円満な人間関係の秘訣。見ざる言わざる聞かざるのススメ。

円満な人間関係の秘訣。見ざる言わざる聞かざるのススメ。

スポンサードリンク



 

円満な人間関係の秘訣。見ざる言わざる聞かざるのススメ。

 

どもども。生き方探しアドバイザーの、takeちんでぇす。

 

今回はですね、【人間関係】についてのお話をします。

 

いや、ほんとは恋愛についてのお話を書こうかと思ったんですけれど、そもそもこのtakeちんという小男に、人様に語れる程の恋愛経験を持ち合わせていない事に気付いたでござる。面目ないでござる。

 

まぁ、恋愛関係とかも含めて人間関係の話って事で、勘弁願いたい(笑)

 

でも、良いよね。そういえば人間関係についてのお話ってあんまりした事なかったし、それに春は人間関係の変化の季節でもあるし、話題的にはそこそこタイムリーでしょう。

人間関係ってやつなんですけれど、恐らくは誰しもが「円満な関係を人と築きたい。」と願っているかと思います。

 

ですので今日は、takeちん流、【円満な人間関係を築く秘訣】についてお話します。

あくまで、takeちん流でござる。じゃ、行くでやんすよ!

 

円満な人間関係とは。

Boy & Girl

まず、これについてです。円満な人間関係ってヒトコトで言いましても、それってつまりどんな関係でしょうね?

  • 「めっちゃ仲が良い事かなぁ。」
  • 「喧嘩しない事かなぁ。」
  • 「趣味や価値観が合う事かなぁ。」
  • 「信頼し合ってる事かなぁ。」

うんうん、色々あるかと思います。僕はですね、単に仲が良いとかじゃなくて、【許し合える関係】の事だと思います。

 

許し合える関係。それってどういう事よ?その前に、人間関係そのものについて、僕の考えをお話させて下さい。

 

人間関係ってなんだろう。

 

僕は思うんですけれど、人間関係ってのは全部ひっくるめて、【魂の修行】だと思います。

何故かって言うと、人間関係っていうのは、色んな形がありますよね。

家族関係、友達関係、恋人関係、仕事関係。

 

それらの中には良い事ばかりじゃないです。どっちかと言うと、上手く行かなくて悩む事も多いですよね。

嫌な事、辛い事、理不尽な事、怒りたい事、悲しい事。誰しもが経験していると思います。

 

そういった事を乗り越えて、人として強くなって行く為の修行が、人間関係そのもの。魂の修行なのだと思います。

 

もちろん、辛い事だけではありません。

愛し愛される喜びを知り、優しさや労わりを知り、一生を共にするパートナーや大親友、人生の師匠と呼べるような人に出会えるのも、人間関係がもたらしてくれる宝物です。

 

嫌な事もあるけれども、人と関わる事で、色んな経験や成長や出会いを手にするのが、人間関係というものだと思っています。

 

分かり切った事かも知れないですけど、とても大切な事なんですね。

でも、どうして人間関係には悩みも付き物なんでしょうか?

 

どうして、人間関係の悩みが起こるのか。

 

誰だって円満な人間関係を築きたいけれど、残念ながら時には悩む。

 

人間関係の悩みの原因は、人と人との【違い】にあると思います。

 

【違い】というのは、価値観とか考え方とか好き嫌いとか生き方とかの違いという事です。

悪い事ではありません。一人一人の【自分らしさ】があるのですね。

 

自分らしさの違いは、絶対に存在します。どれだけ仲が良い相手であったとしても、その違いが原因で一度くらいは喧嘩した事もあるかと思いますし。

  • 「なんで、あの人はいつもあんな言い方なんだろう。」
  • 「なんで、あいつはあんな物の考え方なんだ。」
  • 「なんで、私の言ったようにやってくれないの?」
  • 「なんで、俺と違うやり方をするんだよ。」
  • 「なんで、それが好きなの?」
  • 「なんで、それを大切にしてるのか分からない。」
  • 「なんで、いっつもそうなるんだよ!」

なんで、なんで、なんで、なんで・・・・。人との違いは、挙げればキリがないですよね。それに対する不満だってキリがない。

 

人間は自分とは違ったり、受け入れられない何かに対して少なからずストレスを感じ、不快感や拒絶反応を示す生き物です。

 

ド直球に言うと、人間は、自分の思い通りにならない事を嫌うのです。

 

望むようにならないから、嫌なんですね。人間関係においても、そうだと思います。

ちょっと言葉悪くてごめんなさいね。でも、そういう業の深い生き物だと思っています。

 

人間関係の悩みは、出来るなら、当人同士で話し合って解決する事が一番だとは思います。でも、それも難しいですよね。

親には言えない、妻(夫)には言えない、先輩には言えない、上司には言えない。そんな感じで。

 

とは言え、嫌な物は嫌!ストレスは、ストレスでしかない!だから解決の仕様がなくて、悩みはどんどん膨れ上がって行く。

 

悪循環なんですよね。しかもそのストレスが溜まって心の病気になってしまう事だって十分にあり得るし、爆発して取返しのつかないような争いを生んでしまう事もある。

それは避けたいですよね。

 

僕なりの方法ではあるのですが、そんな人間関係の悩みを少しでも解決し、円満な関係を築く為の考え方があります。

 

キーワードは、【寛容】。

羊羹

 

そうそう♪羊羹だけに”よう噛んで”食べ、アホか!ちゃうわ!【寛容】や!

 

あー、しょうもな(笑)

 

しかし、この寛容さが、めちゃめちゃ大事やと思ってます!

まず先ほども言いましたように、人には絶対に違いがあります。

 

多様性を広い心で受け入れ、許してあげる考え方の事です。

 

確かに、違いという物は受け入れがたいです。ストレスだって溜まります。

かと言って、相手を自分の思うような人間に染めようと思ってはいけないのですね。

それは、ただの自分の価値観の押し付けになってしまいますし、無益な争いや対立を生む原因になります。

で、争ってしまえば、それはそれで自分も後味が悪い。そのような事態になってしまった自分を責める気持ちだって生まれたりします。

 

「もしかして俺(私)って、ダメなやつ?」

 

このように人との違いばかりに気を取られていては、ストレスは溜まるわ、争いは生むわ、自己否定に走るわで、自分にとって悪い事だらけです。

ここからが、takeちん流ですよ。寛容な心を持つヒントとなる、素晴らしいことわざがあります。

 

見ざる言わざる聞かざる。

見ざる言わざる聞かざる

 

これです。【見ざる言わざる聞かざる】

 

なんか、ネガティブなことわざに感じるかも知れませんけれど、ここではポジティブな意味で捉えて下さいな。

 

見ざる言わざる聞かざるとは「ほっとこうぜ。もう知らん。」みたいな突き放す考え方じゃなく「まぁ、いっか!」と言って流す、ゆるい感じの考え方です。

 

見ないし、言わないし、聞かない。「まぁ、いっか!」と言う事が出来れば、自分もイライラしなくなるし、人との争いも生まなくなります。

 

え?「そんなの、自分が相手に屈したみたいで不満。」だって?

 

確かに自分にストレスを与えて来るのは、自分とは馬の合わない誰かです。それは、自分のせいではありません。

だから、相手に屈したような気持ちになってしまうのも、少しだけ分かります。

 

でも、その人の一挙一動に目ざとくイライラしてるのは、もしかしたら自分自身に原因があるかも知れませんよ?

 

自分以外の他人を変える事は出来ません。でも、イライラしてる自分を変える事は出来るのではないでしょうか?

 

それが、見ざる言わざる聞かざる。そこから生まれる「まぁ、いっか!」という寛容さです。

  • 「あんな考え方があっても良いよね。」
  • 「こういうやり方も、良いのかもな。」
  • 「こんな人もいるよね、自分みたいなヤツだっているんだし。」

相手は変えられなくても、自分が変われば、【相手への見方】が変わってきます。

 

今までは嫌な所ばかり目について、自分との違いにイライラしてばっかりだったけど、それがなくなれば相手の良い所だって冷静に見つめられるようになったりすると思うんです。

 

僕も以前、どうしても仕事のやり方で馬の合わない人がいたんですけれど、見ざる言わざる聞かざるを実行した所、「まぁ、いっか。」と少しずつ思えるようになりまして、その人との関係も改善して行った事があります。

 

多少なり不満とかは残っただろうけど、自分にはない良い所を、その人の中に見出す事も出来ました。

それに、勝手にイライラしていたのは他でもない僕自身でしたから。

新事実も分かったりしたんです。「あ、ほんとは向こうも仲良くしたがってたんだ。」みたいな。

 

寛容な気持ちで人と歩み寄った先には、お互いの違いを【許し合える関係】が生まれていると思います。やっと話が最初に戻った(笑)

 

違いはあれど、お互いにその個性を尊重し、許し合う。それが最高に円満だと思います。どんな人間関係であったとしても。

 

まとめ

 

  • 円満な人間関係とは、【許し合える関係】の事。
  • 違いを受け入れられないから、【悩み】が生まれる。
  • 【寛容】。それが多様性を受け入れる。
  • 【見ざる言わざる聞かざる】。「まぁ、いっか!」という、ゆるい感じで良い。
  • 相手への見方を変え、歩み寄った先に、【円満な人間関係】がある。

 

ってな感じで、今回は人間関係について色々とお話させて頂きました!

 

あ、そうそう。

 

ちょっと話は逸れるかもですが、明らかなパワハラやセクハラやいじめや仕打ちを、何らかの形で受けているって場合は、人間関係以前の問題ですからね。

そんな人間のいる所にいたってしょうがないです。そんな所からは、逃げても良いんじゃないかなと思います。

良かったら、逃げる事について書いてる記事なんで、読んで下さると嬉しいです。

人生、辛い、逃げたい?逃げてええから、逃げようぜ!

 

今回の記事で書いた事は、僕個人としてはオススメの考え方です。

実際に人との関係が改善した考え方でもありますし、良かったら参考にして下さればと思います。

色んな人と、良い人間関係を築いていけると良いですね(=゚ω゚)ノ

 

では、またお会いしましょう!takeちんでした!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です