【本音を大切に】あなたは、自分の幸せのために生きて良いんだよ。

スポンサードリンク


 

【本音を大切に】あなたは、自分の幸せのために生きて良いんだよ。

PexelsによるPixabayからの画像(加工元画像)

こんちは。takeちん@OddTake)です。

 

珍しく間を置かずに記事を書いていますよ。僕、偉いね。偉い偉い。ばんじゃーい(笑)

このブログで度々書いているのですが、自分を認めたり褒めたりって、とっても大切だと思いますよ。これを【自己承認】と言います。

だって、自分が自分を褒めてあげなきゃ、この世界で一体誰が褒めてくれるのであろうか・・・という訳で今日もtakeちんは自分を褒めます。

 

takeちん
おー、よちよち!

 

はい。そんな感じで(笑)

今回の記事でも、人生とか、生き方について、僕が考えていることを書きたいと思うのだ。そして読んで欲しいと思うのだ。

でも別に僕が言っていることが正しいとかいう訳じゃなくて、あくまで僕の考えってだけなのだ。

あー、ハーゲンダッツ食べたい。これ書き終わったらファミマでハーゲンダッツ買って来ます(とか言ってたらうちのオトンがアイス買って来たから食べます。)

 

自分を幸せにしよう。

人はそれぞれに色んな悩みを抱えていますが、【自分を幸せにすることが出来なくて悩んでいる人】っていらっしゃるんじゃないかなと思います。

これは僕の価値観なのですが、誰が何と言おうと、この世で一番幸せにするべき存在って、他でもない自分自身だと思うんですね。

 

もちろん、人を幸せにするために生きることは本当に素晴らしい。僕だって、救える人がいるなら救いたい。

でもそれは、自分が幸せだからこそ、その幸せが人にも連鎖するってことではないでしょうか。笑顔って、連鎖しますよね。自分の大好きな人が笑っていたら、自分もウレチイ!

 

だけど、人のため人のためと自分では思いながらも、いつの間にか自分自身を犠牲にしてしまっているということはありませんか?

 

自分を犠牲にしてしまっている。

例えば、自分自身の思考・行動パターンを振り返ってみると、こんなことはないでしょうか?

こんな感じ
  • 頼まれると「イヤ。」と言えなかったり。
  • 自分の意見・意思を抑えて、人を優先させてしまったり。
  • 喧嘩するよりも、自分が我慢することを選んでしまったり。
  • 周りからの評価や目線が気になったり。
  • 期待に応えなくちゃいけないと思ってしまったり。
  • あの人に嫌われたらどうしよう?変に思われたらどうしよう?と考えてしまったり。

 

分かりやすい例えで言うと、こんな感じですかね。思い当たる節はありませんか?

ちなみに、これらの思考・行動パターンが悪いということではないんです。

むしろ社会で生きて行くなら、時に空気を読んだり、相手を重んじたり、「ここはグッとこらえて!」みたいな瞬間も必要なことだってあるでしょう。

 

でも、それも行き過ぎると自分自身の

「やりたい!」
「したくない!」
「行きたい!」
「行きたくない!」

みたいな【本音】を押し殺してしまいます。

で、本音を押し殺せば押し殺すほど、辛くなっていくばかりなんですね。

 

どうして本音を押し殺すと、辛くなっていくのだろうか。

本音を押し殺すと【他者の意見・感情・考え方・評価】みたいな物に振り回されてしまうようになってしまい、結果として自分を大切にすることが出来ず、他人から認められることばかり追いかけてしまいます。

自分という存在価値の基準が、他者の中に存在してしまうんですね。

 

そうすると、例えば仕事が上手く行って上司や同僚から認めらえたり褒められたりすると、その時は安心するし、嬉しいです。

「私(僕)って凄い!」って。

でも、仕事は成功もあれば失敗もある。仕事で失敗しちゃったりすると、人から注意されたり怒られたりしますよね?

そんな時、存在価値の基準が他者の中にあると、「こんな自分はダメだ。」とか「あの人に嫌われてしまった自分はダメだ。」とか「期待に応えられなかった自分はダメだ。」といったように自分を責めてしまいます。

 

だから、もっと人に認められようとしたり、人から褒められようとしたり、どんどんどんどん無理をして自分を追い詰めることになり、最後には身体を壊してしまったり、【うつ】になってしまったり・・・。

 

「人のために。」それは素晴らしいことです。

だけど、そのためにあなたが自分を犠牲にする必要なんてどこにもないんです。

あなたが、あなたらしさや、あなたの幸せを無理に手放してまで人のために頑張る必要なんて、どこにもない。僕はそう信じてます。

 

今より少しで良いから、あなたの本音を大切にして欲しい。

何もかも全て、自分第一にすることは難しいかも知れない。

でも、今より何か一つだけでも、自分の本音を優先することって出来るのではないでしょうか?

 

ここで大切なのは、小さなことから始めること。

自分の本音を優先したいからと言って、いきなり「めんどくさいんで仕事辞めますわー。」とは言えないでしょう(笑)

だから、どんなに小さなことでも良いから、自分の本音を大切にしてみるんです。

 

いつも節約してるならちょっとだけ高いお店に食事に行ってみたり。
いつも子供の習い事に送り迎えをしてるなら「今日は自転車で行って来て。」と頼んでみたり。
いつもなら夜更かしして会議資料を作るところをほどほどにして夜の10時に寝てみたり。

 

あなたが思いつく、どんなに小さなことでも良いんです。

そして、本音を優先出来た自分を、たっくさん褒めてあげましょう!

 

takeちん
よくやった!偉いぞ!お前、最高やんか!

 

例え他人から認められなくても、自分で自分を褒めてあげればOKです。

「自分で自分を褒めるって虚しくない?」と思う人もいるかも知れませんが、決してそんなことはないですよ。

何故なら、他人からの評価をコントロールすることは出来ないからです。どれだけ頑張っても嫌われることもあれば、何もしてないのに何故だか好かれることもある。

 

でも、何があろうと、自分はいつだって自分の味方でいられる。最高の応援団長になれる。

あなたには【あなた】という最高のパートナーがいる。

 

本音を大切にして、きっと大丈夫。

何かを達成出来た自分を褒めてあげれば、自信がつきます。

自信がついたら今度は思い切ってハードルを上げて、

 

「残業出来ない?」って聞かれたら断ったり。
いつもなら自分が我慢しちゃうところを喧嘩してみたり。
やりたい事があったら「やめときなよ。」って言われてもやってみたり・・・。

 

あくまで例えですけど、今までなら自分の本音を押し殺していたところを、思い切って本音を大切にしてみる。もちろん、少しずつ、少しずつ・・・。

 

そうすると「何だ。大丈夫じゃんか。」という体験が手に入ります。

 

「大丈夫なんだ!」という体験は、あなたをきっと強くします。

何を怖がってたんだろう。何を焦っていたんだろう。何に縛られていたんだろう。

もう、大丈夫。自分は、自分を大切にして大丈夫なんだ。本音で生きて良いんだ。

 

それがきっと、本来のあなたの姿。

 

今、自分を犠牲にしてしまっていると感じている人がいたら、是非、あなたの本音を大切にして欲しいと思います。

ただ、本音を大切にすると、たまにそれを批判されたり、怒られたりすることはあるかも知れません。

「ワガママ言うんじゃないよ!」とか言われて。

でも、それはそれで仕方がないことなんですよね、きっと。

だって、人それぞれ違う考え方があるんですし、「本音なんか言うもんじゃないよ。」という考え方の人がいてもおかしくないし、その人が悪いという訳ではない。

だから、あなたが本音を大切にするなら、それを批判する人がいたとしても「こういう考え方の人なんだな。」と、受け止めてあげれば良いんじゃないかなと思います。

 

あ、でも遅刻した時に「自分の寝る時間を大切にしたいんで寝坊しました!」って言うのは怒られるだけだからやめましょうね(笑)

それは本音とは言わん。言い訳や(笑)

 

今回のまとめ。

なんか周りが気になる。

この世で生きている限り、【周囲の目線】みたいなものって気になりますよね。

だから迷うし、悩むし、不安になるし、心配になる。

でも、本当に本当に大切な【本音】は、何があっても手放さない。

それは、あなたの幸せそのものだから。

 

それに、とっても優しいあなたが少しくらい自分を大切にしたところで、誰も何も言わないと思います。

むしろ明るくなったあなたを見て、きっと皆も笑顔になれる。

あなたが大切に思う人は、あなたが笑ってる姿を何よりも見たいと思うから。

 

そして、もし、また同じように自分を犠牲にしてしまうことがあっても、もう大丈夫。

だってあなたは、あなたを幸せにすることが出来たんだから。

誰が何と言おうと、あなたは自分のために生きて良いと僕は信じてます。

かけがえのない、あなただけの人生なんだから。

 

じゃ、今回はこんな感じで。またお会いしましょう!


スポンサードリンク



スポンサードリンク




この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください