【人と比較しない】幸せはどこにもない。自分の中にある。

スポンサードリンク


 

こんちは、たけちんです。

 

時々、意味もなく、自分みたいな人間はダメなやつじゃないかって思う時がある。(急に重いな)

特に、周りの人と自分を比較して、ダメだと思う時がある。

そんなこと、ありませんか?

 

自分より優れていると思うあの人と比較して、今の自分には程遠いような憧れの環境と比較して、自分が思い描く未来と現状の自分と比較して。

こんな自分は、ダメじゃないのか。

世の中から必要とされていないんじゃないのか。

そんなことを理由もなく感じて、意味もなく胸が苦しくなる。

こんな時間は無駄だと分かっていながらも、考えることをやめられない。

自分を責めるという行為から抜け出すことが出来ない。

どんどんどんどん、苦しくなる。真っ暗になる。

 

あぁ、俺って生きてる意味あんのかな。

私は、何のために生きてるんだろう。

 

。。。はい!

ってな感じで、そんな気持ちになった経験がある人、いますでしょうか。

今も、そんな想いをしている人もいるかもね。

当てはまるという人は挙手。画面の前で挙手。

※電車の中とか、公共の場所で突然挙手するのはやめましょう。

※交差点で挙手するのもやめましょう。意図せずにタクシー止まってアホみたいな気持ちになります。

※授業中に挙手するのもやめましょう。「おお、やる気マンマンだな!」とか言われて考えるつもりもない問題を先生に解かされます。クラス全員の前で。っていうか授業は携帯しまってちゃんと受けなさい。

※だから家の中とか迷惑にならん場所、自分が恥をかかない場所で挙手しましょう。

 

人と比較して、自分はダメじゃないか。

それはさておき、似たような想いをしている人はどれくらいいるのかな?

自分と周りの人を比較して、辛くなる時がありますよね。

まぁ、人によるんかも知らんけど。全く自分と人を比較することがなく、めちゃめちゃ自己肯定感の高い人かて、おるかもしれへん。

少なくとも僕は、そうではないですね。

僕は人と比較して辛くなること、今まで沢山ありました。ぶっちゃけ今もありますね、情けない話ですが。

でもどうして人は、自分と誰かを比較して、辛く感じるんでしょうね。

 

どうして人は、自分と周りを比較して辛くなるのか。

これはあくまで僕の考えなのですが、自分と周りを比較して辛くなる時は、共通のパターンがあります。

 

それは、自分の周りにいる誰かが、前に進んだのを知った時。

 

周りの誰かが進んでいると、辛くなるんですよね。

誰々が結婚した、誰々がおめでたらしい、誰々が昇進する、誰々が独立する、誰々が転職する、誰かが家を買う、誰かが雑誌のインタビューに載る。。。

何でも良いけど、凄いよね、羨ましいよね。

自分もあそこに行けたら、同じ場所に立てたら。

あぁ、あの人は自分より前に進んでるなぁ。

自分よりも、もっと先を歩いてるなぁ。

あぁ、くやしいよう、そこに行きたいよう。

俺も連れてってくれよう、置いてかないでくれよう。

 

とかつって、自分だけが取り残された気持ちになる。

今の自分と比較して、惨めな気持ちになっちゃうんですよね。

あの人になりたい、あの人みたいになりたい、自分も前に進みたい。

だから「こうしちゃいられない!なんとかしなくちゃ!」と焦って、頑張り過ぎちゃって、無理して行動しちゃったりする。

なのに、あの人になれない、あの人みたいになれない。

こんなに頑張ってるのに!どうして!?

頑張っても頑張っても辛くなるばかりで、何にも上手く行かなくて、結果的には身も心もすり減っていくだけ。

そんな経験があるっていう人、きっと、多いんじゃないのかな。

 

人と比べて落ち込むのは、簡単に出来るけど、無駄なこと。

でも僕は正直ね、人と比べて落ち込むのって、やっぱり無駄なことやと思ってる。

確かに僕も、あんな風になりたいなぁ、こんな風に生きたいなぁと思う人は沢山いる。

だからその人と自分を比較して辛くなることは結構あります。

自分と誰かを比較して落ち込むって簡単に出来ます。比較して自分で勝手に落ち込むだけなんですから。

あの人が出来て、自分には出来ないこと。あの人にはあって、自分には無いもの。

そういうものを数えていけばすぐ落ち込める。5秒で落ち込める。もう、めちゃめちゃ即効性高いよ(笑)

だけどやっぱり、無駄です。

 

だって、自分は、その人じゃないんだから。

 

自分は、自分。「誰か」ではない。

どれだけ頑張っても、どれだけ努力をしても、どれだけお金稼いでも、どれだけ自分を愛してくれる人を見つけても、どれだけ自分が愛せる人を見つけても、人が羨むようなものを見つけても、その人にはなれない。

「誰か」になることは出来ない。

自分は間違いなく、自分でしかない。

その事実があるからこそ、自分という存在を悲しく感じることもある。

だけど、「自分は、自分でしかない。」という事実こそが幸せに繋がってると、僕は信じてる。

あの人みたいになりたいってこと、自分もあんな風になりたいってことはつまり、

 

「あの人が感じているような幸せが欲しい。」

 

ってことじゃないかな。

でもそれって、自分の幸せを、誰かの幸せに当てはめようとしてるだけじゃないかな。

正直、僕は、それでは幸せになれないと思う。

つまり誰かの幸せを追っかけても、自分はその人と同じように幸せにはなれないってこと。

なれない事実ばっかり募って、余計に辛くなる。自分を否定するようになる。

あの人みたいに幸せになりたいと願っているはずが、どんどん幸せから遠ざかって行く。

不思議よね、幸せを求めてるのに、そうなれないって。

 

だから幸せは、自分の中に見つけることが大切。

 

自分の幸せを、自分の中に見つけること。

誰かの幸せとか、誰かが言った幸せじゃなくて、自分の幸せをちゃんと自分の中に見つけること。

そしてそれを、育てていくこと。守ること。

その方がずっと大切。

 

それにね、あんな人になりたいなぁ、あんな風な幸せが欲しいなぁって思ってる時って、その人の幸せそうな一面しか見れてないと思うんです。

その人は、その幸せの裏でとんでもない苦労してるかも知れない。

もしかしたら極貧時代を過ごして来たのかも知れないし、家族との関係が全く上手く行かなかったのかも知れないし、学生時代は引きこもってたのかも知れないし、とても重い病にかかっているのかも知れない。

人には人の数だけ、幸せがあります。だけど、人の数だけ苦労がある。

その人の苦労まで羨ましいなんて言ったら、きっとあかんよね。

だから、簡単に人と比較しないこと。

 

人の人生は千差万別。だから自分だけの苦労があるけど、自分だけの幸せもある。

 

基本やけど、自分らしく幸せに生きたいならこれに尽きるんやと思う。

 

まとめ:人と比較しないことが、幸せになるための大切なポイント

人と比較して辛くなった時、自分がダメだと思ってしまった時は、自分の中にある幸せをちゃんと思い出す。

そして、それをもっかい抱きしめる。

もしかしたらその幸せ、人からしたら、めちゃくちゃ羨ましい幸せかも知れんしね。

そんな僕は今週末、「ツレ」とおうちで「すき焼き」をする予定です。

そして僕は、ツレが大好きです。

 

良いだろー笑

 

すんません、すんません、ほんますんません、二度といいませんので許して下さい。

でもそんなふうに、人の幸せを追っかけることより、比較せず、自分の幸せを抱きしめること。

それは別に大きなことじゃなくて良いからね。どんなに小さいと思えることでも幸せなら、それで良い。

これが、めちゃくちゃ大事。そういう幸せ、見つけてね。あなたはきっと、ダメじゃないんだから。

じゃ、またねぃん。


スポンサードリンク



スポンサードリンク




この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください