信がついて人生が楽しくなります。

是非、そんな風に生きて欲しいなと思います。
takeちん
takeちん

ほな、またお会いしましょう。takeちんでした!