頑張らないで行こう!流れに身を任せる生き方のお話。

スポンサードリンク



 

 

頑張らないで行こう!流れに身を任せる生き方のお話。

 

こんちは!生き方探しアドバイザーの、takeちん@OddTake)です!

 

もう、本当にすみません。ただただ更新が遅くなり、本当に申し訳ございませんでした(笑)

いや、決してブログのもろもろのうんぬんかんぬんをほったらかしてた訳じゃないっすよ。

ブログテーマも【stinger8】から【STORK】に変えたし、テーマに沿った外観にカスタマイズもして、ちょこちょこっと記事のリライトも始めました。

なので、さぼっては、いない・・・・・信じてくれ(笑)

 

takeちん
ちゃっちゃと本題に入ろう(笑)

 

さてさて、久しぶりのブログ更新ですね。1ヶ月ぶりやん(笑)

もちろん、自己啓発の記事を書きます!

 

で、何の話をしようか色々迷った結果、この「迷う。」っていう気持ちに注目する事にしました。

生きてると、迷う事って沢山ありますよねー。

もっと具体的に言うと、自分の選んだ事とか、選んだ結果、自分が今やっている事に対して「これでええんか?」って思ってしまう事沢山ありませんか?

 

 

  • この学校、学科を選んだけどこれでええんか?
  • この部活で良かったんか?
  • このインターン先で良かったんか?
  • この会社に就職して良かったんか?
  • この人と付き合いだしたけど、良かったんか?
  • この人と結婚する事になったけど、ほんまにこれでええんか?

 

 

まぁ、分かりやすい例えで言うとこんなんですよね(笑)ほんまにこれでええんか?って思うような事が人生にはたっくさんあります。

 

takeちん
もっとシンプルに生きて行きたいわ(笑)

 

で、それで悩んじゃって悶々とするんですよ。これでええのかなーって。

なんかもっと、【他の何か】があるんじゃないかって、模索するんだけど結局、答えは出ないという。

何となくこのままで良いのか不安なんだけど、かと言ってどうすれば良いのか分からん。

 

だけど、じっとしてもいられないから「何かしなくちゃ!」と思って、何かしら行動に移す。

だけど、なんかやっぱり上手く行かない。そういう経験、ありませんか?

 

今、何月だっけ?もう6月やん、ちゃんと更新せぇよ(笑)

春から新生活が始まった人達とかは、漠然と「これでええんか?」と思って悩んでしまってる人は多いかも知れませんね。

そんな「これでええんか?」に囚われてしまって、もんもんとした日々を過ごしているそこのあなたに読んで欲しい記事です。

じゃ、行くでやんすよ!

 

流れに身を任せる生き方もある。

 

そんなあなたに僕はですね、「流れに身を任せる生き方もあると思うでー。」って事をお伝えしたいです。

どういう事かと言いますと、まずは僕達が生きているこの世の中の【流れ】についてお話させてください。

 

世の中の流れ。

 

世の中の流れでも良いし、人生の流れでも良いか。

この世とか人生の流れって、絶対に【諸行無常】なんですよ。

諸行無常(しょぎょうむじょう)

仏教用語で、この世の現実存在はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。

「諸行」は、この世の一切の事物と現象を指し(有為法)「無常」とは、一切は常に変化し、不変のものはないという意味。

-引用:wikipedia

 

国語の授業で習った平家物語の冒頭部分としても有名な言葉ですね。

分かりやすく言うなら、「【ずーっと同じまんま】って言う事は絶対にない。」っていう意味の言葉ですね。

 

達が生きているこの世や人生において「ずっと同じまんま。」という事は絶対にありえないんです。

目には見えないし実感しにくいのかも知れないけれど、常に何かが変わり続けているのです。

 

例えばだけど、大きな川を船で下っている所を想像してみて下さい。まぁ、船でもカヌーでも。

川を下っているイメージ

ずーっと同じような景色のままだったけど、気が付いたら海に出ますよね。

もしかしたら今この記事を読んでいるあなたは、現状になにかしらの不安や不満を抱えていて、

 

「これでええんかなー。ほんまにこれで良かったんかなー。かと言って、どうすればええかも分からんからなー。でも今のままじゃなんだかなー。」

 

みたいな想いを抱えているのかも知れない。

だったらあなたに伝えたいのは、よっぽど現状が嫌で変化を起こしたかったり、辛かったり逃げ出したかったり心身ともにズタボロでないのであれば、

「とりあえずそのままでも良いんじゃない?」っていう事。

 

だって、さっきも言ったように、世の中の全ての物事は止まっているように見えて動き続けているのだから。

ずっと同じ景色のままに見えても、川を下ってりゃ知らない間に海に出るんだから。

つまり、今の変わらない日々が終わりを告げて、変化する瞬間や、悩みに対する答えが出る瞬間は、生きていれば必ずやって来るという事。

 

だったら無理にどうにかしようと考えたり行動したりするんじゃなくて、その時が来るまで「流れに身を任せてみたら?」っていう事なんですね。

 

流れに逆らう方がしんどいやん。

 

これは僕の経験上の話でしかないんやけど、【流れに逆らった生き方】の方が余計にしんどいと思うんやわ。

ここで言う流れに逆らった生き方というのは、例えば現状を打破する為に無理したり、苦手な事にわざわざチャレンジしたりする事。

 

takeちん
いわゆる、【頑張る】ってやつ。

 

僕の経験上の話でしかないから一概にとは言えないけど、そういう【頑張る】って大概上手く行かないんですよね。

めんどくさいからウダウダとは喋りませんけど、僕もそういう、頑張ってるだけで上手く行かない時期を過ごした経験した事があります。

何で上手く行かないかっていうと、楽しんでないからです。楽しんでないってか、楽しくないんですよね。

僕も、頑張ってた時は全然楽しくなかった。

で、頑張るってのはしんどいだけなんやけど、楽しんでると頑張る必要なんかない。だって、楽しいだけだから、何も考えなくてもどんどん進んじゃうんですよね。

 

上手く行くって、そういう事じゃないのかな?

 

今のままが何となく不安で、不満で、現状を変えたい。

その気持ちはとってもよく分かるし頑張る事が全て悪い訳じゃないと思うんだけど、どうすれば良いかも分からなくて答えだって見えないのに、闇雲に動いた所で何かを得られるのであろうか。

何とかしよう行動して、上手く行かなくて。ほんでまた行動、ほんでまた失敗っていうループに入ってしまいます。

 

川の流れに例えるのであれば、鮭のように流れに逆らって上流に行こうとすればするほど、しんどいよね。

それよりは、ゆっくりとしたスピードで良いから、船でも浮き輪でも乗ってプカプカと下って行く方が圧倒的に楽ですよね。

流れに逆らって生きようとすればするほど、焦ってもがいて苦しんで上手く行かなくなってしまいます。

 

もしかしたらあなたは今、川の流れに逆らってわざわざ辛い生き方を選んでいるだけかも知れない。

だったら思い切って力を抜いて、流れに身を任せる生き方をしてみても良いんじゃないだろうか。

もしかしたら、プカプカと川を下っていった先に、もっともっと良い物が待っているかも知れないよ。

 

探してた答えとか生き方とか、そんなんが見つかるかも知れないよ。っていう事ですね。

 

そんなに頑張らなくて良いよ。

 

まぁ、不安と焦りって、厄介な感情だよね。

周りと自分を比べてしまったり、自己否定からこういう感情が芽生える事は多い、人生ではね。

れが、「このままでええんやろうか?」という悩みに繋がるんだろうね。

だから頑張っちゃう。その不安や焦りを払拭する為に。

 

気持ちは痛いほど分かる。僕だってそういう気持ちは何度も感じて来たし、今だってそう感じる時もある。

人間やもん。そんなパーフェクトに自分の感情をコントロール出来っこないよ。

不安も感じるし、辛くなったり、じたばたしちゃう事があって当たり前。

 

だからこそ、そんなに焦らなくてもええと思うんやわ。

上手く生きられなくて、不器用にしか生きられなくて当たり前やんか。

 

そんなに頑張らなくても、もっと肩の力抜いてゆっくりと生きて良いと思うんやわ。

そんなあなたの事を、誰も怒ったり嫌いになったりする訳じゃないんやし。

 

それにさ、今この記事を読んでくれているあなたが何歳なのか知らないけれど、まぁ仮に健康的な25歳だとしようか。

少なくとも、あと5・60年ぐらいは生きられると思うよ(笑)

まだまだ長いんだよ、人生。なのに、今からあれやこれやと考えて身も心もすり減らしてしまってもどうよ?

 

どんだけ考えても分かんない時はある。答えも何も見えない時がある。

 

人生、どうなるか分からない。

だけどなるようにしかならないし、不安で先が見えないからこそ、考えすぎずにゆっくりと生きる。

そんな生き方でもええと思うんやわ。自分を追い詰めてしまう前にね。

 

いつも言ってるけど、【出来る事だけ】やればええんやで。

出来る事だけやればええんやで。

このイラスト↑にただならぬ【闇】を感じるのは俺だけやろうか(笑)

テキストは自分で挿入したやつやけど(笑)

 

そんな時は、ただ自分に出来る事を、日々、積み重ねて行くだけで良いと思う。

よっぽど辛い事でない限り、ただ学校に行くだけで良いし、ただ会社に行くだけで良いし、ただ家事をこなすだけで良い。

 

出来る事だけを日々やって行けば、その先にまた新しい自分だって生まれている。きっとね。

そんな日が来るのを信じて、今の流れに身をゆだねて生きればいいと思うんや。

世の中はさ、そういう生き方を否定する人も多いのは事実やで。僕みたいな流れに身を任せる生き方をね(笑)

だけど無理せんでええと思うで、諸行無常やもん。

生きている限り、何かが変化する瞬間は必ず来る。それを求めようが拒もうがね。

 

そのまんまでええと思うねん。頑張らずに、流れに身を任せて生きてみるのもええと思うねん。

そんな感じで生きてみて、「やっぱり変化を起こしたい!」と思うのであれば、その時は思う存分行動したらええ。

その時こそ、頑張るんじゃなくて、楽しむ事が出来ると思うよ。多分ね。

ま、いずれ何かが変わる時は来るって事。それまでは、プカプカと流されてみようや。

 

自分に自信を持つ事が一番かもね。

 

結局はさ、「変化を起こしたい!もっと何か別の答えがあるはずだ!」って流れに逆らって生きてしまうというのは、

【今の自分に自信が持てないから】

じゃない?

 

「今の自分のままで大丈夫!」なんてとても思えないから、理想とする【大丈夫な自分】になる為に頑張る。

僕はね、それじゃ順番が逆やと思うんやわ。

「どんな自分でも、何が自分に起こっても大丈夫!」っていう自分になる事の方が先やと思うねん。

 

自信っていうのはね、何かを成し遂げたり、何かになっていたり、何かを手にするからつくものじゃないんだよ。

そういうのってさ、【根拠】があっての自信って事でしょ?

その【根拠】みたいな物を失ってしまった時、また自信がなくなるよね?

「あー、やっぱり自分はダメなんだ。。。。」って。それって、本物の自信と言えるのかな?

 

ほとんどの人が、【自信の根拠】を探す旅をしていると思う。

だけど違うんやわ。自信がすでについてるから、どんな旅だって出来るんだよね。どんな自分であっても、大丈夫なんだよね。

 

そんな自分に先になってしまえば、「何が起こっても、どこに辿りついても大丈夫や~。」って言いながら、プカプカと流れに身を任せて生きる事も出来るかも知れないね。

そんな風にまったりと、それでいてどっしりと構えて生きて行く方が、楽じゃない?

僕は、そんな風に生きて行きたいな。そんな、【根拠のない自信】を持てる人間になって行きたい。

 

まとめ。

 

ってな感じで、【流れに身を任せてみて良いんじゃない?】ってお話をしました。

 

takeちん
相変らず、話長くてすまんのう(笑)

 

なかなかそういう風に生きる事って難しいかも知れないけれど、かと言ってあれこれ考えて行動して、人生が全て上手く行くかと聞かれれば、やっぱりそうじゃないんだよね。

じゃあ、もう、頑張らないでまったり行こうぜって感じ(笑)

 

久々の更新、読んでくれてありがとうね。

takeちんでした、またねぇ♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください