気持ちが楽になる|ネガティブな時にオススメしたい【5つ】の過ごし方を紹介

こんちは、takeちんです。

いや~、最近、私生活で色々と落ち込んでしまうことがありまして、ちょっとネガティブ気味のtakeちんです(笑)

そういうことってありますよね~。

人生、良い時もありますが、辛い時もあります。

むしろ辛いことの方が多かったりします。

 

もう何なの人生って!もう嫌!ムッキー!(ご乱心)

 

ハァ、ハァ・・・失礼いたしました(笑)
takeちん
takeちん

こういう時期って嫌ですよね~。

ネガティブな状態に陥ると、何に対しても否定的になってしまうし、ささいなことでイライラしてしまうし、将来が不安になったりするし、とにかくもうロクなことがありません。

だから「ネガティブから抜け出したい!ポジティブになりたい!楽になりたい!」と思いますよね。

にも関わらず、こういう時こそなかなかポジティブになれず、楽にもなれないことが多いです。

結果、余計にネガティブになっちゃうんですよね~。

分かります、その辛さ、しんどさ。

何故なら僕も今ネガティブだから(笑)

ですが、ネガティブな時は、その時なりの過ごし方があります。

そこで今回は、僕が大切にしている【ネガティブな時の過ごし方】についてお伝えします。

【5つ】のポイント!ネガティブな時の過ごし方

ポイントは全部で「5つ」です。

個人的にはどれも気持ちが楽になれるポイントとなっております。

今、ネガティブな状態に陥っているのであれば、是非とも参考にしていただければ、嬉しいです。

じゃ、いきましょうか。
takeちん
takeちん

 

【1】無理にポジティブになろうとしない

まず、これが大前提です。

【無理にポジティブになろうとしない】こと。

無理にポジティブになろうとしても、逆効果です。

どうしてもネガティブな状態の時って、無理に頑張ってポジティブになろうとするけれど、かえって辛くなりやすいんですよね。

何でかって言うと、自分の本当の気持ちを抑えてるから。

本当の気持ちを抑えて逆のことをしようとしても、人って辛くなる一方なんですよ。

例えば、「失恋した直後に笑う」のって辛くないですか?

「よし!良い経験になったな!次の恋愛に進むぜ!」って切り替えられないですよね(笑)
takeちん
takeちん

前向きになろうとすればするほど、失恋という事実が重くのしかかって、辛いし、寂しいし、悲しいし、自分が情けなくなるんですよ。

でも、それが普通なんです。

それが自然なんです。

ここで無理に前向きになろうとするのは、いわば【不自然】です。

そりゃ辛くなりますよ。

 

ネガティブな状態を受け入れることが大切

じゃあどうしたら良いかというと、たった一つです。

【ネガティブな状態を受け入れること】です。

 

「もう無理です!ポジティブになれません!こんなん無理です!ネガティブにしかなれません!もうどうでも良いです!私ずっとネガティブで良いです!」

 

ってな感じで、いっそのこと受け入れることです。

まぁ、これはちょっとやり過ぎかも知れませんが(笑)
takeちん
takeちん

この感覚がめちゃめちゃ大事なんですよ。

「もう、しゃあないやん。」っていう風に、自分の身に起こったことや今の自分の状態を受け入れることが出来ると、人って腹が据わるんです。

腹が据わると、「ポジティブになりたい!ネガティブから抜け出したい!」っていう気持ちから解放されて、楽になれるんです。

「今の状態から抜け出すことより、今の自分を大切にしよう。」と、気付くことが出来るんですね。

失恋だって、しばらくどん底の気分を味わってから、受け入れて、楽になって、前に進んで行けますよね。

それと同じなんです。

だから、無理にポジティブになろうとしないこと。

かえって苦しみを増やすだけです。

ネガティブな状態を受け入れて味わい尽くした方が、スッキリとした気持ちで新しい一歩を踏み出せます。

もちろん、受け入れるのは時間がかかります。

だから少しずつ、自分を受け入れて下さい。

あなたのペースで、大丈夫。
takeちん
takeちん

 

【2】なるべく無理せず過ごすこと

1つめのポイントとちょっと被りますが、これは普段の生活に関わるお話。

【ネガティブな時は無理せずに過ごすこと】が大切です。

なんかネガティブな時ほど、その状況から抜け出すために色々と行動したり、自分を鼓舞することも多いと思うのですが、個人的にはそれって余計に疲れると思うんですよね。

例えば運動したり、人とあって話したり、そういう気分転換のための行動は良いと思います。

でも、ネガティブな状態の時に、自分にムチ打ってまで頑張る必要はありません。
takeちん
takeちん

それにネガティブな時に無理しても、出来ることは案外限られているし、思っているほど状況は改善しないことも多いです。

だからさっきもお伝えしたように、まずは自分を受け入れること。

その上で、ちゃんと自分を休ませて、癒してあげること。

だって、本当は辛いんだから。

無理せず自分を休ませよう
  • 思いっきり寝る
  • 欲しい物を買う
  • 美味しい物を沢山食べる
  • 予定は入れず何もしない

例えばこんな感じで、簡単なことで良いんです。

自分に合った方法で良いので、なるべく心と身体を休ませてあげる。

どうしてもやらなくちゃいけないことがあるなら、それだけをやって後は何もしないとか、極力頑張らない方が良いです。

【物理的に自分を癒すこと】が大切です。

ネガティブな時は無理をせずに休むこと。

しっかり休んだ方が、また自然と元気にもなれますから。

 

【3】感情は吐き出そう

ネガティブな時は、【気持ちをしっかり吐き出すこと】も大切です。

感情は適度に吐き出して、浄化させてあげましょう。

でないと負の感情が溜まる一方で、非常に精神衛生上、良くありません。

特に、真面目な人や頑張り屋さんはネガティブな感情を溜めやすいです。

「悪口は言っちゃいけない。」とか「愚痴や不満は言っちゃいけない。」と考えやすいので。

そういう人ほど溜め込んで潰れやすいので、適度に発散して欲しいです。
takeちん
takeちん

感情を吐き出す方法も色々あります。

色んな方法で感情を吐き出そう
  • ノートに気持ちを書く
  • 周りに人が居ない所で延々と悪口を言い倒す
  • サンドバック的なものを用意して殴りまくる
  • 話を聞いてくれる人がいたら愚痴を聞いてもらう

などなど。

ちなみに僕はネガティブな状態になってしまったら、誰もいない場所(自宅で一人の時など)で、延々と「放送禁止用語」を吐き散らします。

 

「クソ!ボケ!カス!アホンダラァ!」

 

などと思いのままに罵詈雑言を吐き出しています(笑)

これって結構、有効なんですよ。

気の済むまで感情を吐き出すことで、やっぱり気持ちもスッキリしますし、心の整理が出来ます。

だから、ある程度は感情を吐き出すことが大切です。

 

ネガティブなことは口にしない方が良い?

たまに、「ネガティブなことは口にしない方が良い。」みたいな意見を目にすることがありますね。

極端に言えば以下のような意見です。

ネガティブなことは言っちゃいけない?
  • いつでもポジティブでいよう!
  • 愚痴や不平や不満を言っちゃダメだぞ。
  • ため息ついたら幸せが逃げちゃうぞ♪

うーん・・・いや、間違ってはいないんですよ。

間違ってはいないんですけれど、ネガティブな時にこんな風に考えるのは無理です。

・・・いや、ごめんなさい、正直に言います。

 

こんなもん、僕からしたら「クソくらえ」です。

 

ため息ついたくらいで逃げる幸せなんか、たかが知れてます。

そんな幸せよりも、自分の命と心が最優先です。
takeちん
takeちん

【適度に感情を吐き出して自分を守ることの方が大切】です。

 

気持ちの吐き出し過ぎには注意です

ただし、やり過ぎには禁物です。

気の済むまで心の「ウ〇コ」みたいな物を吐き出してスッキリした後は、必要以上に吐き出さないようにしましょう。

やり過ぎると何事に対してもネガティブになったり、他者に対して攻撃的になってしまいますから。

また、吐き出すと言っても、無関係な人に八つ当たりしたり、怒りをそのままぶつけることはしてはいけません。

自己嫌悪に苛まれるだけですし、自分が辛いからと言って、直接的に人を傷つけて良い理由にはなりません。

自分を傷つけたり、物を壊すのもダメです。

これは守ろう
  • 自分を傷つけない
  • 人を傷つけない
  • 物を壊さない

極力、これは守りましょう。

ですのでさっきお伝えした通り、ノートに書くとか、誰もいない所で吐き出すとか、誰かに話を聞いてもらうとか、誰も何も傷つかないのが理想です。

その点だけ気を付けながら、適度に発散させていきましょうね。

 

【4】人生をコントロールしようとしないこと

そして、【人生をコントロールしようとしないこと】です。

僕達は、コントロール出来ない物に対して強いストレスを感じるようになっています。

だから嫌なことや辛いことを避けたがるし、ネガティブな状態に陥ることを凄く嫌うんです。

でも、人生ってコントロール出来ない部分が多いのです。
takeちん
takeちん

明日、自分がどんな風に過ごしているのかも、厳密には分かりません。

良い時もあれば、悪い時もある。

人生の波を思うがままにコントロールすることは、僕達には出来ません。

どれだけポジティブでいたくても、ネガティブな自分になる時もあるんです。

それを避けることは出来ないんですよ。

良い時と悪い時の波がある限り、人生からネガティブな要素だけを無くすことは出来ないんです。

だから、そんな人生をコントロールしようとしないことが大切です。

コントロールしようとすればするほど、コントロール出来ない物ばかり目について、苦しくなりますから。

 

今が悪い時なら、また良い時も来る

逆に言えば、今が悪い時なら、また良い時も来るってことです。

今は悪い時なんだと受け入れて、ネガティブな自分と気長に付き合って行きましょう。

気休めに聞こえるとは思いますが、ずっと同じ状態ということはありません。

あなたが生きることを諦めない限り、必ず、変化する時がやって来ます。
takeちん
takeちん

無理にポジティブになる必要はありませんが、心の片隅で、「また変わる時も来るよ。」と思っておくのは、良い考え方だと思います。

 

【5】誰だってそうなる

最後にこれ。

「誰だってそうなるよ。」ってことです。

本当に、万人に共通していると思ってもらって良いんですけれど、誰だって時にはネガティブになります。

それが当たり前です。

僕なんか元々強いネガティブ思考ですし、仕事やプライベートで嫌なことがあったら、それが他人からすれば些細なことであっても、怒ったり悲しんだり不安になったりします。

ブログで人生や生き方について語ってますが、そんなもんなのです・・・。

だからあなたにも「ネガティブになって当たり前だ。」と思って欲しいのです。

 

つまり、自分を責めて欲しくないんです。

 

一生懸命に生きるあなたは強い人です

特に、良心的な人ほど自分を責めやすいんです。

良い人ほど自分を責めやすい
  • これくらいで怒っちゃいけない・・・。
  • こんなことで泣いちゃいけない・・・。
  • これくらいでネガティブになる自分はダメだ・・・。

なんて、自分を責めてしまうんです。

でもさっきもお伝えした通り、誰だってネガティブになって当たり前です。

そういうことを繰り返しながら、成長して行くのが人間なんです。
takeちん
takeちん

だから、あなたがおかしいとか、あなたが弱いとか、そんなことは一切ありません。

 

一生懸命に生きているあなたは、とても強い人なのです。

 

僕はそう信じています。

自分の気持ちに蓋をして、その上で自分を責めて生きるなんて、本当に無益です。

百害あって一利なしです。

「誰だってそうなるよ。自分を責めることはないよ。」と考えて、ネガティブな時期を乗り越えてもらえたら、とても嬉しいことです。

 

まとめ

ってな感じで今回は、ネガティブな時の過ごし方や考え方についてお伝えしました。

今回のまとめ
  1. 無理にポジティブになろうとしない
  2. なるべく無理せず過ごすこと
  3. 感情は吐き出そう
  4. 人生をコントロールしようとしないこと
  5. 誰だってそうなる

結論としてはとにかく、【無理をしないこと】です。

最終的に凄いザックリしましたけど、大切です(笑)

状況が変わる時も、またやって来ます。

だから、焦らずにゆっくりと過ごして行きましょう。
takeちん
takeちん

ほな、またお会いしましょう。takeちんでした!