舞台俳優 takeちん。

スポンサードリンク



どうも、takeちんです。

僕の記事、読み返して思ったけど、長いし色が多い(笑)
そしてどうでも良い情報だけ多い気がする。うーん、修行します(笑)

takeちんの人生シリーズ、舞台俳優編です。

 

舞台俳優へ。

 

芸能事務所を退所した僕はどこにも所属せず、フリーの俳優として活動してました。
次は舞台俳優になろうと思っていたので。ただ、入りたい劇団とかはなかったんです。

フリーと言えば聞こえは良いですが、いわゆる【ギャラ】の出る仕事は、ほとんどしてなかったですね。

この頃から、専門学校に入った当初のような「俳優として食えるようになってやる!」みたいな野望はなかったです。

「よっぽどの人間じゃないと、表現の世界で食っていくなんて無理だ。続けられる所まで、ただ、続けよう。」

芸能事務所を退所して以来、すっかり自信を喪失してしまった僕は、そんな風に思うようになっていました。

それからは知り合いの劇団のお芝居に出たり、芝居仲間と企画して、自主公演をやったりしていました。たまーにギャラの出る仕事もやってましたけど。

バイトと並行しつつ、それを大体2年くらい続けました。

 

しかしその後、知り合いの紹介で、とある劇団に入る事になったんです。
この劇団は、いわゆるをする劇団で、全国各地で公演を行う劇団でした。

当然僕も色んな所に行って、お給料も頂いていました。

ギャラを貰う以上、プロの俳優としての責任がありますし、求められる技術やらなんやらも、当時の僕にはレベルが高く感じました。

ちなみに、個人のレベルに関係なく、【プロ】と言えるかどうかのラインの一つは、
【ギャラの出る芝居に出られるか】です。

周りの役者さん達の技術も凄いし、僕は演出家の支持にちゃんと応えるのにいつも精一杯で、苦労しました。

字だけだとちょっと伝わりにくいかも知れませんが、本当に大変でした。
プレッシャーも凄かったんですけど、ただ、ここでの活動は本当に楽しかったです。

芝居をする為に、日本各地の色んな所へ旅をしました。
その土地のご飯を食べたり、初めて見る景色に出会ったり、色んな会場のスタッフさんと関わったり、小学校でお芝居やったり。

普通は出来ない経験でした。だからその劇団に入った事、本当に良かったと、今でも思います。でも僕は、漠然とした不安を抱えていました。

 

「将来、ほんとにこのままで良いのかな?」

分かれ道のイメージ

 

これで食っていけるのか?収入のメインはバイトだし、このまま仕事にして行けるのか?
この時で、25歳でした。

思えば、自分のこれからの人生の事なんて、この歳になるまで考えてませんでした。
それが何故か25歳という年齢になって、急に将来に対する不安が襲って来たんです。

俳優という仕事は大好きでしたから、続けるべきか辞めるべきか凄く迷いました。
でも「これで食っていく!」みたいな野望もなく、惰性で続けてる所はあったんです

【やりたい事】か、世間で言う所の【安定】か。

その結果、僕は将来の事を考え劇団を去り、就職活動を始めました。
僕が表現の世界にいたのは、専門学校を卒業して、わずか5年足らずでした。

そしてここからが、僕としては本当に辛い日々の始まりでした。
次、地獄の始まり、就職活動。です。このシリーズ、ぼちぼち終わりますから!(笑)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.