【諸行無常】どんな悩み事も、苦しみも、いつか終わりの時がくるよ。

スポンサードリンク


 

【諸行無常】どんな悩み事も、苦しみも、いつか終わりの時がくるよ。

 

こんちは、takeちん(@OddTake)です!

 

このブログを読んでくださっている方々はきっと今、人生の中で、何か悩んで苦しんでいる方々なのかなと思います。

家族の事、仕事の事、学校の事、恋愛の事、友達の事、人間関係の事、自分の身体の事、お金の事、将来が不安で苦しんでいる人もいれば、過去のトラウマや傷ついた経験に苦しんでいる人もいる。

しかも、人によって状況や環境も様々なので、本当に色んな悩みがあるでしょう。

その悩みがあまりにも苦しくて、どうしようもない想いで日々を過ごしている人も、いるんじゃないのかなと思います。

今日は、そんな人達に伝えたいことを書きます。

ただ、今から僕が書くことはあくまで気休めにしかならんと思うし、気休めにもならないかも知れん。

それでも、あなたに伝えたいことです。

だから、是非読んでいただければと思います。

 

この世は、諸行無常。

この世は、諸行無常。

皆さんは、「諸行無常(しょぎょうむじょう)」という言葉をご存知でしょうか?

恐らく日本人の方だと、殆どの人が学校の授業で聞いた事があると思います。

【平家物語】の冒頭に出てくる言葉ですね。

 

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久からず、ただ春の世の夢のごとし。」

 

当時、めちゃめちゃ力を持って「ブイブイ」言わせていた平家が滅んで行く様を語った一説ですね。(ブイブイて、笑

この言葉をめっちゃめちゃざっくりと説明すると、

 

「この世の中で、永遠に変わらずにずっと同じなんてものは、一つもない。」

 

全ての物事は、季節のように移り変わる。

全ての物事は、季節のように移り変わる。

日本では四季という言葉があるように、必ず季節が移り変わって行きます。

暖かい春を迎えたら、燃えるような夏がやって来て、実りの秋となり、凍える冬がやって来る。

だけどその冬もやがて終わり、新しい命が芽を出す春が、またやって来ます。

 

季節が移り変わって行くのと同じように、人間も成長して行きます。

いつの間にか、子供から大人になります。

良いことも悪いこともあって、出会いも別れも繰り返して、沢山の経験をして人間は成長して行きます。

そう。この世で生きている限り、全ての物事は移り変わって行くんです。

ずっと同じままなんていうものは、一つもない。

 

だから何が言いたいかというと、今あなたが抱えている悩みや苦しみ、それらもやがては終わるだろうということなんです。

 

悩み、苦しみ、それらもやがては終わる。

この話をすると、

 

いやいや、アホか。そんなん信じられへんわ。何も知らん癖に適当なこと言うなや。

 

という人もいるでしょう。

僕自身も、そう思われてもしょうがないと思ってます。

何の確証もないし、ただの綺麗事に聞こえるやろうし、どこの馬の骨かも分からへん僕が言うたことを信じろっていうのもおかしいですからね。

信じろとは言いません。でも、心の片隅に置いておいて欲しいんです、この言葉を。

 

それにね、辛くなった時、思い出して欲しい事があるんです。

具体的に言うと、今までにあった悩み事や、苦しんだ事、辛かった事を思い出して欲しいんです。

それも、めちゃめちゃ嫌やったやつ。死ぬほど嫌やったやつ。沢山あったと思います。

じゃあ、ここで一つ質問させて下さいね。

 

「その悩み事、出来事、今も続いていますか?」

 

・・・きっと、続いているという人は少ないんじゃないでしょうか?

あれだけ悩んだこと、苦しかったこと、辛かったこと、それらもいつの間にか、終わっていたのではないでしょうか。

自力で乗り越えたのかも知れないし、誰かが助けてくれたのかも知れないし、時が解決してくれたのかも知れない。

どんな形にしろそれらは終わったし、乗り越えて来たから、今があるんです。

 

どんなことも、ちゃんと乗り越えて来たから今がある。

悩んだりしてる時って何が辛いかって言うと、「今の状態がずっと続きそうな気がする。」ことが辛いと思うんですよ。

自分はずっとこのままじゃないか、ずっと今の状態のままなんじゃないか、この悩みは解決しないんじゃないか。

そんな気がするのが、凄く辛いと思うんです。

その想いに囚われて、身も心もどんどんすり減っていく前に、思い出して欲しいんです。

あんなこともあったけど、乗り越えて来た、終わらせて来た、だから今があると。

 

僕自身、今までそれなりに辛い想いは沢山して来ました。

高校3年性の夏くらいまで結構陰湿なイジメに遭ってて、学校生活なんて辛いことの連続やったことも時期もあれば、就職活動が全く上手くいかなくて鬱っぽくなっていたこともありました。(鬱っぽい、というか、ほぼ鬱でしたね。行くのが怖くて病院に行けなかっただけ。)

全部書くと長くなるのでかなり省略してますが、本当に辛かったですよ。

文字で伝えると薄っぺらいかも知れないけど、死にたいと思ったこともあります。

こんな人生なら、生きていたってもう仕方ないと思ってたし、諸行無常なんて信じられんかった。

でも、死ぬ勇気すらなかったな。

生きることも辛かったけど、死ぬことも怖かった。

だから、ただ生きるしかなかった。

 

それでも生きていたから乗り越えられたし、終わらせて来たし、今があります。

こうやってブログを書いています。

今だって色んな事で絶賛悩み中やけど、魂の抜け殻だったようなあの頃と比べると随分、人間らしく生きることが出来るようになったとも思いますしね。

笑ったり、泣いたり出来るようになった。

これはあくまで僕の経験ですから、説得力なかったらごめんなさいね。

僕がどんな経験をして来たかは、またいずれお話出来れば。

 

諸行無常。ちゃんと終わりの時は来る。

諸行無常。ちゃんと終わりの時は来る。

別に信じてもらえなくても良いんですけれど、それでも僕は悩んでいる人に向けて伝えたいんです。

諸行無常やと。ちゃんと終わりの時は来るんやと。

乗り越えられる時が来るんやと。

それらを経験して来たから、今があるんやと。

だからどうしようもなく辛くなった時に、信じなくても良いんやけど、この言葉を思い出してみて下さいね。

 

何の根拠も証拠も確証も何にもないけど、あなたの人生、応援してます。

生きてね。きっと乗り越えられるから。

じゃ、またねぃん。


スポンサードリンク



スポンサードリンク




この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください