心理カウンセラーになる!アラサー崖っぷち男の、人生をかけた決意。

スポンサードリンク



 

心理カウンセラーになる!アラサー崖っぷち男の、人生をかけた決意。

こんちは!takeちん@OddTake)です!

 

お久しぶりすぎぃ。。。お久しぶりすぎてスマン(笑)

 

まぁ、タイトル見てもらったら分かりますが、個人的重大発表があります。

takeちん、人生をかけた決意をしました。

 

私、心理カウンセラーになります。

 

 

いやぁ、悩みに悩みまくったよ。迷いに迷いまくったよ。人生における大きな決断やし、挑戦やしね。

正直、決意したものの、未だにビビってる所はある(笑)ひょえー、コワイィィィィ(笑)

そりゃそうだもんよ、人間ってのは、未知の物に対して恐怖するようにプログラムされてるらしいっすよ。

 

「シッパイシタラドウシヨウ!!コワイ!!!」←まるでロボットのようだぜ。

 

だから、もしこの記事を読んでいるお前さんが、何か選択や決断を迫られているとして「本音では、こっちを選びたい。でも、それを選ぶのが怖いよぅ。」と感じているなら、それはごくごく自然な感情なんだぜ!

 

恐くて当たり前、不安で心配で、当たり前。お前さんは弱くなんかないよ。まずは、それを分かってやりな。

 

それでも怖いなら、この記事を読んでってくれよ。少し気が楽になるかも知れない。良い選択や決断が出来るかも知れない。

 

takeちん
あくまで、「かも知れない」だからね(笑)

 

なんで心理カウンセラーになりたいと思ったのか。決意するまでに、どんなことがあったのか。そして、心理カウンセラーとしてこれからどうやって生きて行くのか。それから、このブログの今後の運営はどうなるのか。

そんな事について、今日はじっくりと話すからよ。俺のここ最近のビックニュースについて、ちっと読んで行ってくれや。

ほな、行ってみるか!

 

心理カウンセラーになりたいと思ったキッカケ。

そもそも、どうして心理カウンセラーになりたいと思ったのか。

もうね、ちゃんとそれまでのいきさつを書いてると読むのしんどいやろうし、手短に説明するわ(笑)

 

こんな自己啓発ブログやってるくらいですからね。それなりに今までの人生で、「辛いなぁ、苦しいなぁ。」という時期は過ごしてきたわけですよ、takeちんなりにね。

そういう経験を通していつからか、「人の役に立つ。」とか「人の心に寄り添う。」という事に魅力を感じるようになっていたんだと思う。

僕がどんな人生を歩んで来たのか、それはもう、説明すんのがめんどくせぇからこのカテゴリの記事を読んでくれ。

心理カウンセラーを目指すようになったいきさつは、何となく想像出来ると思うから(笑)

 

 

・・・はい、読んだ?なんぼでも待つから、読んどいてね(雑よのう笑)

それにこのブログを始めた当初も、僕に出来る事や話せる事で、悩んだり苦しんだりしている人の力になりたい。そんな事を、仕事にしたい。」って言ってたからね。

恐れ多くて具体的な言葉にはしなかったけど、その頃から漠然と、「心理カウンセラーになりたい。」って思ってたのよ。

タレントやったり、舞台俳優やったり、25歳にした初めての就活をやったり。

人生の中で色んな遠回りをしながら、その想いがやっと形になって動き出したって訳なんですね。

じゃあ、なんでもっと早くカウンセラーの道を選ばなかったの?って思うじゃん?

 

俺はねぇ、ビビッてたのよ。「心理カウンセラーを目指そう!」って言う勇気を持てなかったのよ。

 

心理カウンセラーを目指す勇気がなかった。

いざ目指すってなると、怖かったのさ。失敗したらどうしようって。どうせやっても、俺には無理だろうって。

心の中に、【自分自身】という敵がいたのさ。

 

だから、ブログとか自己啓発とか人の心に寄り添うとか、そういう事は趣味程度の活動にして、何か自分に出来そうな他の仕事に就こうと思ったんやわ。

夢を見ることよりも、堅実に生きようと思ったの。

それが、今の仕事なんです。結構前の記事でも書いたけど、takeちんは今、とある企業で顧客対応のような仕事をやっています。

ただ、これも今まで名言しなかったけど、実は雇用形態はアルバイトやねん。正社員希望で、アルバイトから入社したのね。

まぁ、仕事はアルバイトながらも難しくて大変よ。だけど職場環境は悪くないし、「このまま頑張って社員になろう。」って考えてた。

 

だけど、takeちんはモヤモヤしていた。

 

日に日に、心がモヤモヤして行く・・・

 

takeちん
ほんまに、これでええんか?俺は、こんなことがしたいんか?これが、俺の人生なんか・・・?

 

そんなモヤモヤが止まらなくなり、そして今の会社に入社して3ヶ月ほど経った日、僕のモヤモヤが爆発することが起こりました。

 

上司から、

上司
takeちん君、そろそろ社員に上げようと思ってんだけど、どう?

って言われたのね。(ちなみに僕の上司は鳥ではありません)

 

普通やったらさ、嬉しい話でしょ?想いの他のスピードでビビったけど、入社して3ヶ月で社員やで?

・・・でもね、その時の俺は違った。

 

「違う!俺の人生はこんなんとちゃう!」

 

ここで社員になる流れに乗っちゃダメだって思ったのさ。いや、駄目な会社って訳じゃないんやで?(笑)

でも、これは俺の本当の人生じゃないって思ったんです。

とは言え、「心理カウンセラーを目指そう!」とすぐには思えなくて。まだビビッてたからさ。

それにさ、目の前に【就職】という安定が転がってるんやで?グラッと来るわな(笑)

だから上司には申し訳ないんだけれど、「すみません。ちょっと考えさせて貰って良いですか?」と頼んで、自分のモヤモヤと向き合う事にしました。

 

そんなモヤモヤしたtakeちんを救ったのは、【ブログ】だった。

それ以来、ずーっと、モヤモヤと考えていました。

 

「俺、ほんまはどうしたいんやろう?心理カウンセラーになりたいの?いや、社員になって安定した生活も悪くない・・・俺、何がしたいんやろう?」

 

なかなか答えが出なくて・・・いや、厳密に言うと答えは分かってたけど、その答えと向き合うことが怖かったんやわ。

だってさ、やりたい事をやるって、大人になってからだと怖くない?今の生活をどうしようとかさ。

グダグダと、うじうじと、モヤモヤとしていた、そんなある日のことでした。

 

ブログの読者さんからメッセージを貰ったんです。「凄く辛い事を経験して、希望を失ってしまった。」という読者さんからね。

んで、その人にいただいたメッセージを題材として、この記事を書きました。

 

 

この記事の題材になったメッセージをくれた人ね、すっごい喜んでくれたんよ。まだまだ悲しいだろうけれど、「ありがとう。」って言ってくれた。

なんか、そん時にね、俺めっちゃ嬉しくてな。心が、ふわっと浮いたような感じになって。素直に自分の声が聞けた気がしたんやわ。

 

あ、やっぱ俺、心理カウンセラーになりたいんや。

 

その気持ちを自分の中で認めた時に、心がほんっとに軽くなったのを覚えてる。

なんかね、改めてブログやってて良かったなと思えました。

人を救うつもりが、まさかこんな形で自分がブログに救われる事になるとは。

不思議やねぇ、人生。

 

だから、色々と気持ちを整理した上で、改めて上司に報告しました。

 

takeちん
すみません。僕、社員にはなれません。ずっと迷っていたのですが、心理カウンセラーを目指したいんです。

 

そしたらまぁ、社員を目指すつもりで入社したんやから怒られると思ってたけど、違ったのさ。

上司は背中を押してくれました。

 

