【簡単かつ効果的な対処法】自分らしさを見失った時はもう一度自分を見つめ直そう

takeちん
へい、みんな。takeちんだよ。
あざらす
まいど。あざらすやで~。

 

今回は【自分らしさを見失ってしまった時の対処法】について記事を書きます。

 

自分らしく生きて行くことは凄く大切です。

でも、生きていると色んな事があるので、自分らしさを見失ってしまう事があるんですよね。

この記事では簡単かつ効果的な対処法を1つ紹介しますので、良かったら試してみてください。

今回のテーマ:自分らしさを見失ってしまった時の対処法

自分らしさを見失ったら、もう一度、自分を見つめ直そう

これですね。

 

自分らしさを見失ってしまったら、もう一度、自分を見つめ直せば良いんですよ。

 

冒頭でもお伝えした通り、生きていると色んな事があるので、自分らしさを見失ってしまうことも多いです。

こんな時は自分らしさを見失う

他人と自分を比較して自信を失ったり。

誰かに否定されて傷ついたり。

失敗して夢や目標を追うのが怖くなったり。

例えばこんな風に、色々ありますよね。

こんな時は、ハッキリ言ってロクな精神状態にはなりません。

ロクな精神状態にはならない

自分の人生に対して「どうでも良い。」と思ってしまったり。

好きなものを嫌いになってしまったり。

何事にもネガティブに捉えるようになってしまったり。

世間に対して批判的になったり。

他者に対して攻撃的になったり。

自分を傷つけるようになったり。

こんな感じで、自分らしさを見失ってしまうと負の状態が連鎖してしまうので、非常によろしくないです。

これは何としても避けたいです。

あざらす
お前はビール好きが災いして、どんどんビール腹になって行くのう。
takeちん
ほんまやで、メタボ体型は何としても避けたいで。いや、うっさいわ!

この負の連鎖を避けるためには、もう一度、自分を見つめ直すことが大切です。

自分を見つめ直すとね、最終的には、本当の自分に戻ることが出来るんですよ。

自分らしさを見失っても、無くなったり、消えた訳じゃない

人は時に、自分らしさを見失ってしまいます。

 

でも、勘違いして欲しくないことが一つあって、自分らしさが消えてしまった訳ではないんですよ。

 

一時的に見失ったり、忘れてしまっただけなんです。

だったらもう一度、見つめ直せば良い、探せば良い、思い出せば良い。

自分らしさを見失っている状態は、簡単に言ってしまえば【マイナス】の状態です。

自分らしさを思い出すことが出来れば、マイナスから【プラス】の状態に戻ることが出来るんです。

時間はかかるかも知れないけど、あなたが諦めない限り、プラスに戻ることは出来ますからね。

自分を見つめ直すには、文字に起こすのが一番オススメ

じゃあ、「自分を見つめ直すにはどうすれば良いの?」って話ですよね。

 

色んな方法があると思うのですが、僕的には、文字に起こすのが一番オススメです。

 

ノートに書き出しても良いし、パソコンやスマホに打ち込むのも良いです。

続けるのが苦じゃなければ、日記みたいに毎日書くのも良いですね。

あなたが思う【自分らしさ】を、思いつく限り、書き出してみるんです。

思いつく限りの【自分らしさ】を書き出してみる
  • 自分は何が好きなのか。
  • 何が嫌いなのか。
  • どんなことが幸せなのか。
  • どんなことに苦痛を感じるのか。
  • どんなことが嬉しいのか。
  • どんなことに怒りを感じるのか。
  • どんな事がやりたいのか。
  • どんな事はやりたくないのか。
  • どんな人生を送りたいのか。
  • どんな人でありたいのか。

そういう物を、思いつく限り書き出してみるんです。

あざらす
お魚が好き。泳ぐ事が好き。寝る事が好き。のんびり過ごす生き方が好き。【aiko】が好き・・・
takeちん
そうそう。そんな感じで書き出して・・・え?お前、【aiko】とか聴くんか!?
あざらす
カラオケで女の子にボーイフレンドとか歌われたらイチコロやね。
takeちん
いやいや、カラオケて。お前は一体何者なんや・・・。

自分らしさを思い出せると、人は安心する

文字に起こすことで、見失っていた自分らしさを思い出すことが出来ます。

自分らしさを思い出すことが出来るだけで、人って物凄く安心するんですよ。

 

「そう言えばこんな事が好きだったなぁ。」

「こんな自分のことが好きだったなぁ。」

「こんな人生を送りたいと思ってたなぁ。」

 

ってな感じでね。

自分らしさを見失うって、自分を大切に出来ていないってことですから。

本当の自分に触れて、そんな自分を大切にしてあげるだけで、人は穏かな気持ちになれます。

書き出すことで、今の自分を客観的に見つめることも出来る

それから自分らしさについて書き出すことで、今の自分を客観的に見つめることが出来ます。

「こういうことがあって、あんなことを言われたから、自分は落ち込んでいたのか・・・。」

と、何に苦しんでいたのかが分かります。

実は、これがめちゃくちゃ大切なポイントです。

 

今の自分を客観的に見つめることが出来れば、そこから軌道修正することが出来るんです。

 

どうすれば、自分らしさを見失っている状態から、本当の自分に戻ることが出来るのか。

そして、そのためにはどんなことをすれば良いのか。

好きなことをする時間を増やすのか、嫌いなことをする時間を減らすのか、などなど。

そういうことを自分なりに考えて、具体的な行動に移すことが出来るんです。

後は、本当の自分に戻るために、少しずつ取り組んで行けば良いだけです。

焦らず、自分のペースでね。

 

文字に起こすことで自分を見つめ直すことが出来れば、見失っていた自分らしさを取り戻すことが出来ます。

そして今の自分を客観的に見つめることによって、本当の自分に戻るための軌道修正をすることも出来ます。

 

結論、すんごいオススメなのです!(笑)

 

あざらす
文字に起こすのは簡単やから、是非ともやって欲しいな。
takeちん
ほんまに。自分らしさを見失ってしまった時に効果的なんで、試してみて下さいね。
今回のポイント

  • 自分らしさを見失ったら、もう一度自分を見つめ直せば良い。
  • そのためには、自分らしさについて書き出してみよう。
  • 自分らしさを思い出せると安心する。
  • 今の自分を客観的に見つめることで軌道修正が出来る。

最後に:僕も最近、自分らしさを見失っていました。

実は僕も、最近、少し自分らしさを見失っていたんですよ。

あざらす
お前、ツレと喧嘩しとったからな。
takeちん
サラッと言うな!

 

え~、そもそも【ツレ】とは僕が一緒に暮らしている女性です。

まだ結婚はしていないので、「嫁さん」ではなく「ツレ」と呼んでいます。

実は先日、ちょっとしたことで、うちのツレと喧嘩になってしまい、その流れで今後の将来についての話があったんですよ。

僕のプロフィールを読んで下さっている方はご存知だと思うのですが、僕は今後、個人事業主として仕事をやって行きたいという夢を持っています。

僕のプロフィールは以下の黄色いボタンからどうぞ。

 

ですが、うちのツレはバリバリの会社員です。

だから、僕の将来に対する不安があるんですよ。

普段は僕を気遣ってあまり話題にしないだけで。

それを今回のプチ喧嘩で改めて言われてしまい・・・。

自分に刺さる部分や、考えさせられる部分も多かったんですね。

その結果、「今の自分は間違っているのかな。」とか「本当にこれで良かったのかな。」とか、色々と考えてマイナスな状態に陥っていました。

まさに僕自身、自分らしさを見失っていた状態です。

だから僕もこの記事で書いたように、改めて自分を見つめ直してみたんですよ。

その結果、少し、自分らしさを思い出すことが出来ました。

何とか軌道修正も出来そうです。

 

確かに僕の生き方は、今もこれからも、ツレには負担となる部分も多いのだと思います。

心配や不安が大きいのも、間違いないと思います。

 

それは、もう、何も言い返せない・・・。

僕としては、ツレに負担を掛けてしまって、申し訳ないと感じることも多くあります・・・。(ほんとに)

 

でも、そんな僕と「これからも一緒に居たい。」と言ってくれるんですよ。

そんなツレには、感謝の気持ちの方が大きいです。

いや、むしろ感謝しかないです。

 

今は夢や目標、理想の未来しか語れないのが本当に申し訳ないんやけれど、僕が思い描く自分らしい人生の先には、必ずツレが横にいます。

そして僕とツレの幸せは、どちらか一方が幸せなだけでは、成り立たないと思っています。

 

僕が幸せであること、ツレが幸せであること、それが2人の幸せの条件です。

 

だからこそ、まずは僕自身が、これからも幸せに人生を歩んで行く必要があると思ったんです。

そのために自分らしく生きることを選ぼうと、改めて思えたのです。

・・・自分に都合良く考えてる部分があるのは、否定出来ませんけど(笑)

 

とにかく、僕も改めて自分のことを見つめ直す良い機会が出来たので、せっかくなら何かの役に立てないかなと、この記事を書くことにしました。

あざらす
なんや、最終的にはただのお前とツレの【ノロケ話】やんけ。おもんないわぁ。
takeちん
お前、性格悪いって言われるようになるぞ・・・。

この記事が、自分らしさを見失って苦しんでいる人にとって、参考になれば嬉しいです。

大丈夫、一時的に見失っているだけやから。

あなたらしさは、いつもあなたの中にある。

またね、takeちんでした。