人生、辛い、逃げたい?逃げてええから、逃げようぜ!

スポンサードリンク



 

 

こんにちは!生き方探しアドバイザーのtakeちんです!

最近はずっと、【頑張らない】という事を一つのテーマにして、記事を書いておりますな。今日も、頑張らないをテーマにした記事をカキカキしますぜ。

 

でね、こういうブログに興味を持って、記事を熱心に読んで下さる方は、何かしらの、悩みやら迷いやらを抱えて、辛い想いをされている方なのかな?と思います。

以前は、辛い状況の中にいる方への、エール的な記事もあげました。この二つの記事です。

 

尚且つ、これまでは、頑張らない方が楽とか、完璧主義者は辛いとか、固定観念を手放すとか、そんな事を記事に書いてました。辛い時の、心の持ち方みたいな話をして来たんですね。

でもそれって、あんまり具体的じゃないのかもね。

なので今日は、もうちょっと突っ込んで、具体的にどうするのが良いのさ?ってお話をします。あくまで、僕の考え方なんやけどね。

 

ぶっちゃけで聞きますよ?ぶっちゃけね、その辛い状況や気持ちから、「逃げられるなら逃げたい!」っていう人、いますよね?

これは僕の持論であり人生観なのですが、本当に辛くて逃げたいなら、【逃げて良い】と思うんです。その気持ちや状況から。

本当は逃げたいのに、無理して立ち向かいすぎて、ボロボロのガタガタになってからでは遅いと思うんです、だから、本当に辛かったら、逃げましょう。

「それが出来ひんから困ってんねん。」とは、まぁ、言わずに。

ってか、「困ってる。」って事は、逃げたいって事ですよね?じゃあ、一緒に逃げる方向で考えましょうぜ(笑)

 

人生、辛い、逃げたい?逃げてええから、逃げようぜ!

 

「辛い。」って、言って良いんですよ。

まず、これですね。言って良いんですよ。「辛い。」って言ってしまいましょうよ。

逃げる為の最初の一歩が、これです。

頑張り屋さんって、本音を言う事が凄く苦手やし、言っちゃ駄目だって思ってる方、凄く多いと思うんですね。「本音なんか言うたらあかん、弱音なんか吐いたらあかん、頑張らなあかん、周りに迷惑もかけるから。これが終われば報われるから、救われるから。」みたいに。

で、頑張り続けるんです。その努力を続ければ報われると、誰かが言ってくれた訳でもないし、足を止めたら人生が終わる訳でもないと頭では分かってるのに、逃げられなくて頑張ってしまうんですよね。

ちょっと悲しいけれど。

 

恐らくは、そこから逃げてしまうと、辛いと思っているその状況や環境すら、失ってしまう事が【怖い】と感じているからだと思います。変化に対する恐れ、ですね。

 

例えは悪いけれども、家族の為、お金の為とは言え、いわゆるブラック企業でずっと不満や不安を持ちながら、朝早くから夜遅くまで残業残業。休みも返上して来る日も来る日も働いている場合なんかは、これに近い感情だと思います。

確かに、ブラック企業でも働き先を失えば、資金源を失う事になりますし、転職活動をしてみても、上手い事行くかどうかなんて、分からないですもんね。

加えて愛する家族が居て、家のローンなんかもあれば、余計に難しく感じるのかも知れません。だから、辛い状況を、自分が犠牲になる事で受け入れてしまう。

お金というのは、状況によって人を豊かにも不幸にもする、悪魔の物質ですね(物質っていう言い方で良いのかは、分からん。)

 

気持ちは、とても分かります。どんだけ辛い状況にあったとしても、それを捨てる方が怖いというのは。

でも僕はやっぱり、【苦痛】の先に待ってるのは、【苦痛】だけやと思うんです。

 

苦痛は、苦痛。辛いのは、辛い。

あと、世の中の物事には、意味があるとよく言います。

一見、辛いと思うような出来事や状況にも、意味があると聞きます。

しかしですね、辛い状況って結局は、辛いだけだと思うんですよ。

仮に、その辛い状況や環境、時間に何かしらの意味があったとしても、その渦中にいる内は、意味とやらに気付けないと思うんです。

「この辛さにもきっと意味があるんだ。」って頑張る人も多いと思います。しかしですね、その答えが出るのだって、結局はその辛さから抜け出せた後なんです。

 

じゃあ尚更、そこにいる意味って、もうないと思います。

抜け出さなきゃ、何にも変わらないし、何にも分からないと思うんですよ。その状況にあるからこそ、辛い訳で。だったら思い切って、状況を変えてやりましょう。

 

もちろん、苦痛の先に新しい世界を見つけたり、幸せが待っている事だって、世の中にはあるとは思います。

しかしそれは、辛さよりも、「何クソ!負けるもんか!絶対幸せになってやる!」みたいな希望や、情熱の気持ちが強い場合のみです。

 

困難な状況から抜け出す方法は、乗り越える事だけじゃないです。困難な状況の乗り越え方を模索する事ってあると思うんですけどね。

僕もめっちゃ模索しました。googleで、【困難 乗り越え方】みたいな訳の分からん検索もかけてました(笑)

しかし、「何クソ!やってやる!」みたいなパワーがそもそもなくて、苦痛しか感じられない状況で、壁を乗り越える事なんて出来ないと思うんです。

じゃあ、どうすんの?その答えが、【逃げる】って事なんです。

 

辛いだけなら、もう、逃げましょう。

困難な状況から抜け出す手段は、その困難や壁を【乗り越える】事だけじゃないと思うんです。

どうも、努力・根性論が根強くて、周りの空気を読みすぎたり、気にしすぎたりする日本人は、逃げる事を良しとしない風潮があると感じます。

確かにね、なんでもかんでもすぐ逃げたらダメなのかもですけど、限界があるんですよ。

 

ちょっと想像して欲しいんですけど、あなたは今、登山中です。

そこに、前からめちゃくちゃどデカイ落石が転がって来ました。

ジャンプして飛び越えないですよね。両手拡げて足踏ん張って、受け止める訳にも行かないから、逃げますよね、間違いなく。それと同じだと思うんです。

困難を乗り越える方法や、別の道を見つける方法や、耐え忍ぶ方法をググって探す前に、目の前にどデカイ落石が転がって来てるなら、ジャンプして飛び越えようとするんじゃなくて、避けるなり隠れるなりして、逃げなきゃ!

その落石を既に、両手拡げて足踏ん張って受け止めているなら、手を放さなきゃ!でないと、受け止めるだけで何にも出来ないし、進めないんですよ。

落石に潰されてしもうたら、頂上までたどり着けないし、未来もクソもないです。

 

あくまで例え話なんですけど、伝わったかな?(笑)

 

「逃げる?手放す?そんなの、とんでもない事になる!絶対に無理や!」

その気持ちもめっちゃ分かるんですけど、ほんまにそうなんですか?それって、思い込んでないですか?

極論ですけど、【逃げたら死ぬ】って事はないと思うんですよ。むしろ、そこに居続けたら死んでしまうかもしれないと考えたら、逃げる勇気もわくと思うんです。

逃げる事のリスクを考えてしまうのも分かります、でも、逃げない事のリスクも考えましょう。

それに、ほんまは分かってると思うんです。「こんな事続けてても、意味がない。幸せになれへん。」って。

 

ね。逃げるのは勇気がいると思うし、逃げる事にしたら、誰がなんて言うか分からへんし、どんな大変な事になるか分からへんっていう怖さもあると思います。

それでも勇気を出して、逃げるなり手を放すなりして、落石がゴロゴロと転がっていくのを見送りましょう。きっと、こう感じます。「あっぶなかったー・・・!!!」

ほらほら!九死に一生を得た余韻と驚きにひたってしまう前に、まだ下の方から登って来ている人達に、叫んでください!

「危ないでー!!!逃げてやー!!!」って。余計な犠牲者を増やさないように。

危なかったね、本当に、助かって良かったね。下の方の人達も、あなたに叫びます。「ありがとうー!!!」

 

ここで、更に想像してみて下さい。落石を見送り、無事に登山を続けられるあなたがいます。

で、周りを見渡してみましょう。木々の緑が美しくて、晴れた空の青さと、お日さんの光が眩しくて、土と空気の匂いが優しくて、動物達の鳴き声に癒されて。

とても綺麗ですね。今まで落石ばっかり見てたから気付かなかったけど、こんなに綺麗だった。

そして、この山の頂上に、どんな景色が待ってるんやろう。なんだか少しだけ、ワクワク・ドキドキしませんか?

それが、世界は拡がってるって事なんですね。

 

これを人生に当てはめると、逃げたからこそ解放されて、状況が良くなる事もあるって事なんです。逃げたからこそ、違う世界に出会ったり、今まで気付けなかった幸せに気付いたりする事だってあると思うんです。

それは心の平穏に繋がります。心の平穏こそが、人生に幸せをもたらす大切な事だと思ってます。

自分の幸せと、命を守る事が、第一なんですよ?だから、逃げるんです。逃げる事も、強さです。

 

まとめ

  • 辛いなら、「辛い。」と言おう。
  • 苦痛は苦痛。辛いのは、辛いだけ。
  • 自分の幸せと、命が一番。逃げましょう。
  • 逃げるのも強さです。勇気を出して、転がって来た落石を見送ろう。

 

本当に辛かったら、僕は、逃げて欲しいんです。

その第一歩が、「辛い。」っていう、本音を言う事です。

そう感じている自分を認めてあげましょう。声に出してあげましょう。自分の心に蓋をして、終いに自分を壊してしまうような事になってからでは、遅いんです。そこから、逃げる方向にシフトして行きましょう。

そして今度は、信頼できる人にその本音を伝えましょう。

自分で独り言のようにつぶやくままでは状況も変わりにくいけれど、それを人に伝える事が出来れば、状況は変わると思います。

 

この記事の最初の方で書いた、ブラック企業で満身創痍で働く、旦那さん、もしくはお父さんの例え話で言うと、思い切って「会社やめたい。」って、奥さんに伝えてみてはどうですか?って事です。

伝えるのが怖いのも分かります。でも、あなたが壊れたら元も子もないんです。あなたの事を心の底から愛してくれている奥さんなら、きっと分かってくれますよ。

れに、「やめたい。」って言ってくれるのをずっと待っていただけかも、知れないですよ?

立ち向かう事だけが勇気ではありません。特に頑張り屋さんには、逃げる勇気を、もっと持って欲しいんです。

 

登山中のどデカイ落石を見送ったあなたは、晴れて自由の身です。新しい人生のスタートです!

ただ、一つだけ残念なお知らせがあります。

自由になったから全てが安泰かと聞かれたら、そうではないです。

新しい人生を形作るなら、それなりに辛い事も起こるかも知れないし、またしても苦労するかも知れないし、「なんでやねん!」っていう不運に見舞われるかもしれません。

人生って、訳わかんないです。一つ試練が終われば、また次の試練。そんないやらしい物を、神様は平気で鼻をホジホジしながら与えて来ます。ちくしょう、神様め(笑)

でも、あなたはもう大丈夫。逃げる勇気を出す強さを知ったんだから。ヤバくなったら逃げる。それを分かってるだけで、とてもリラックスして、人生を歩んで行けると思います。

それに、「あんな辛い状況に比べれば、こんなのマシだ!」っていう、強さだって持てたかも知れません。

ただ、その強さを過信して、また頑張り過ぎんといてね(笑)

 

何度も言うけど、あなたの幸せと命。これが、一番大切なんです。

それを覚えていて下さいね。忘れそうになったら、思い出して下さいね。それか、またブログに遊びに来て下さいな!いつでも、待ってるで!(笑)

 

では、またお会いしましょう!takeちんでした!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください