ラジオDJを目指す為に芸能事務所に入ったが完全に無理ゲーだった件

スポンサードリンク



 

ラジオDJを目指す為に芸能事務所に入ったが完全に無理ゲーだった件

こんちは!生き方探しアドバイザーの、takeちん@OddTake)です!

 

ブログ頑張ります!

 

という誓いの直後、風邪をひいてしまってさっそく投稿が出来ませんでした。。。と言う事で、今日の記事も長いよ!覚悟してね!(笑)

 

takeちんの人生をツラツラと書く、このシリーズ。

僕の人生、こんなんです。

今回から、専門学校の卒業後の話に入ります。

 

芸能事務所に所属

芸能事務所に所属

専門学校卒業後は、とある芸能事務所に所属し、タレントとして活動しておりました。

この時の僕は、【ラジオDJ】を目指していました。

 

「え、舞台俳優じゃないの?」←読者の声

この時は僕、ラジオDJというのを目指してたんです。・・・一応は。

「いや、そもそも声優は?」←読者の声

色んな授業があるんですよ。舞台の上で演技する授業やら、声優みたいにスタジオに入ってマイクの前で演技する授業やら。

「ふーん、あっそ。」←読者の声

あっそ、って酷い(笑)

 

芸能事務所に入ったキッカケ

僕は専門学校に入っていろんな授業を受けた結果、声優みたいなマイクの前で演技することよりも、舞台の上で演技する方が好きになりました。

ほんで、当時はそれよりも好きになっていたのが【フリートーク】ってやつでした。

 

どういう物か軽く説明しますと、自分の事や、興味のある事、例えば「この映画についての感想を話して下さい。」みたいなお題を与えられて、それについてマイクの前で話してトーク力を鍛えるって授業があったんです。

まさに、ラジオDJみたいな感じですね。

フリートークの延長線上で、生徒たちで架空のラジオ番組を作ったりする事もありました。

舞台で演じることも好きだったけど、この時の僕はマイクの前で好き勝手に喋る方が面白かった。

 

「今は喋る事が好きだし、ラジオDJ目指そう!」

 

ってな感じで僕は専門学校卒業後の進路?というか目指すものを、ほぼ【ノリ】で決めちゃったんです。

っちゃ安易(笑)

 

だから、専門学校卒業後にタレントとして芸能事務所に入ったんですね。

「この選択は良くなかった。」って、今でも思う時はあります。まぁ、別に後悔はしていないけれど。

何かダメだったって、喋るのは好きだけど、そもそもラジオってあんまり聴かないんですよ僕。今でもあんまり聴かない。

つまりね、喋るのが好きとか嫌いとか、喋れるとか喋れないとか以前に、ラジオそんなに聴かないような人間が目指すべき業界じゃなかったんですよ。

車の免許さえ持ってりゃ、カーショップの営業マンになれるって訳じゃないでしょ?

それなりに、車が好きとか、車に対する知識が豊富とか、何らかの情熱が必要ですよね?

それと同じこと。ラジオDJを目指すって言えるほどの、ラジオに対する情熱がなかったんです。

 

芸能事務所に入ってラジオDJを目指す為のレッスンを受けるようになった僕は、自分の無知さ、無力さをたっぷりと味わうことになったのです。

専門学校で何かと上手く行くことが多く、僕は調子に乗っていたことを思い知りました。

 

こんなに大変だとは・・・。

こんなに大変だとは・・・。

まず、ラジオDJやパーソナリティーという仕事の大変さに驚きました。

 

音楽や映画といった芸術作品、政治やスポーツ、生活の知恵や雑学、観光スポットやサブカルチャー等、色んな事に対する、知識や興味を持つ事が求められます。

 

実は知識や興味があんまりない・・・って場合でも、それを勉強する必要もあります。

 

例えばフリートークのレッスンで、「今回のワールドカップの見所について喋って。」みたいな事も言われたりするので。
(ちなみにtakeちんは、サッカー全く詳しくない・・・。)

 

「知識と興味がないから喋れません。」そんな事はリスナーさんには言えませんからね・・・。

 

DJやパーソナリティーの方々は、凄いと思います。

どんな事にも興味を持って知識を取り入れて、その上で伝えるべき情報や知りたい情報を、自分の感想とかも取り入れて話すのですから。

ラジオDJやパーソナリティーの本当の魅力は、喋る上手さじゃない。

【人間としての深みがあるか】だと僕は思います。

・・・僕はラジオDJなれなかったのに、何エラそうに言ってんだか。

 

結論から言えば、僕はラジオDJにはなれなかった。

なんとかラジオDJを目指すために頑張りましたが、結論から言えば当時の僕には無理でした。

元々、好き嫌いもハッキリしてる性格ですからね。興味のない事を調べたりとかも、あんまり好きじゃないです。

それじゃ務まらないのも分かってはいましたけど。

 

【喋る事】が好きな筈だったのに、段々、「喋るのが好きだ。」っていう感覚すら見失って行きました。

フリートークのレッスンの時も楽しさじゃなくて「上手く喋れるだろうか?」っていう恐怖ばかり先行していました。

あとね、これは余談なんだけど、フリートークのレッスンをやってくれる先生の中にめちゃくちゃ怖い先生が一人いて、以下のセリフはその先生に言われた一言。

 

「君(takeちん)が喋るだけで、君が如何にクソガキかがよく分かるよ。」

 

そら喋る気なくすわ!!!(笑)レッスンのたびにびくびくするわ!!!(笑)

ぶっちゃけね、パワハラみたいな物言いが横行している世界でもあります、俳優とか話し手とかの世界は。

ま、それは余談なんだけどね。

 

レッスンでその程度ですから、仕事も全然来なかったです。オーディションとかあっても落ちまくるし。

あと、「仕事下さい!」的な事をマネージャーさん達にアピールしたり、そういう事も僕は苦手でした。

だから余計に仕事が無かったですね。

 

なんか気付けば言い訳ばっかりやん!!(笑)

 

そうです。このシリーズではいかに僕がだらしなく、逃げまくる人間であるかをさらけ出して行きます(笑)

しまいには事務所に行く事も苦痛になり、タレントになってから一年半後、僕は逃げるように事務所を辞めました。

うん、逃げたんだと思う。情けないけどね。

その後、僕は舞台俳優として活動して行くことになりました。

では次回、舞台俳優 takeちん。に続きます。

 

takeちんでした、またね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください