生きる事そのものについて。生きる目的と、生きる価値の話。

スポンサードリンク



 

生きる事そのものについて

こんにちは!生き方探しアドバイザーの、takeちんです!

 

やっと来ました!記念すべき、50記事目!いやぁ、時間かかってるわ(笑)

ただ、ほとんどの記事を自己啓発というテーマにこだわってここまで書き続けた自分の事は褒めてやりたい。うん、頑張った俺(笑)

 

このブログでは普段から、一度きりの人生を豊かに、幸せに、自由に、そして自分らしく生きて行く為の考え方や心の持ち方などについて、僕なりに得た物を発信しています。

 

あくまで、「僕なりに」ですけどね(笑)

なので、「これが正しい!」みたいな風には考えてないんですね。

 

人の生き方に正解なんてないだろうし、正解がないから【自分らしさ】っていう言葉が存在するのだと、僕は思っています。

 

たまに熱くなって、「人生とは!こうだ!分かったか!」みたいな風になってしまいがちなんで、そこん所は気をつけます(;^ω^)

 

でも、僕なりに考えている事、想っている事が、誰かの胸に届けば良いな。

 

生きる上での苦悩や辛さを抱えている人が、このブログを読んで下さった時に、少しでも前向きになって貰えればとても嬉しいです。

自分らしい生き方や、心の充実を尊重する事が注目されて来ている時代なので、もっと沢山の人達に、自己啓発への興味を持って貰えたら嬉しいです。

 

そんな目的を一応持っていますが、今から思えば、ほとんどノリと勢いで書き始めました(笑)

少しずつ色んな方に読んで頂けるようになって、応援して下さって、「次の記事読みたいです!」ってお言葉も頂けるようになりまして、本当に感謝しかありません。

 

何と言っても僕がブログを続けていられるのは、皆様のお陰です。

読者の皆様、応援して下さるブロガーの皆様。それと、僕がブログをやっている事自体に、理解を示してくれている人達。家族とかね。

僕の心の支えです。いつも、本当にありがとうございます。これからも、頑張って続けます!

 

次は目指せ100記事いけるのか!?いや、いける!!っていうかそれぐらい書けや、俺(笑)

 

で、記念すべき50記事目。何か大きなテーマについて書きたくなりました。

今までどんな事を書いて来たんだろうと思い、記事を振り返っていたのですが、ふと、このブログを始める前の事を思い出しました。

 

その頃の僕は、「生きるって何?」って毎日考えていたんですね。

 

本当にやる事なす事、何もかも上手く行かなかったんです。ヒントが欲しくて、答えが欲しくて、もがいていまいた。

 

「生きている目的って何?人生の意味って何?」

 

人生に希望のような物を持てず、辛い時期を過ごした経験のある人は、考えた事があったかも知れませんね。

読者さんの中には、現在進行形でそんな事を考えている人も、いらっしゃるのかなと思います。

 

しんどいですよね、生きるのって。

でも、僕も色々あったけど、生きるのって素晴らしい事だと思います。

その素晴らしさについて、少しでも伝える事が出来れば良いな。

 

って事で記念すべき50記事目は、【生きる事そのもの】について書く事にしました。

 

あくまで僕の価値観に基づく話ですので、押し付けはしないですよ。

今回はスピリチュアル的なお話も入りますので、苦手な人もいるかも知れないです。ごめんなさい。

 

いつも通りの長い前置きはここまで。結構重いテーマで書くんで、どうぞよろしくお願いします(笑)

 

生きる事の、最大の目的。

生きる目的

まずは僕の考えを、お話させて下さい。生きる事の、最大の目的。

 

それは、【生きる事】だと思います。

 

そのまんまやけど。でも、これに尽きるんじゃないかな。

僕がいつも言っている自分らしさとか、幸せとか、豊かさとか。

それは人生の目的としては二番目、三番目くらい。

まず、生きる事。それ自体が目的であるし、価値があります。

 

この記事を読んで下さっているあなたの人生が、どれだけ「クソッタレ。」に思えていたとしても、それでも価値があると思う。

価値があると思うし、価値があるって信じて欲しいのです。

人生に特に不満を抱えていない人にも、この記事を読んで頂ければ嬉しいです。

 

生きている人、皆に伝えたいぐらいの気持ちは持っていますので。

 

それに今は「クソッタレ。」じゃなくても、いつ「クソッタレ。」になるか分からないからね(やめろ!”笑)

 

何故、生きる事そのものが目的なのか。

 

  • 憧れの学校に行く。
  • 好きな事を仕事にする。
  • 最高の仲間を作る。
  • 理想のパートナーを見つける。
  • 世界を旅してまわる。
  • 億万長者になる。

 

なんにせよ、夢や目標を叶える。いわゆる、【理想の人生】を実現させる事。

このような物は、人生の目的の一部であり、それが全てではないと思います。

 

何故なら、理想の人生というのは、生きているから見えてくるものなのです。

ちょっとキツイ言い方になりますが、そんなもんは生きてりゃ勝手に見えて来るし、後回しでも大丈夫だと思う。

 

僕だって生きていたからこそ、ブログに出会えました。

どんな夢や目標であったとしても、それがあるから素晴らしい人生という訳ではないんです。

生きているから、素晴らしい物と出会えるのです。

 

つまり、何があろうと、生きてこそ。

 

でなきゃ、そういう物とは出会えないのです。それが、僕達がこの世に生まれた最大の目的であると思っています。

 

理想の人生より、大切なものは?

大切なもの

理想の人生と、それを実現する事によって手に入れられる、社会的地位とかお金とか。

そういった物は【物質的価値】と言いまして、人生を豊かにしてくれる為の、手段やキッカケに過ぎないと、僕は思ってます。
(物質的価値とは目に見える、手に取れる価値の事です。車とか家とかお金とか。)

 

ただ、その人生の中で、人は色んな経験をします。

何事にも挑戦し、努力を重ね、失敗と成功を両方味わい、喜びも悲しみも知る。

良い時も悪い時もある事を知り、支えてくれる人への感謝や、ふがいない自分へのいら立ちとか、もう、あれだ。とにかく色々経験して学ぶんですよ(笑)

 

人生とは、どこまでも続く修行であり、冒険の旅。

自分が死ぬ最期の瞬間まで、それは終わらないのだと思います。

そんな喜怒哀楽に満ちた人生をおもいっきり楽しみ、人間として成長する事が、かけがえのない財産だと思います。

 

経験と成長が、一番大切。

 

 

夢や目標は、人生の【お土産】?

 

これは僕の言い方ですが、夢や目標というのは、長い人生の旅の途中で見つける、【お土産】みたいな物かと思っています。

お土産よりもっと大切な物が、人生の旅の中にあります。

 

現実世界の旅行に例えると、分かりやすいかも知れないです。

例えばディズニーランドから帰って来たら、宝物にするのはお土産でしょうか?

ディズニーランドにいつ、誰と行ったか。どのアトラクションに乗ったか。どんなパレードを見たか。どんな食事をしたか。どんな素敵なキャラクターやキャストに出会ったのか。

 

お土産よりも、【想い出】が宝物になると思います。

もちろん、ミッキーとミニーのぬいぐるみだって、家で大事に飾ります。

しかしそれは、ぬいぐるみを見る事で、想い出や感動に浸る事が出来るからなんですね。

 

これを人生にあてはめると、【想い出】とは、経験と成長。

 

それを得る為に、人間は生きて行くのだと思います。

だから、夢や目標と言うのは、人生のメインではないと僕は思います。

 

成長の大事さについては、この記事でも書いてます。良ければご覧ください。

 

じゃあ、どうして人は死ぬの?

どうして死ぬのか

生きるという事を考えるのであれば、【死】についても考えなくてはならないと思いました。

 

「人生とは、どこまでも続く修行、冒険の旅。その中で得る人間としての成長が一番大切。それが目的なら、なんで死ぬ必要があるの?生き続けて、学び続けた方が良いんじゃないの?」

 

自分にそんな質問をしてみたのですが、割とすぐに答えは出ました。

それは、【年を取るから】だと考えます。

 

老いるごとに人は、肉体的にも精神的にも弱って来ます。

人生はどこまでも続く冒険の旅ではありますが、身も心も疲れ切ってしまった存在に、そんなパワーが必要な事を求めるのは、ハッキリ言って酷ですよね。

 

杖ついたおじいちゃんおばあちゃんに、フルマラソン走れなんて言えないですよ。

 

むしろ、頑張って走り続けてきた存在を「お疲れ様。」と言って迎え入れてあげる為に、【死】があるのだと思います。

そういう意味では、老いる事も必要なのかなと思います。

 

いずれ死ぬのは怖いけれど、悪い事ではないのかも知れませんね。

 

でも、老いる事はさておき、【若くして病気や事故で亡くなってしまう人】はどう考えるべきなのか。

もっともっと、冒険したかった筈。経験して、成長したかった筈。

 

これはですね、すみません。僕もまだよく分かっていません。

分かってないというか、自分の中での答えが出ていません。

 

ただ、若くして亡くなる事について、以下のような見解を見聞きする事があります。

スピリチュアル全開の話なので、僕なりにかみ砕いて箇条書きにします。

 

  • 人間は、【寿命】を決めて生まれて来る。
  • 魂のレベルが高いから、若くして病気や事故死と言った、過酷な運命を選ぶ。それが魂にとっての【成長】になる。
  • 例え年齢が若かったとしても、人生の修行を全うするような生き方をしたから。

 

これぐらいにしておきますね。

よう分からんけど、本人の【魂】がそういう亡くなり方を望んでいた。って事らしいです。

 

・・・正直ね、例えそれが真実であったとしても「望んで決めて来た寿命と、死に方だから。」ってだけではあまりにも酷い気がする。

 

僕ね、友達が一人、病気で亡くなってるんです。

年上の友達で、僕と同じように表現活動の世界に生きていた人だったのですが、29歳という若さでした。

友達でもあり、先輩でもあり、良い兄貴みたいでした。

あんまり人に話す事でもないので、この話は今回だけにしますね。すみません。

 

それを、決めて来た寿命と死に方?僕は、あまり納得出来ないです。

 

悲しいだけやろうが!本人も、遺された人達も!

だから、若くして病気や事故で亡くなってしまう人の死はどう受け止めるべきか。何の意味があるのか。

これは僕なりにもう少し考えます。いつかまとまったら、ブログに書きます。

現状では僕の力不足と経験不足で分からなくて、本当に申し訳ありません。

 

今回の記事では、「生まれてから、老いて死ぬまでの人生とは、何なのだ?」という視点で書かせて頂きます。

 

どうして、年を取る必要があるの?

 

ここで更に疑問なのが、「何故、人は老いるのか?」という事。

いずれやって来る死を迎える為だけに、老いる必要があるのかと聞かれれば、それは少し違うんじゃないかと。

 

まず、世代交代という言葉があるように、新しい時代を生きる、新しい人達が生まれて来ます。

で、僕達が生きているこの世は、成長と創造の場所】だと思っています。

つまり、自分の人生を、自分で形作って行く場所なんですね。

 

なのにいつまでも同じ人間が年を取らずに生きていれば、新しい人達が自分の人生を築くチャンスと場所を奪ってしまう事になります。

それは絶対にあってはならない事。

長生きは良い事ですが、いずれ来る老いと死は受け入れるべきなのかと。

 

そして、こっからが大切です。

老いる理由、それは人間としての【最後の仕事】が残っているからだと思います。

 

長い人生の中で得た気付きや知恵を、若い世代の人達に伝えるという仕事です。

 

自分が人生の修行を送って来たように、自分より後に生まれた若い人達も、同じように人生を歩んで行きます。

困難な人生を生きて行く為に、サポートしてあげるのですね。

若い人達に、たくましく育ってもらう為に。もっともっと、豊かな人生を送って貰えるように。

 

「もう心配あれへんな。あとは若いもんに任せて、わしはハワイでも行くわ!待っとれや、水着のねーちゃん達!ガハハハ!」

 

そんなじいちゃんに、僕はなりたい。

 

今を生きる。それが、人生となる。

今を生きる

ここまではtakeちん流の生きる事、そして死ぬ事はなんなのか。というお話をしてきました。

どのような人生を歩んでいるにしろ、それが目的であり、そこには間違いなく価値があるのだと信じています。

 

例え今の人生が「クソッタレ。」に感じていたとしても、案外捨てたもんじゃないと思うんです。

そういう風に感じて下さっていれば、凄く嬉しいです。

え?重すぎてもうお腹いっぱい?ありがとう、誉め言葉です。地獄のディープセミナーはもう少し続くよ(ニヤリ)

じゃ、そんな人生を歩んで行くには、どうすれば良いのでしょうか。

 

一番大切なのは、【今を生きる】事だと思います。

 

本当の財産は、成長だと言いました。

その為に必要な経験や感動というのは、常に一回きりの物です。

その時でしか味わえない物があります。次に似たような事を経験出来たとしても、全く同じ物という事はありません。必ず、何かしらの違いがあります。

 

どんな事であれ、二度とは経験出来ない物をしっかりと味わう為にも、心をこめる。

無理をして自分を追い込む必要はありませんが、自分に出来る事を精一杯やれば良いと思うのです。

 

何があっても、人生は一回きり。

 

どんな経験も大切とは言っても、出来ればあんまり嫌な想いはしたくない。そう思ってしまうのも、人間ですよね。

僕も辛いのは嫌です、ヘタレやもん(笑)

 

しかし!辛い事や受け入れがたい事が起こってしまうのが、人生!

さらにしかし!その経験は必ず糧となり、成長へと、繋がります。

 

僕は、辛かった時があったからこそ、学べた事がありました。

乗り越える強さ、再び前に歩く勇気、傷つく事への覚悟、他者への感謝など。

そして人生が明るくなったら、それだけ喜びも感じられる。その幸せに対する感謝だって、持てるようになりました。

いや、厳密に言うと、学べたと信じたい(笑)

 

嫌な事も貴重だと思うんです。成功だけ与えたら人間は傲慢になりますよ。

だから等しく、人間には辛い経験が与えられるのだと思います。より、成長して行く為に。

 

とは言え、辛いもんは辛い!(笑)そんな辛さと向き合ってる人に向けて、エールを送った記事も書いてます。良かったら読んで下さい。

 

それから、現状がよっぽど辛いのであれば、時には逃げる事も大切です。逃げる事について書いた記事もありますので、これも良ければ。

 

自分らしい人生は、自分だけの物です。自分にしかない苦しみもあるでしょう。でも絶対に、自分でしか味わえない幸せや喜びがある。

何があっても、人生は一回きり。そう考えれば、今を生きる事をもっと大切に出来ると思ってます。

 

過去への後悔ばかり引きずる。「あの時、こうしていれば。」

未来への不安ばかり抱える。「こうなってしまったら、どうしよう。」

そんなもんは終わった事だし、始まってもいない事。過去と未来に生きる事は不可能です。

 

今を生きる。その積み重ねが人生となる。

 

酸いも甘いも噛み分けて、その中で得た物を若い世代へと託し、穏かに死んでいけるような人生を形作ります。

僕は、そう信じています。

 

まとめ。

 

  • 生きる事の最大の目的は、生きる事そのもの。生きる事に価値がある。
  • 理想の人生は、生きる事で見えて来る。
  • 理想の実現より大切なのは、その中で得る経験と成長。
  • 一生懸命に走り続けて来た人を迎える為に、老いと死がある。
  • 老いるのは、世代交代の為。得た物を若い人達に伝える為。
  • 人生を形作るには、今を生きる事。

 

って事で、僕の考える【生きる事そのもの】について、以上となります!

 

久々に長めの記事となりました。

いやぁ、壮大なテーマに手を出しちゃったもんだから、出発地点も終着地点もなんかよく分かんなくなってきて、頑張って無理やりまとめてやった感じはする(笑)

もう、ほんとにちょっとでも良いから、僕の言いたかった事が伝わってたら嬉しいです。

ライティングスキルは課題の一つですね。自分で言うのもなんですが、この話は書くの難しかった。

 

もしかしたらこのブログで一番伝えたい事は、「生きて。」という事なのかも知れません。

 

だって、僕が普段から発信しているような事って、まずは生きて行く事が大前提ですもんね。

それに気付けた事は良かったです(笑)

 

生きてこそなんです。生きている事、生きていける事が、僕は幸せです。

今の人生が辛い人には諦めずに生きて欲しいし、上手く行ってる人には、感謝を忘れずに真っ直ぐに生きて欲しい。

そこにプラスαとして、幸せに生きて行く為のヒントや、キッカケとなる物を、発信し続ける事が出来たら嬉しいです。

 

もちろん、僕自身がまだまだ人生の修行中です。

だから、あんまり大した事は言えてないのかも知れない。偉そうに聞こえているのかも知れない。そうだとしたら、すみません。

 

でも、生きていたから、この生き方とブログに出会えたんです。これからも大切にします。

そんな今を生きて、一瞬一瞬を積み重ねたいんです。

何十年後か知らんけど、最期は笑って死にたいから!(縁起でもない!”笑)

 

これからも頑張りますので、よろしくお願いします。また、ブログに遊びに来てくれたら嬉しいです。

では、今日はこの辺で。ここまでお付き合い頂いて、ありがとうございます!

takeちんでした!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください