【物事にはタイミングがある】良い時も悪い時も「穏かな心」で過ごす考え方

takeちん
こんちは、takeちんです。
あざらす
今回は「物事にはタイミングがある。」っていう話をするで。
takeちん
ぶっちゃけあんまり根拠のないお話になるんですが、最後まで読んで頂ければ嬉しいです。
今回のテーマ
物事にはタイミングがある。

「物事にはタイミングがある。」という考え方について

僕自身は、「物事にはタイミングがある。」という考え方を大切にしています。

実際、そうだと思うんですよね。

色んなことが上手く行って物事がスイスイ進む時もあれば、どれだけ頑張っても何をやっても上手く行かない時もあります。

少し時間を置いてから「上手く行かなかったこと」に再挑戦したら上手く行ったり、「上手く行ったこと」をもう一度やったら今度は失敗したり。

そういうことってあると思うんですよね。

 

もちろん、運とか、実力とか、技量とか、その時の体調とか、気持ちとか、色んな要素はあると思いますし、それによって物事がどう運ぶかは変わります。

でも、「タイミング」というのも重要な要素だと思うんですよね。

あざらす
まぁ、分かりやすく言えば「タイミングによってなんか上手く行く時もあれば、なんか上手く行かない時もある。」ってことやね。
takeちん
そうそう。そういうこと。

 

タイミングがあると考えることで「穏かな心」でいられる

「物事にはタイミングがある。」と言うと、ちょっとスピリチュアル的なお話に感じてしまうかも知れませんね。

正直な所、確かに、そういう部分もあるとは思います。

自分の努力や意思とは関係のない、何かの力が働いたことによって、物事には「タイミング」というものがあるのかも知れません。

そういう考え方があっても良いと思います。

ただ、今回の記事で僕が言いたいのはそういうことじゃなくて、

 

「物事にはタイミングがあると考えることによって、自分の心を穏かな状態に保てる。」

 

ってことなんです。

 

上手く行かなかった時はタイミングの「せい」

例えば、何か上手く行かないことがあった時、それこそ死に物狂いで努力したのに思うような結果が出なかった時、めちゃくちゃ落ち込みますよね。

こういう時に、「しょうがない。タイミングが悪かったんだ。また少しずつ歩いて行こう。」と思えたら、それ以上、落ち込まないで済みますよね。

 

むしろ、一生懸命に頑張っていたのに上手く行かなかった時は、タイミングの「せい」にするぐらいの気持ちがないと、今度はどんどん自分を責めてしまいます。

 

もう十分頑張ってるのに、「努力が足りなかった。」「才能が無いんだ。」「向いてないんだ。」「自分が悪かったんだ。」みたいに、自分を責めてしまうんです。

あざらす
自分を責めることはほんまにやめた方がええで。
takeちん
百害あって一利なしと言い切れます。

もし、「次はちょっとやり方を変えてみようか。」みたいに反省出来る部分があれば、あくまで反省として留めておくだけで、それ以上は自分のせいにする必要は無いんです。

あとは「タイミングが悪かったんだよね。そういう時だったんだよね。」と考えることで、落ち込み過ぎず、自分を責めることもなくなります。

 

上手く行った時はタイミングの「おかげ」

逆に上手く行った時や、物事がスイスイと良い方向に進んだ時も、タイミングが良かったと考えることも大事です。

どういうことかって言うと、こういう時にタイミングが良かったと考えないと、調子に乗るんですね。

 

「やっぱ俺って最強最高ダイナマイトやわ!」←意味不明

 

みたいな、過信・慢心・油断を生んでしまいます(笑)

自信過剰になって無駄に人に嫌われるし、次に上手く行かないことが起こった時に、「あんなに上手く行ってたのに・・・。」とドン底に突き落とされやすいんです。

あざらす
はっきり言うて、人間ってこういうアホな所あるからな・・・。
takeちん
それもまた、一つの魅力だったりしますけどね(笑)

ただ、出来ればこうなってしまうのは避けたいです。

 

そうならないために「タイミングが良かったんだな。運もあったし、周りの人の支えがあったからだ。」と、タイミングの「おかげ」だと考えることが大切です。

 

こう考えると、「あんまり浮かれないようにしよう。」という落ち着いた気持ちになれるんですね。

もちろん、上手く行ったら喜んで良いし、自分を褒めてあげたら良いんです。

でも、「調子に乗り過ぎないようにしようね。」ってことなんです(笑)

 

物事にはタイミングがあると考えて「フラットな自分」でいよう

結論としては「物事にはタイミングがある。」と考えることによって、ネガティブになり過ぎない、かと言ってポジティブになり過ぎない自分でいられるんです。

 

つまり、僕が何度かブログでお伝えしているように、「フラットな自分」でいることが出来るんです。

 

あざらす
落ち着いた、穏かな状態の心でいられるってことやね。
takeちん
この考え方、僕自身は結構大切にしているので、良かったら参考にしてみて下さいね。

あ、良ければ以下の記事も読んでみて下さいね。

じゃ、またお会いしましょう。takeちんでした。