【休む時間を意図的に作る】自分を休ませることは悪くないよ。

スポンサードリンク


 

【休む時間を意図的に作る】自分を休ませることは悪くないよ。

 

こんちは、takeちん(@OddTake)です!

今日はですね、自分を休ませる時間は大切ですよっていう話をします。

 

自分を休ませる時間を作ろう。

ちなみにこの記事を書いたのはこないだの休日なのですが、外では雨が降っていました。

僕は雨が大好きです。豪雨は嫌ですけれど、シトシトと振る雨は凄く好きですね。

今は2月で寒いのですが、外から雨の音が聞こえて来るのがめちゃ好きなので、窓は開けています。

変わりにめっちゃ着込んでますけど(笑)

 

雨の「サー…」という音だけでなく、葉っぱに当たった時のポタポタという音や、時折聞こえて来る鳥の鳴き声とか(言うてスズメがちゅんちゅん鳴いてるだけですが笑)、聞いてて凄く落ち着くし、癒されるんですよね。

寒いけれど、雨が降った時の澄んだ空気も窓から入って来て、それもとても心地いい気分にさせてくれます。

そんな雨の休日に、のんびりとブログを書く。

個人的には、なかなか素晴らしい時間を過ごしていると思っております。

 

普段は色んなことを考えたり、悩んだりしていることが多いので、こんな風に頭と心を空っぽにして、心身共に休める時間は、僕の中で物凄く大切にしています。

もちろんその時間だけで全ての悩み事やらなんやらが解決するということはないですが、こういう時間って、自分が生きていくための気力を養うことが出来るんですよね。

だから自分を休ませる時間、僕はちゃんと取るようにしています。

自覚がないだけで、心身ともに疲れていることが多い。

自覚がないだけで、疲れている。

人は自覚がないだけで、日々あまりにも色んなことを考えているし、色んなことに追われているし、色んなことに悩んでいます。

だから、知らず知らずのうちに心も身体も疲れているということが多いです。

経験はありませんか?

ずーっと身も心も張り詰めた「ON」の状態で、疲れが取れなかったり、ストレスが溜まってイライラしやすくなったりしたこと。

 

好きなように、好きなことをして、心と身体を休ませる。

そんな時は、いっそ心と身体を休ませてあげてください。

んで、休ませる方法はなんでも良いんです。

 

お出掛けが好きなら旅行すれば良いし、ご飯食べるのが好きなら気になってたお店に行ってみれば良いし、映画が好きなら映画館に行けば良いし、自然の中に身を置くのが好きなら山とか海とか行けば良いし、寝るのが好きなら寝たら良いし、何もしないのが好きなら何もしなければ良い。

 

そんな風に自分の好きなことを、自分の好きなように出来る時間を作ってあげることが大切です。

それだけで、身も心も軽くなって、生きる力が湧いて来ます。

 

忙しくても、休む時間を意図的に作ろう。

とはいえ、「忙しいし、そんな時間作れないよ~・・・。」と言う方もいらっしゃるかも知れませんね。

だからこそ、自分を「OFF」にする時間が必要じゃないのかなと思います。

むしろずっと「ON」だから休むことに気が回らなくて、「そんな時間ないよ。」と思ってしまっているのかも知れませんね。

そんなことはないと思います。休む時間はちゃんと作れると思います。

なおかつ、そういう時間を意図的に作ることが大事やと思ってます。

人間も機械も、メンテナンスの時間は絶対に必要なんです。走り続けるなんて無理。

 

少なくとも、僕は無理(笑)

 

メンテナンスも、意図的に、計画的に行われますよね。人間が休む時間を作るのも、それと同じです。

歩き続けるために、生き続けるために、休むのです。

 

「OFF」になるからこそ、「ON」になれるんです。

 

ほんとに忙しくて時間が作れないという人も中にはいるのかも知れませんが、一日30分だけでも良いんです。

ほんの少しで良いから、好きなことを、好きなようにして、余計なことは考えないようにして、自分を休ませる時間を作ってみてください。

僕も、忙しくても自分の時間を1日に1時間は作るようにしています。

色んなことを考えたりして悩んだり、ちょっと塞ぎ込むようなことがあった日でも、この時間を過ごすだけでかなり心が楽になります。

そうすれば、穏かな自分でいられるから。

 

休んで良いんですよ。ちゃんと、自分を休ませてください。

ちゃんと、自分を休ませてください。

それにね、もしかしたら「休む時間なんて作れない。」と思っているあなたは、「休んじゃいけない。」「休んじゃダメだ。」みたいなことを考えていませんか?

 

自分はこのまま、頑張り続けなきゃダメなんだ。走り続けなきゃダメなんだ。

止まったら置いて行かれる、止まったら悪い事が起きる、止まったら失敗する、止まったら誰かに嫌われる、止まったら世間から外れる・・・・・

 

そんな風に、自分を追い詰めるようなことを考えていませんか?

一生懸命に生きているからこそ、自分の人生に責任を持って生きているからこそ、誰かのために必死になっているからこそ、何かのためにガムシャラになっているからこそ、そんな風に考えてしまうのかも知れませんね。

 

でもね、休んだらダメなんてことはないんですよ。

もう十分に頑張っているあなたは、定期的に休むくらいが丁度良いんです。

一生懸命なあなたが休んだくらいで、誰かに嫌われるようなこともないですし、人生が止まってしまうようなこともないです。

だから、是非とも、休んでみてくださいね。

休んだら、きっと気付けます。

「あぁ、この方が、生きるの楽やんか。」って。

 

そんな風に、穏かに過ごしてくださいね。

じゃ、またお会いしましょう。たけちんでした!


スポンサードリンク



スポンサードリンク




この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください