人生は、急がば回れ。

スポンサードリンク



どうも、takeちんです。

少しずつですが、我がブログの構築が進んでいます。
願わくば疾風の如しスピードでカスタマイズを進めたいものですが、アナログ人間の僕はカタツムリと50m競争をやったらギリギリ負けてしまうくらいのスピードで進んでいます。(おっそ!)

今回は、人生は、急がば回れ。という話をします。

 

出来ない事だって、ある。

出来ない男冒頭でお話したように、takeちんも少しずつですが、ブログの構築が進んでおります。
とは言え、本当にカスタマイズが難しい。

それでも、ネットの時代は凄いですね。
サーバー・ドメインの契約方法からワードプレスの導入方法、プラグインの設定や初心者にオススメのテーマやカスタマイズの紹介。

ありとあらゆる情報が湧き水のように溢れ出てきます。本当にありがたい世の中です。
色んなブロガー・クリエイター様のページを参考にしながら頑張っております。

でも、同時にこんな事も思ってました。
「こんなブログ格好良いなぁ、素敵だなぁ。よし、俺も格好良くてオシャレで稼げるサイトを作るぞ!」

そういう気持ちが悪い訳ではないですよ。人間、ある程度の野心みたいな物だって要ると思います。「こうなりたい、あーなりたい。」っていう。

色んなブログやサイトを参考にしながらカスタマイズを進めました。
それから、SEO対策やらSNSの活用法やら、稼いでいるブログがどんな構築をしているか等、情報を取り入れようとしました。

もちろん、それが悪い訳ではないです。
でも、こういう行動はいずれ歪みがでるし、どこかで立ち止まってしまうような状況を生みます。

何故なら、そのどれもこれもが、初心者の僕にとっては出来ない事だったからです。
僕も途中で立ち止まりました。


このブログの記事にも使っている、【見出し】のカスタマイズが出来なくなったんです。

これですね↓

見出し

僕はstinger8というワードプレスのテーマを使っているんですが、デフォルトの見出しが、めちゃシンプルなんです。だから、もっとオシャレな見出しにカスタマイズしようとしたんですけど、何故か上手く出来ないんです。

今みたいに、作った見出しが記事に反映されないんです。

「何で!?何で出来ないんだよ!見出しがオシャレじゃないと、ブログを読んで貰えないんだよぉぉお!!!」

上手く出来ない自分に苛立ったし、「自分はブログに向いてないのかな。」って落ち込みました。

でも、ちょっと立ち止まった事で、自分の行動を振り返ってみたんです。
すると、色々おかしい所が見えてきました。

 

【最短距離】は、一番、危険な道。

下山結局僕は、【素敵なブログ】という結果を少しでも早く手に入れたい余り、
今の自分に出来ない事ばかり取り入れようとしていました。
それじゃあ、失敗するのも当たり前です。

音楽でもスポーツでも、何でもそうですよね。
素振りも出来ない素人が、マー君からホームランなんて打ち取れないんです。(何で野球の例えばかり?)

人は、【良い結果】を得たいと思います。それも出来るだけラクに。そりゃ僕もラクしたい!(笑)でも、それに囚われて、身の丈に合わない事をしても失敗するんです。

それが分かったんで、意識を変えました。

「よし、見出しのカスタマイズは改めて挑戦しよう。見出しがオシャレじゃないからって読んでくれない事はないだろう。んで、SEO対策やらなんやらも、今は置いておこう。まずは記事を書いて、出来るカスタマイズだけやって、ワードプレスに慣れる。話はそれからだ。」

そういう風に意識を変えてから投稿したのが、【上手く行かない時の、本当の理由。】でした。

そして、改めて見出しのカスタマイズに挑戦したら、上手く行ったんです!!!

ほら!! これこれ!!見て!

ほら見て!(うっさいわ”笑)

 

上手く行ったので、今までに書いた記事も、見出し部分の編集して来ました(笑)

とくにやり方を変えた覚えはないし、出来なかった原因も不明です。
あれかな、「ちょっと立ち止まって、自分の行動を見直しなさい。」っていう神様からの教えだったのかな?

うん、そういう事にしよう(笑)

【何事も無理をせず、今の自分に出来る事を積み重ねる。】これがとても大切です。
遠回りに見えて、一番の近道。最短距離でそこに行こうとするから、失敗するんです。

出来ない事をやろうとしても、出来ない事ばかりたまってストレスです。
山の頂上から飛び降りて下山するようなもんです。下山した所で昇天しますわ。

出来る事を、しましょう。【急がば回れ】は、真実です。

キーワード選定?SEO対策?SNS活用?んなもん、知るか。
takeちんは、一歩ずつ歩いて行きます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.