【自分ファースト】で行こう!自分が幸せなら、皆も幸せ!

スポンサードリンク



 

自分ファースト

こんにちは!生き方探しアドバイザーの、takeちんです!

 

【〇〇ファースト】という言葉を、よく見かけますね。

代表格は【レディファースト】かな?政界でもよく見かけます。小池百合子都知事の【都民ファースト】とか、トランプ大統領の【アメリカファースト】とか。

あとは【ブレックファースト】。これは違うか。

 

「〇〇第一主義!」みたいな考え方ですね。

 

で、最近では【自分ファースト】という言葉も見かけるようになりました。

読んで字の如く、自分の利益や満足感を優先し、それを満たす為に行動する考え方の事らしいです。

自分の意思を持って、自分軸で生きている。

でも、「自分勝手で自己中で、社会のルールってもんが分かってない。」みたいな風に、他人から捉えられる事もあるでしょう。

「周りの空気を読まなくちゃいけない。」みたいな謎の空気が流れているこの日本社会では、恐らくまだまだうっとうしがられる考え方です。

 

でも僕は、【自分ファースト】という生き方、素晴らしいと思います。

そうですよ。もっともっと、自分勝手に生きて良いと思うんです。だって、自分らしく生きた方が幸せやんか。

しかもね、結果的にはそういう生き方が、人様に迷惑もかけないし、自分も周りの人も、皆ハッピーになるんです。

何それ、気になるぅ♪(笑)じゃあ、今日も行くでやんすよ?

 

自分の為に生きようよ。

キラキラ笑顔今日の記事の内容は、これまでの記事でも散々言うてる内容でもあります。改めてって形で、この記事を書きます。

何で改めて書くかというと、最近、【自分らしく生きるために。】カテゴリーの記事をあげていない事に気付いたからです(笑)

なので、他の記事の内容に重複してる所も、恐らく多々あります。すんません。

まぁ、自己啓発なんて大体同じ所に行きつくから(笑)

 

でも、大事な話なんですよ?自分らしく生きる最大の目的って、【自分を幸せにする事】なんです。

 

やっぱり人間は、自分の為に生きた方が幸せだと思うんです。

勿論、「誰かの為に生きる事が幸せなんだ。」と言われたら、それは否定しないです。というか、否定出来る筈ないです。だって、それも紛れもない事実やから。

家族とか、自分以外の誰かの為に生きるのも立派な幸せです。僕だって、大切な人の幸せは自分の幸せだし、大切な人達に笑顔になって貰いたい。

 

だけど僕はですね、自分以外の人の幸せは、自分を幸せにした先にある物だと思ってます。

 

まずは自分を幸せにする為に、自分ファーストである事が大切だと思うのです。

そしてこの世には、【自分で自分を不幸にしてしまっている人達】が多いのではないかと感じています。

 

幸せになる事を、恐れている?

猫 怖がり「幸せになる事を、恐れている人が多い。」と言われたら、なんて思いますでしょうか?

 

「しょんな馬鹿にゃー!にゃーっはっはっはっはっ!」

 

いやいや、そんな事ないんですよ。これ、ほんまです。ちなみに僕も、恐れていた人間でした。

本当はやりたい事があったり、進みたい道があったり、もうやりたくない事があったりするのに、「世の為、人の為、家族の為。」と言って無理をしてしまうんですね。

 

「人様に迷惑がかかる。会社に迷惑がかかる。家族に迷惑がかかる。親を悲しませたくない。友達から白い目で見られる。世間から外れてしまう。」

 

みたいな理由で自分を犠牲にしている人達が、この世界には沢山いると感じます。

どうして、自分で自分を不幸にするような事をしてしまうんでしょうか。

 

他の記事でも言ってますけれど、これがまさに、【幸せになる事への恐怖】なんですね。

自分らしく生きる事を選べば、人に嫌われる、信頼を失う、離れて行く。今の立場や仕事を失う。社会から外れてしまう。

これらのような事を恐れているんです。ただでさえ、村八分を嫌う日本人です。自分らしく生きる事より、他者に迎合して集団に紛れる事を選ぶんですね。

 

学生時代なんか、これが顕著よね。グループに所属していない事を凄く嫌います。

しかもスクールカーストなんつって、「あのグループは目立ってて良い。このグループはなんか地味で大人しいから、周りから自分も地味って扱いされるから、アカン。」みたいに比較したり。

 

アホくさ。まぁ、それはええか(笑)

 

恐れより、不幸を選ぶの?

天秤一歩踏み出して傷つく事を恐れるがあまり、不幸でいる事を選ぶのは、どうかなと思います。

確かに、それは恐怖を伴います。傷つく事はあるし、何かを失う事もあります。自分らしく生きるからと言って、何もかも上手く行って100%幸せになれるとは限らないのです。

 

だからと言って、傷つくのが怖いから「誰かの為に生きたい。」という理由を作るのはどうかなと。

 

勿論、純粋な愛を持って誰かの為にと言う人も、世の中にはいらっしゃいます。でも、言葉は悪いですが、誰かの為にというセリフを言い訳にしている人もいます。

世の為、人の為、愛する者の為と言いながら、自分を幸せにする勇気を出せずにいるのです。

 

「そんな事言ったってしょうがないだろ!家族がいて、仕事がある!責任があるんだ!周りのために頑張らなくちゃいけないんだ!」

 

と言われるかも知れません。でもね、ほんまにごめんなさい。その言いぐさこそ、周りのせいにしてないですか?

「お前の為にやってる!家族の為にやってる!会社の為にやってる!だからこんなに自分は大変なんだ!」

って言いたいって事でしょ?しかも、「しょうがなく」って何さ。

純粋な愛を持って他者の幸せを願う人の心に、「しょうがなく」なんて言葉は存在せんわ。

 

そんな事を言われた側は、めちゃくちゃ息苦しく感じますよ?

「何それ?あなたの不幸が、こっちのせいなの?あーはいはい、そうですか。分かりました。もう勝手にして下さい。」って思いますわ。

 

だから、誰かの為にって言い訳をして、自分らしく生きる事から逃げれば逃げるほど、ストレスも溜まるし不平不満や愚痴が増える。

仕事も上手く行かないし、人間関係とかも上手くいかなくなっちゃうんです。

そういう風に出来てるみたいです、世の中は。

 

それが嫌だったら、もう理由を作るのを辞めて、自分を幸せにする事を選んで良いと思います。

伝わりにくかったら、ごめんなさいね。でも伝わってると、嬉しいです。

 

幸せは、与えるもんじゃない。
分かち合う物。

カップルこれは補足ですが、そもそも幸せは、人に与えるもんではないです。分かち合う物】です。

と同時に、「誰かに幸せにしてもらう。」なんていう考え方も、よろしくないです。

 

夫婦関係に例えるなら、お互いが自分自身の幸せを優先した先に、良い夫婦関係があると思いるます。僕は未婚やけど(笑)

何故なら、夫婦という関係はありますが、お互いに自分自身の価値観や趣味や交友関係といった、【自分だけの世界】があるからです。

それら全てを共有出来るもんではないですよね?

 

例えば世の奥さん方は、旦那さんの筋トレの趣味が理解出来ないだろうし。世の旦那さん方は、奥さんのダイエットの趣味が理解出来ない。

こんな風に、根本的には何もかも違いのある二人が一つ屋根の下で生活するというのは、恐らくとても大変な事でしょう。お互いの世界に違いもあれば、差もある。

 

それは時として、不満や怒りや悲しみを生みます。だから、良い事ばかりじゃないです。喧嘩も起こります。

 

それでも、お互いを人として尊重し、理解し合って支え合って生きて行こうという気持ちを持てる夫婦こそ、本当に幸せな夫婦だと言えるのではないでしょうか?

自分自身の幸せを大切にし合える関係なんて、本当に幸せですよね。

 

そんな幸せがお互いに溢れるから、幸せに溢れた夫婦になるのです。

 

なので、幸せは与えるもんじゃないって事なんです。お互いの幸せを、分かち合う物なんです。良好な人間関係とは、そういう事だと思います。

だからこそ、自分自身を幸せにする事が一番大切。誰かの為なんてもっともらしい事言わずに、素直に自分の心に従って、自分を幸せにする。

 

その幸せが溢れれば、結果的には周りの人に迷惑もかけないし、自分以外の誰かとその幸せを分かち合う事も出来るんです。

「誰かの為に生きる。」という言葉も、ただの言い訳ではなくなります。

だって、自分はもう幸せなんだから、人の事も幸せに出来るんです。

 

そんな感じで、まとめ。

今日は、自分を幸せにする事が一番大切なんだ。ってお話をしました。

 

僕自身も、誰かの為にって言いながら行動している時は、不平不満ばかりだったし、大切な人達と衝突ばかりしていました。

その言葉を言い訳にして、自分らしく生きる事を怖がってたんですね。

 

今では、「人に幸せを与えたいなら、自分が幸せになろう!」っていうモットーを持って生きています。

単純な話、そんな僕を見てる方が、他の人もきっと笑顔になってくれるやん?(笑)

 

だから、少しでも多くの人に、自分の幸せを大切にするっていう選択をして欲しいなと思っています。それが、結果的には人を幸せをする事になると思うから。

まとめは短く、このくらいにしようか。いっつも僕、話長いから(笑)

 

じゃ、またお会いしましょう!takeちんでした!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.