上司
takeちん君が社員になれないのは残念だけど、後悔もして欲しくないからね。やりたい事をやれば良いと思う。

それに、何も社員になれるチャンスが今しかないという訳じゃないから。

もし気が変わったなら、いつでも言ってくれて良いからね。takeちん君がこの会社にいる以上、社員になるポストは用意しておくから。

だから、まずはやりたい事を頑張って。これからの事、詳しく決まったらまた教えてね。

 

なんて良い職場に、良い上司に恵まれたんだ俺は。

僕の気持ちは固まりました。カウンセラーを目指すために、行動を始めました。

 

takeちんは行動を開始した。

そうと決まったら、これからの事を決めなくちゃ。まずは資格選定だよね、そして、どんなスクールに通うか。

 

世間一般で言うと、有名どころの資格は【臨床心理士】でしょう。でもそれは、さすがにお金が高すぎるのよ、大学にも行かなくちゃだし、いくらなんでもちょっと時間が掛かり過ぎる。

だから、他の民間資格で、自分に合いそうな心理カウンセラーの資格がないか探しました。
(ちなみにご存知ない人も多いかもですが、臨床心理士は国家資格ではなく、民間資格です。)

そして、資格取得のためのスクールも色々と探しました。

めちゃくちゃリサーチには時間かけたよ。一大決心だもんね、適当に選びたくなかったんやわ。

 

で、今はまだ資格名とかは伏せておきますが、自分に合いそうな心理カウンセラーの資格を見つけたんです。

で、その資格を取るためのスクールも、自分に合いそうな場所を見つけました。
(また落ち着いたら教えるよん。・・・うん、多分教える笑)

 

さぁ、これでよし!あとは学校に通うだけだ!

 

・・・でも、その前に。

心理カウンセラーを目指すtakeちんには、絶対に乗り越えなくちゃ行けない壁があったのさ。

 

それはね、【家族とか大切な人達に、「心理カウンセラーになる。」と伝える】という大きな大きな壁であり、試練でした。

 

「え?そんな事?」とか思う?いやいや、これはなかなかの試練なんよ(笑)

人生は自分だけのものではあるよ。だけど、周りにいる大切な人達だって巻き込んじゃうんだよね、事実。

なおかつ自分が人生において大きな方向転換をする場合、かなり高い確率で身内とかは反対するし、激オコするし、悲しむのさ。

なんでかって言うと、他人じゃないからね。身内だからこそ心配するし、不安になるのさ。

それが、怒りとか、悲しみとか、反対する気持ちになったりする。

ヒトコトで言うと、心の衝突を生むわけさ。誰だってさ、そういう衝突はしたくないやん。

 

でも、だからと言って自分の本当にやりたい事を諦めるような人生を選びたくなかったのね。

それに、衝突すると分かっていても、ほったらかすわけにはいかないのさ。大切な人たちだからこそ、報告も亀裂も覚悟で言わなきゃと思った。自分の気持ちを伝えなきゃと思った。「やりたい事をやって生きる。」って。

だから、正直に報告しました。何もかも。

 

正直にぶちまけた結果・・・。

まぁ、家族には怒られたし、悲しんでたし、ケチョンケチョンに厳しい言葉も言われましたね(笑)

 

「お前なぁ、28歳という年齢で新しい事にチャレンジすることがどれだけハイリスクなことか分かってるか?」

 

はい、その通りです。父上、母上。

でもね、小一時間ほど話した結果、最終的には応援してくれる事になりました。

 

「お前の人生やから、反対はせん。だけど、やるならとことんやってやれ。辛い事があっても、自分の気持ちに負けずにやり切れよ。」

 

みたいな厳しくも温かい言葉を授かりました。泣かせるじゃねぇか、父上、母上。

まぁ、未だにかなり心配されてるよ。でも、なんか、どこか嬉しそうにもしてるんだよな。

それはきっと、舞台俳優を辞めてからの僕が人生を右往左往してたのを知ってるからだと思う。

心配しつつも、不安になりつつも、「やりたい事が見つかって良かったな。」みたいな顔をしてます。

ほんと、ムカつくこともあるけれど、親にはありがとうしかないな。

 

ここからが更なる試練だった。

それからもう一人、takeちんにはこれからの事を伝えなきゃいけない人がいました。

なんか恥ずかしいから内緒にしてたけど、僕には、長い間付き合ってる彼女がいます。

 

もう、共に苦楽を乗り越えて来た【戦友】のような関係です(笑)

 

でね、結婚の話とかも、まぁ、してる訳さ。お互いその気でいる訳です。

ただ、僕はもともと舞台俳優だったし、今以上に金銭的に不安定な生活をしていたんですよ。

だから、いつ結婚出来るか分かったもんじゃなかった訳さ。

それが、僕と彼女にとっての大きな不安だったんですね。僕が舞台俳優を辞めたのは、そこも大きかった。

 

で、色々あったけど長い時間をかけて、今の会社で顧客対応の仕事で社員を目指すようになって。

もう分かると思うけど、彼女としてはすっかり安心してたわけよ。

 

「これでもう大丈夫、いずれtakeちんが正社員になって、もうすぐ結婚できる。」

 

彼女は安心してたし、楽しみにしてた。その気持ちを知ってるから、本気で言い辛かった。「心理カウンセラーになる。」なんて。

でもね、自分の本当の気持ちを抑えつけたってロクな人生にならないって、もう分かってたから。

それに、お互いに気持ちがある限り、いずれ結婚は出来るんだから。

だからなんて言われるかは予想してたけど、正直に話しました。心理カウンセラーを目指すことを。

 

反対されたよね。反対されたし、怒ってたし、悲しんでいました。よく2人で行くタリーズコーヒーの一角でその話をした時、彼女は必死に涙をこらえていました。

期待を、楽しみにしてた気持ちを、裏切ってしまったのですね、僕は。

世間一般で見れば【ろくでなしのダメ男】でしょう。でも、嘘はつきたくなかった。彼女にも、自分にも。

 

変な話やけどね、僕も悲しかったんやで。だって僕自身、【真っ当に】生きようとしたんですよ。

就職して、結婚して、子供が出来て、ペットを飼って、家なんか購入しちゃって。

そんな普通の幸せな人生を送ろうとしてみたのです。今のアルバイト先の会社に就職することで。

 

「なんで、普通に生きられないんだろう。」って、自分自身を恨みました。

どうして、こんな風にしか生きられないんだろうって。でもね、それがtakeちんやからね。

 

ところがその翌日・・・。

心理カウンセラーになると話した翌日、彼女から連絡がありました。

 

「昨日話してくれた事について、私からも話があるんやけど。会えへん?」

 

まさか・・・別れ話か・・・(´Д⊂グスン

と思ったけど、どうやらそういう話ではなさそう。

どこで話す?って聞いたら、「パンケーキが食べたいから〇〇のパンケーキ屋で。」って言われたもん。

 

おいおい、パンケーキをぼおばりながら別れ話をされるなんて・・・(泣)

 

みたいなことを考えつつ、後日、僕は某パンケーキ屋で彼女に会いました。

 

彼女も色々考えたそうですが、最終的には、「応援する。」と言ってくれました。

 

でもその代わりに、思いっきり稼いでくれという条件付きで(笑)

・・・ありがたいよね、ほんとに。ありがとう。

こんなにやりたい放題の男、捨てられてもおかしくないのに。

事実、「別れようって言われても仕方ないな。」くらいの覚悟は持っていました。

 

でも、応援するって言ってくれたんです。素敵なパートナーに、僕は出会えたんだな。

ただ彼女は親以上に僕を心配してるし、不安に思ってるし、ぶっちゃけ、まだ本音では反対しています。

僕の生き方のせいで、辛い想いをさせているのは本当に申し訳ない。

 

だからこそ、僕は一生懸命にカウンセラーを目指して生きる姿を、見せるしかないわけですね。

 

カウンセラーだけでなく、一人の人間として。

ごめんよ、きっと一人前の心理カウンセラーになるから、待っててくれ。

 

ま、そんな感じで色々あったけど、大切な人達との話し合いも終わり、僕は心理カウンセラーを目指すためのスクールに通い始めました。

ついに、最初の一歩を踏み出した訳です。

 

心理カウンセラーとしてのtakeちん。

で、これから心理カウンセラーとしてどう生きて行くのか。

もっとズバッと言うと、どうやって生計立てていくの?って話。

「あんなんしたい、こんなんしたい。」みたいなのはあるけれど、ぶっちゃけ全部漠然としてる(笑)

 

これからの事なんか、全てが分かったら苦労しねぇわ(笑)

 

とりあえず、ビビりながらも思い切って心理カウンセラーの世界に飛び込んだんです。

あとはもう、なんとかなるやろうと。そのうち、見えてくるものがあるだろうと。

ノープランとでも何とでも言いたまえ。でも、あれこれ考えたって、始めないことには何にも見えないのさ。

未来にへの不安に囚われるんじゃなくて、「楽しいな!」と思えるような【今】を積み重ねて行きたいと思ってる。

 

そうすりゃ、【今】が積み重なって【未来】になるだろうなって。そんな感じ。

 

自分らしく生きる勇気が出ない、お前さんへ。

もし、お前さんが今、「自分らしく生きたい!でも、それを選ぶのが怖い・・・。」なんて悩んでるなら、伝えたい事がある。

 

takeちん
やってみたらええやん。

 

怖いのも、不安なのも、当たり前やと思うで。でも、お前さんが生きていくこの人生は、たった一度切りなんだよ。

マジで、本当に、いつか終わるんだよ?

 

人にどう思われるだろうかとか、どんな目で見られるだろうかとか、社会からはみ出さないだろうかとか、失敗したらどうしようとか、失うものがあるんじゃないかとか、色んな事を気にすると思う。

確かに今回のtakeちんみたいに、自分らしく生きようと思ったら、何かしら事は起こります。

人には心配もされます、怒られもします、むしろ傷つけます。衝突したり、嫌な事も起こります。なんかそんな自分のことだって嫌になります。自分が悲しくなります。自分自身が、傷つきます。

 

それでもお前さんの人生は、何があろうと、お前さんが舵を切って行くしかないんだよ。

言い換えればお前さんは、自分らしく生きるという【自由】をすでに手にしているんやから。

 

やりたいと思うことがあるなら、思い切って挑戦して欲しい。

 

上手く行く保障なんてないけどね(笑)takeちんだって、挑戦を始めたばかりなんやし。

でも、挑戦を始めたら、あとは信じて欲しい。takeちんも、自分を信じるから。

自分の気持ちに負けずにやり切れよって、うちの親も言ってたからね。

うちの彼女だって、反対してるのに、それでも言葉で応援してくれてるんだから。

 

だからtakeちんは、ただ、心理カウンセラーとして生きて行くしかないと思ってる。

 

きっと大丈夫やから、自分を信じて歩いて行こうぜ。俺は応援するで。

 

まとめ:今後のブログ運営は?

ちなみにずーっとサボってたブログですが、運営は続けます。

やっぱりね、このブログを読んでくれる人がいるのよ。

ごめんね更新してなくて。もう、自分と向き合うのに必死やったんやわ(笑)

書こうとしてパソコンに向かっても、全然、言葉が浮かばなくて。

 

ただ、色々とブログの中身の整理はするつもりです。カテゴリー分けを整理したり、「いらねぇな。」って思った記事は問答無用で削除もします。

 

新しい気持ちで、これからもブログを続けたいなと。そんな風に思っています。

心理カウンセラーとしての僕が書くブログを、きっと楽しみにしてくれている人がいるだろうから。

それに応援してくれるブロガーさんもいてくれてるしね。そういうの、大事にしたいなって。

・・・うん、そんな感じや。

 

以上、takeちんはカウンセラーになります。自分なりに、自分らしく生きて行きます。

そして、ブログは続けます。

 

これからも【takeちん人生ブログ 雨でもハレ】をよろしくお願いします!

じゃ、またお会いしましょう!takeちんでした!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください