必要なのは鉛筆とノート!takeちん流、気軽に始めるセルフカウンセリング!

 

必要なのは鉛筆とノート!takeちん流、気軽に始めるセルフカウンセリング!

一応、心理カウンセラーのたまごなんだがら、それっぽいことも記事に書かないとな~。なんて考えていた今日この頃。

こんちは。takeちん@OddTake)です。

 

とは言え、takeちんはまだ実際にカウンセリングを人にしてあげた経験もない。

だからどうしたもんかなぁ。カウンセリングについて、今の僕から人に伝えてあげられることなんてあんのかなぁ。

と考えていました。

しかしよくよく考えてみれば、takeちんはずっと、とある人物にカウンセリングを行っていたことに気が付きました。

 

それは誰か。他でもない、【自分自身】です。(ドヤ

 

僕は自分自身に対して、ずーっとカウンセリングして来たのです。

【セルフカウンセリング】とでも言うのでしょうか?セルフケアとかセルフマネジメントとか言ったりしますね。

 

ちょっと個人的な話にはなりますが、僕も心理カウンセラーの世界に進むまで、それなりに悩み、苦しみ、傷つき、「死にたい。」と思うほどの辛い経験をしたことがあります。

でもめんどくさいから、その話は割愛。いずれね、その話は(笑)

なんせ、その時に僕は自分自身へのカウンセリングをずーっと続けていたんです。

その時は「これって、セルフカウンセリングだよね?」みたいな風には感じなかったけど。

 

実は僕、心理カウンセリングを受けた経験って数えるほどしかないんですよ。

いや、数えるほどもないかも知れない(笑)

なんで心理カウンセリングを受けなかったのか。

答えは一つです。カウンセリングってね、受けに行くこと自体が結構ハードル高いんですよ。

 

「カウンセリングを受けるなんて、何だか自分が情けない・・・。」

「カウンセリングを受けに行ったなんて、恥ずかしくて家族に言えない・・・。」

例えば、そんな事を考えちゃうんですよね。あとは、

「いやぁ、カウンセリングを受けるほど、辛いわけではないだろう。」

「カウンセリングを受けるなんて、自分が弱いからだ!」

みたいに、本当は辛いのに自分の辛さを隠して強がってしまったり、無理をしたり。

それに、「お金を払って相談したところで良い結果が得られなかったら・・・?」という懸念もありますよね。

 

僕もそうだったんですけれど、カウンセリングを受けるなんて、弱いとか、ダメだとか、そんな風に考える人が、まだまだ多い模様です。

ようやく認知されて来ているようですが、外国に比べると日本国内での心理カウンセリングの認知度は低く、日本人にとっては遠い世界って感じらしいですね。

日々、いじめや自殺や児童虐待やパワハラといったニュースが絶えない国だと言うのに・・・。

とは言え、間違いなく需要が増えてきている世界でもあります。

だから、もっともっと、心理カウンセリングが日本人にとって身近なものになれば良いな♪

 

でね、ようやく本題ですが、カウンセリングは必ずしも誰かにやって貰わなければいけないものではないと思います。

そこで今回は、takeちん流のセルフカウンセリング】を紹介したいと思います!

あくまで、僕流なのですが・・・(;^ω^)

 

しかし!トップアスリートが日々、心身ともに自己管理を徹底しているかのように、僕達もセルフケアを行うことは出来るのです。

何かに悩み、傷つき、苦しみ、辛い想いを噛みしめている自分を救うことが出来るのです。

まぁ、何もトップアスリートみたいに徹底してやれとは言わん(笑)僕も無理やから(笑)

 

もし、いつかの僕と同じように「辛いけどカウンセリングはハードルが高い・・・。」と感じている人がいたら、まずは気軽な気持ちで、自分の心を大切にすることを初めてみませんか?

必要なものは、【鉛筆とノート】だけなんだから。安いで(笑)

そんじゃ、行ってみよーう!!!

 

準備➀ 鉛筆とノートを用意するんだぜ。

ノートと鉛筆を準備するんだぜ。

用意するものはこれだけ。ほんまに、これだけ。簡単でしょ?

無い人は100均にGO!Amazonのお急ぎ便でも良いぞ!(笑)

 

もちろん、ノートじゃなくて自分のスケジュール帳とかでも良いし、書くものはクレヨンやら色鉛筆でもマジックでも良い。

便宜上、鉛筆とノートって言ってるだけなんで。

パソコンやスマホで打ち込みたい人はそれでも良いけれど、僕は手書きの方がオススメです。

何で手書きがオススメなのか。それは後程、理由が出て来ます。

 

準備➁ 心が落ち着く環境でやるんだぜ。

これが結構大事。

まず、場所ですね。あんまり人が沢山いる場所とか、ガチャガチャ騒がしい場所じゃなくて、心が落ち着く場所でやることをオススメします。

 

何故かと言うと、セルフカウンセリングと言えど、自分と向き合う時間だからです。

 

自分と向き合うって、結構、大変なんです。集中力がいるんです。

場合によっては逃げたい気持ちになったり、目を逸らしたくなったりします。

自分と言う存在を直視するって、しんどい時もありますから。

そういう時に集中出来ない環境にいると、「もう良いや!」ってセルフカウンセリングを諦めてしまう可能性もあるかと。

 

だからここはいっちょ、腹をくくりたまえ(笑)

心を落ち着かせて、自分と言う存在を見ることに集中出来る環境でやりましょうね。

自分の家の中とか、お気に入りのカフェとか、近所の公園とかね。

 

それから、どんな時に書くかってことも大切。

仕事でバタバタしている日中とか、前後に予定が入っている時とかじゃなくて、あんまり時間を気にせずに書ける時を選ぶのが良いかと。寝る前の30分とかね。

 

準備はOK。さぁ、書こう!

・・・・・いや、何を書いたら良いの?

そこが気になりますよね(笑)準備したは良いけど、何を書いたら良いの?

 

ふっふっふ。実はね「何でも良い。」のですよ。

 

な、なんだってー!!!( ゚Д゚)(=゚ω゚)(;・`д・´)

誰が言うてるねん(笑)

そう、自分と向き合うだの何だの偉そうなことを言ってますが、実は書く事に特に決まりはありません。

 

「今日はこんなことがあってこんな風に思った。」って日記みたいに書いても良いし、絵が得意な人は今日見た景色の絵を描いても良い。

どうにもこうにもムカつくことがあって仕方ない人は「あああああああぁぁぁぁぁぁぁああああがああ!!!!!」って書いても良い(笑)

 

自由自在。君の思うままで、ええんやで。。。ありのままで、ええんやで。。。

そこまで言われると、逆に何を書けば良いか迷っちゃうかも知れませんね。

ではここから、僕の中でのセルフカウンセリングの【お約束】をいくつか紹介しますね。

何を書けば良いか分からない人は、これを参考にしてみてくださいまし。

 

お約束その➀ 出来るだけ【感情】を表現しよう。

出来るだけ【感情】を表現

まず最初にこれですかね。可能な限り、自分の感情を表現することが大切です。

喜怒哀楽、その時によって色んな気持ちがあると思いますし、気持ちの振れ幅みたいなものも違うだろうから、感情の表現方法は何でも良いです。

 

さっきみたいに、「今日はこんなことがあって嬉しかった。」って日記みたいに書いても良い。

「あああああぁぁぁあ!!!」でも良い(笑)

それこそ、「喜」「怒」「哀」「楽」みたいな風に感情そのものを書き出しても良い。

何かの絵を書いても良い。「ぐちゃぐちゃ~!」って感じで、線やら点やらを書きなぐっても良い。

何でもあり。オールOK。ただ、その時の感情が表現出来ているのであれば。

 

ざっくりと言えば、感情を吐き出せれば何でも良いんです。

 

でも、吐き出すって凄く大切なんですよ。

人は自分で思っているよりも、自分の中で感情や気持ちを抑圧しているところがあるんですね。

特に、真面目で責任感が強くて頑張り屋さんの人なんか、抑圧していることが多いと思います。

本当は辛いのに我慢したり、寂しいのに元気に振る舞ったり、怒ってるのに優しくしたり・・・。

こういった感情を溜め続けていると、心身に不調を来たしてしまう可能性があります。

 

それだけでなく、時に感情というのは、人の行動を制限してしまいます。

何かモヤモヤすることがあったりすると、大事な仕事で失敗してしまったり、勉強に身が入らなかったり、そんな経験はありませんか?

感情は人の行動を左右します。そして感情というものはとても気まぐれなものです。

コントロールしようとしても、なかなか出来るもんじゃありません。

だから、意識して吐き出して、その気持ちを消化することって、とても大切なんですよね。

 

これは【クリアリング】とも言うらしいです。

 

感情をスッキリとクリアにすることで、きっと元気になれるし、頭も心もスッキリさせることが出来る。

そういう状態でいることが出来れば、今の自分が抱えている悩みや問題に、冷静な気持ちで向き合うことも出来るのではないでしょうか。

自分の人生をより良いものにするために、クリアリングが大切なのです。

 

ってことで、最初のお約束。感情を表現することです。

 

お約束その➁ 日付を書こう。

日付を書こう。

次のお約束。日付を書きましょう。これも大事ですよ。

どうして大事かと言うと、日付を書くことによって、自分の変化を目にすることが出来ます。

「つい1ヶ月前に書いた時はめちゃくちゃ暗い内容だったのに、今日はこんなに元気なことを書いてる!」

とかね。そんな風に自分の変化を見ることが出来るって嬉しくないですか?

 

「あの時はあんなに辛かったけど、頑張って乗り越えて来たんだなぁ。」

自分が歩いて来た道のりというのは、自分への自信に直結します。

何かを乗り越えて今を生きているというのは、自己肯定感を高める一つのキッカケになると思うのです。

 

逆に、「この前は凄く元気な内容だったのに、今はめっちゃ暗い・・・。」っていうのもありますけど(笑)

でも、それはそれで今の自分を客観的に見ることが出来るのではないでしょうか?

それにどうしても元気が出ない時は、これまでノートに書いて来たことを振り返れば良いんじゃないかと。

「そっか、そういえばこんな風にして元気を取り戻したんだっけ?」と、思い出すことも出来ますし。

日付を書いていれば、ポジティブからネガティブになってしまった時の、クリアリングのヒントになることを探しやすくなります。

 

それから日付を書くことは、僕が手書きをオススメしていることと関係があります。

これは僕の考えですが、手書きの文字って、その人の気持ちが表れると思うんですよね。

怒り狂ってる時はぐちゃぐちゃな文字や線を書くだろうし、落ちついている時は丸っこくて優しい字を書くかも知れない。

 

でも、パソコンやスマホで入力しちゃうと、全部同じ書式になりますよね。

だから、手書きで書く方が文字に気持ちが表れるし、より自分の変化を見て取れると思います。

日付があれば尚更分かりやすい。ということですね。

 

お約束その➂ 出来るだけ、定期的に書こう。

出来るだけ、定期的に書こう。

最後はこれですね。定期的に書くことです。ようは、続けるということです。

毎日とは言わないですが。

これは僕の経験上ですが、ある程度セルフカウンセリングが進むと、「もう元気になったから別に良いや!」ってないがしろにしてしまうんですね。

風邪も治りかけてくると薬を飲むの忘れたりしませんか?それと同じです。

ええ、ノートを使ったセルフカウンセリングを紹介している私がそうなんですよ(笑)

すぐないがしろにする(笑)

 

僕が思うにカウンセリングにおいて大切なのは、【自分を守る術(すべ)を身につけること】だと思います。

 

それがセルフカウンセリングの場合、色んな事を書き続けていれば「そうか。自分はこういうことがあると落ち込みやすいのか。」とか「なるほど、悲しい時はこんな風にして自分を労われば良いのか。」みたいに、自分を守るための術が、きっと見つかっていくと思います。

 

だけど、そういうものが身についていないうちに「もう元気になったから平気ー!」って投げ出してしまえば、また同じように元気がなくなった時に、立ち直るまで時間がかかりますよね。

それでは、セルフカウンセリングの意味がないんじゃないか・・・。

 

セルフカウンセリングにしろ、カウンセラーのいるカウンセリングにしろ、大切なのは、自分で自分を守る力を養うこと。

自分で、自分の人生を生きて行くための力を。

それは誰の中にも宿っている力です。上手く使えないだけで。

 

だから、定期的に書く事をオススメします。むしろ、元気で精神的に安定している時ほど、慢心せずに書く方が良いと思います。

元気な自分がどんな状態であるのか知っておけば、そこを目指して戻ることも出来ますから。

セルフカウンセリングとはきっと、「自分を知る」ということ。

自分を知っていれば、ある程度コントロールすることが出来る。

 

つまり、人生の舵をしっかりと取ることが出来る。

 

そのためにも、定期的に書くことをオススメします。

 

takeちん流セルフカウンセリングのまとめ。

まとめ

準備➀ノートと鉛筆を用意するんだぜ。

準備➁心が落ち着く環境でやるんだぜ。

お約束その➀ 出来るだけ感情を表現しよう。

お約束その➁ 日付を書こう。

お約束その➂ 出来るだけ、定期的に書こう。

 

はい!ってな感じで、今回はtakeちん流のセルフカウンセリングについて紹介しました。

 

僕も本音では、もっと沢山の人に心理カウンセリングを知って欲しい。

心理カウンセラーという存在が、もっと身近にな社会になれば嬉しい。

だけど、それにはまだまだ時間がかかるのかも知れない。

 

だからせめて、自分で自分を守る術を身につけられる人が、増えて欲しいなと思っています。

 

この記事で紹介したセルフカウンセリングはあくまで、僕個人が自分を守るためにやっていることです。

心理学やカウンセリングの専門的な知識に基づいた情報ではない所が、大いにあるかも知れません。

間違ったことを言っている可能性も否定できません。勉強不足で申し訳ないです。

 

だから対して効果得られないかも知れないけど、もし興味があったら、試してみて欲しいと思っています。

お約束とかも色々書いたけど、もちろん強制はしないですからね。

出来る範囲で、無理はしなくて、構わないから。あなたのペースで、歩いて行って欲しいと思います。

 

じゃ、またお会いしましょう!takeちんでした!

この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください