心配事の「96%」は実現しない。今考えても分からないことは、考えなくて良い。

スポンサードリンク


 

心配事の「96%」は実現しない。今考えても分からないことは、考えなくて良い。

こんちは、takeちん(@OddTake)です!

僕はね、すぐ色んなことを考えて心が苦しくなってしまうことが多いんですよ。

 

色んなことを考えて、苦しくなる時もあるよね。

主に考えるのは、将来のこと。

考えてしまうもん。

 

「あぁなったらどうしよう、こうなったらどうしよう。」

「あれが上手く行かなかったら、これが失敗したら。」

「もしこうなったら嫌やなぁ、もしこうなったら立ち直れへんなぁ。」

「あーあー、どうしよ。。。」

 

そんな風に、不安なこと、心配なこと、嫌なこと、考えたくもないこと、考えて、不安になります。

 

もちろん不安というのは、希望の裏返しです。

希望と不安は常に表裏一体。

自分の未来に希望を持っているからこそ、望んでない未来になってしまったらどうしようかと不安を感じてしまうのです。

そういう意味では、未来に希望を持ってる自分を大切にしたって良いと思う。

でも、この不安な気持ちとか、将来に対する心配な気持ちはほんまにどうにかしたいよね。

どうにもならへんから余計に苦しいんやろうけれど。

心配したって、意味はない。でも心配するのも、人間。

ただね、頭では分かってんのよ。

こんな心配したって何の意味もないって。

何のメリットも、自分にとって素晴らしい効果をもたらしてくれることもないって。

ただ、不安や心配な気持ちが膨らむほど自分が疲れて行くだけ。

ほんと、それだけ。

 

多くの人が知ってると思うけれど、心配事や不安なことの96%ぐらいは実現しないと言われています。

つまり僕たちはそのたった「4%」のために神経をすり減らしてまで頭を悩ませ心を苦しめ自分を追い詰めているという訳です。

なんかそう考えたらさ、

 

「アホくさっ!」

 

って、ちょっと思わん?(笑)

いや、なかなかそういう風には思えへんやろうけど、僕は自分がこういう状態に陥っていた時は大概後になって「アホくさっ!」とか思うんです。

事実、アホくさいんやと思う。

起こるかどうかも分からない不幸な出来事を心配して、来るかどうかも分からないくらい未来を想像してボロボロになるまで、僕たちは心配事とか不安なことに囚われているのです。

なのに、なんでこんなにアホくさい時間を過ごすのか。

アホくさいとわかっていながらも、考えることをやめられないのか。

不安や心配事で、心を支配してしまうのか。

 

それは、よく分からない。

 

僕は脳みその専門家じゃないし、心の専門家でもないから、理由は分からない。

でもただ一つ言えるのは、人間ってそういう生き物なんやろうと。

そして、今考えても分からないことは、もう考えなくても良いんじゃないかってこと。

 

今考えても分からないことは、もう考えなくて良い。

考えてしまう理由なんか知らないし、何でそうなるのかなんて僕には分からない。

でも、今考えたって分からないことは、もう、考えなくて良い。

どうなるか分からないことは、もう、考えなくて良いよ。

そんな未知数の物に頭を使ったところで、所詮は「4%」ぐらいの話やん?

そんな低い確率で起こるかどうかも分からへんことに人生の時間を使うことはないよ。

そんなことで自分を苦しめなくて良い。

 

だって、「96%」は心配しなくても、不安に思わなくても、悩まなくても、大丈夫なんやから。

 

それにさ、未来はどうなるかさておき、よくよく客観的に「今」という瞬間を見つめてみたら、案外悪いことは起きてなくて「大丈夫」だったりする。

 

そういう、「大丈夫だなぁ。」と思える「今」を積み重ねていけば、きっと未来は大丈夫だよ。

 

色々考えて、辛くなる時もある。

それでも、どうなるかも分からないことは、もう、考えない。

それで良いと思う。

じゃあ、またね。たけちんでした。


スポンサードリンク



スポンサードリンク




この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください