【吉祥やまなか】山中温泉にご夫婦・カップルで行くならオススメ!

スポンサードリンク


 

吉祥やまなか

 

こんちは!takeちん@OddTake)です!

いや、超ゆっくりブロガーのtakeちんです。

他のブロガーのみんな、なしてそんなポンポン記事書けるん・・・?(´;ω;`)ウッ…(笑)

 

まぁ良いや。久しぶりにネタが出来たから記事を書くよ。

実は先月、石川県の人気温泉地、「加賀温泉郷」の一つである「山中温泉」に行って来ました!

そこで泊まった旅館がめちゃ良い感じの旅館だったので、久しぶりに【旅館レビュー】を書きます。

特に、ご夫婦・カップルにはオススメの旅館かな?

じゃ、早速行ってみよーう!

(ちなみにこの記事、実は作成2回目です。前に1回作ったのは、何らかの操作方法をミスって消してしまいました・・・( ;∀;)

 

加賀温泉郷の一つ「山中温泉」に行って来た!

今回は京都駅からJRの特急電車、「サンダーバード」に乗って向かいます。

京都駅で電車を待つtakeちん。ワクワクしています。

駅のホームのtakeちん

ちなみにスタバのフラペチーノは僕のではありません。【ツレ】のやつです。
※当ブログではtakeちんの彼女のことを【ツレ】と呼びます。

 

そう、【ツレペチーノ】です。

 

で、お待ちかねのサンダーバードがやって来ました。(写真撮り忘れたけどな。

とりあえず座席で腹ごしらえにミスド。美味かったけど、パイのせいで座席周りが「わっさわさ」になったわ。

車内ミスド

二度と車内ミスドなんか食わんぞ。

腹ごしらえも終わって、そっからは本を読んだりうたた寝をしていたり。。。京都駅から2時間くらいで、石川県の「加賀温泉駅」に到着しました!

ワクワクした気持ちでいると、2時間でもあっという間なのよ。

北陸と言えば雪景色を期待していたのですが、今回は超快晴で雪景色の「ゆ」の字もなかった。

 

ナニコレ超眩しい。昇天しちゃうぅぅぅぅううう。

加賀温泉駅

で、ここから目的地の旅館までは、旅館から出てる送迎バスに乗って行きます。

もちろん、無料っすからね。ただ、シャトルバスの乗車は事前予約が必要です。

takeちんとツレは旅行会社の「日本旅行」で予約したので、日本旅行のスタッフさんが旅館に電話して予約してくれたけど、「じゃらん」などの宿泊予約サイトから予約するなら、自分で電話して予約する必要があると思うので、そこんとこはお忘れなく。

 

ちなみに加賀温泉郷には本当に沢山のホテルや旅館があって、加賀温泉駅のロータリーには色んな宿泊施設の送迎バスが停まっています。

そのバスを見ながら「あれは、どんな旅館なんやろうなぁ♪こっちの旅館も良さそう♪」ってな感じで色々と想像するのも何か楽しい(笑)

 

そこからバスに乗って旅館まで、大体20分くらいでしたね。

週末ということもあってか、車内は満席となっていました。

ツレは電車でぐぅぐぅ寝て、そしてバスでかぁかぁ寝ていました。よう寝るのう(笑)

 

そして今回のお宿・・・・・【吉祥やまなか】に到着しました!

 

【吉祥やまなか】に到着!

吉祥やまなかに到着

まず中に入ると【彼】が出迎えてくれます。・・・まぁ、性別は分からんけど【彼】でええやろ。

彼?

ロビーはこんな感じ。赤を基調とした上品な色合いがグッド。

ロビー

チェックインはフロントじゃなくて、このロビーのテーブルで行う感じです。

テーブルに絵が描いてある。可愛らしい。

ロビー2 テーブルの絵

スタッフさんが持って来てくれたあったかいお茶を飲みつつ、チェックメイト。

違うわ、チェックインを済ませて、お部屋にGOしました。

 

気になるお部屋はこんな感じ!

ランク的には一番スタンダードなお部屋だったと思いますが、このシンプルさが落ち着く。綺麗だしね。

「お~う、綺麗やのう♪」つって、takeちんとツレはブヒブヒ言って喜んでいました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

アロマポットなんかも置いてある( ゚Д゚)これはアロマ好き女子にはウケるやろうなぁ。。

 

そして、この山中温泉に来たら絶対に見て欲しいものがあります。

目の前を流れる【鶴仙渓】の絶景です!

鶴仙渓

これがお部屋から見れるってのは、何とも風流です。

もちろん、旅館・お部屋によっても見え方は変わりますが。

・・・うん、絶景やねん。俺の撮り方が下手糞なだけで、絶景やねん(笑)信じてくれ(笑)

 

ちなみに、今回は超快晴だったので残念ながら雪景色には出会えませんでしたが、運が良ければこんな雪景色に出会えます。

はいこちら、どーん。

雪景色の鶴仙渓

 

こんな雪景色の中にいたら興奮して鼻血出してもうて、いちごのかき氷の出来上がりやで。

ちなみにこの写真は、どこかのサイトの引用とかではありまっせん。

僕が6年前に、家族と山中温泉に行った時に、実際に撮った写真です。(ドヤ

 

そうそう。お部屋に入ってアロマポット以上にビックリな物がありました。

なんと、挽き立てコーヒーが飲めるように、コーヒー豆・コーヒーミル・ドリップペーパーなどのコーヒーセットが置いてありました。しかも、2Lのミネラルウォーターつき。

コーヒーセット

僕とツレはコーヒーが大好きなので、これまたフガフガ言って喜びました。

これは嬉しいよねぇ。「ゆっくり寛いでや~。」って感じがたまらんわ。

が、コーヒーは晩御飯の後の楽しみにしようと言うことになったので、一旦、放置!(笑)

 

次は、お風呂などの館内施設を紹介しますよぃ。

 

お風呂などの館内施設をちょいと紹介。

旅館と言えばお風呂よねー。

男湯

さすがにお風呂の中とかは写真撮っちゃダメですからね。

どんな感じのお風呂かは、公式サイトで見てくださいな。

 

吉祥やまなかのメインのお風呂は、2つあります。

【白鷺の湯】【菊の湯】です。男湯と女湯が時間交代制になってまして、両方のお風呂が楽しめます。

僕は両方入りましたけど、個人的には熱すぎず、ぬるすぎず、丁度良い湯加減だったと思います。

露天風呂からは鶴仙渓が見えるし、贅沢な入浴タイムでした。

サウナもあるから、サウナ好きな人も満足かと。

 

めっちゃ嬉しかったのが、脱衣所に小さめの冷凍庫が置いてあって、お風呂上りに小さな棒アイスが食べられるんですよ。アイス大好きのtakeちん歓喜。
(こん時はオレンジシャーベットの棒アイスでした。うまかった。)

ただし!食べて良いのは脱衣所だけ。お部屋とかへのお持ち帰りはNGだから、そこんとこは守ろうね。

 

ルールを守ってこそ、旅人なのだよ。ふっふっふ。

あと、貸切風呂も3種類あります。その名も【一笑】【竹雀】【友琴】

なんかカッコイイ・・・。

 

貸切風呂は先着順で予約制なので、入りたい方はお早めにフロントで予約してくださいね。

あと、足湯もありました。良いね。

足湯

お風呂はそんな感じかなぁ。あとは、お土産屋さんかな。

結構色んな物が売ってて楽しめた。【九谷焼】【山中塗】といった伝統工芸品も置いてあって、ちょっとした美術館気分(笑)

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

ささ、続いては宿泊者に嬉しいサービスなどなど紹介します。

 

宿泊者に嬉しい色んなサービス。

まずは女性に嬉しい色浴衣。柄、色、サイズも豊富で、帯やら何やらも取り揃えています。

ツレも喜んで着ておりました。

色浴衣1 色浴衣2

冬場は寒いから難しいけれど、色浴衣を着て山中温泉街を歩くのも良いですね。

色浴衣に合う傘もレンタルしてるみたい。

傘

そして、さっきの棒アイスの時点で歓喜していたtakeちんが、更に喜びの絶頂に到達するサービスがありました。

 

なんと、ロビーでお風呂上りのビールを一杯無料でいただけます。しかも【べろべろ】という加賀の郷土料理つき。
(べろべろ、というのは生姜の効いた和風だしに卵を流し込んで、寒天で固めたもの・・・らしいです。)

湯上りビール

ごめん、テンション上がり過ぎて飲む前に写真撮るの忘れたわ。中途半端な写真ですまん。

ごちそうさんでした・・・。

ロビーでは毎日、【山中節】という伝統芸能の公演もあるらしいよ。

山中節の舞台

あと旅館のパンフレットを見る限り、館内の【青竹】というレストランでアフタヌーンティータイムのパンケーキサービスとかもあるらしいね。

それから、ロビーではコーヒー、紅茶、加賀棒茶なども飲み放題。

まぁ、我々はビール流し込んだんですが(笑)

旅館のパンフレット

ところどころに女性目線を意識したサービス精神を感じますね。

大満足ですよ。おもてなし感が半端ナイスぅ。

 

さ、次はいよいよ旅館のお楽しみ!お食事を紹介します!

 

吉祥やまなかのお食事で大満足!

お待ちかねの晩御飯!レストラン3店ありまして、
【加賀料理 べにはな】【鉄板焼き 青竹】【加賀料亭 千尋】です。

お部屋のプランとか、お値段によってレストランは選べる感じになると思う。

 

takeちんとツレは【加賀料理 べにはな】でお食事。

ここは一番スタンダードなレストランだと思いますが、めちゃ雰囲気の良いレストランでご飯も最高に美味しかったよ。

こんな感じで~。

べにはな1 べにはな2

お料理こんな感じ~。

お食事1 お食事2

 

takeちん
ああ、しやわせ・・・

 

天ぷら

そして驚きなのが、なんとこの天ぷらに関しては・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【食 べ 放 題】

です。マジです。オーダーバイキングみたいな感じで食べ放題です。

信じられない。あめいじんぐ、ふぁんたすてぃっく、あんびりーばーぼ。

5種類のお塩を使って食べられるのも嬉しい。

お塩

これなら食いしん坊の旦那さん、彼氏さんも大喜び!もちろん、食いしん坊の奥さん・彼女さんもね。

 

もう、takeちんも本気出したら海老天50尾くらい食えるんちゃうかと思ってたんやけど、他にもお刺身やら蟹やら何やら沢山出てくるから、結局ちょっとしかおかわり出来なかった。くそう(ノД`)・゜・。(笑)

でも、本当に出て来た料理は全部美味しかったよ。お腹も心も幸せで膨らみましたね。

 

あと、接客してくれたお姉さんが可愛かった(●´ω`●)

ツレも「お姉さん可愛い」言うてた(笑)

 

そんな感じで「もう動けない・・・」ってくらいになってお部屋に戻りました。

そんで、挽き立てのコーヒーを淹れて、まったりして、ぶぅぶぅと寝ました。

コーヒー 抜群のだらしなさ

ちなみに、次の日の朝ごはんも【べにはな】でした。

朝ごはんは和洋選べるようになってまして、和食なら【べにはな】。洋食なら【青竹】になりますね。

朝ごはん

 

名残おしいけど、吉祥やまなかとバイバイしました。

あ、それからね、チェックメイトの時間がお昼12時だったんですよ。
(たいしておもろないのにしつこい男やで・・・)

10時チェックアウトとかのお宿もあるだろうけれど、朝ごはん食べた後もチェックアウトまでめちゃゆっくり出来るって贅沢。

 

基本的には11時チェックアウトのお宿っぽいけど、今回の宿泊は12時で対応してくれたみたいです。

ただ、何で12時チェックアウトであったのかは分からんです。プランとか、シーズンとかの問題なのかな?

気になる人は直接問い合わせるべし!

 

そして12時丁度くらいにtakeちんとツレはチェックアウトして、送迎バスに乗って加賀温泉駅まで戻りました。

名残惜しすぎて、帰りのバスの中から吉祥やまなかに向かって手ぇ振ってもうたわ。

 

で、加賀温泉駅からまたサンダーバードに乗って、京都駅まで戻ったとさ。

めでたし、めでたし。

 

楽しかったよ~う。

いんやぁ、楽しかったですね。非常に素晴らしいお宿でした。

しょっちゅうは出来ないけど、たまの贅沢って本当に良いもんですね。

こういうことのために、仕事やら何やらも一生懸命になれるって感じです。

 

ちなみに気になるお値段ですが、京都駅からの往復特急券合わせて、一人「34000円」ほどでした。

もちろん安いとは言えない値段ですが、お値段以上の価値があったと思います!

 

電車の特急券と一緒に予約するなら、「早割特典」などがつく旅行会社がオススメですが、お宿の予約だけ取りたいという方は、下記の宿泊予約サイトなどをご参照くだされ。

 

吉祥やまなかを予約できるサイト

じゃらんnet

楽天トラベル

トラベルコ

一休.com

 

ご夫婦・カップルで温泉旅行を検討中のそこのあなた。

【吉祥やまなか】マジでオススメでやんすよ♪

 

じゃ、またお会いしましょう!takeちんでした!


スポンサードリンク



スポンサードリンク




この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください