心配性の人へ。心配事の「96%」は実現しない。心配や不安を手放して生きよう。

スポンサードリンク


 

心配事の「96%」は実現しない。今考えても分からないことは、考えなくて良い。

 

こんちは、takeちん(@OddTake)です!

今回は【心配性の人】に読んで欲しい記事を書きます。

これは知っている人も多いと思いますが、心配してることって「96%」は実現しないと言われているんです。

つまり心配性の人って、たった「4%」の可能性に頭も心も支配されていることになるんですね。

たった4%の可能性に囚われてしまって、自分の人生を犠牲にしなくても良いんです。

自分の中にある「心配」や「不安」を、少しでも手放して生きていきましょう。

じゃ、行くでやんすよぅ!

 

心配性って辛い。色んなことを悲観的に考えてしまって、辛くなるばかり。

心配性って辛い。色んなことを悲観的に考えてしまって、辛くなるばかり。

言わずもがな、心配性って凄く辛いですよね。

色んなことを悲観的に考えてしまって、マイナスのイメージに頭が支配されてしまう。

もちろん心配性の人自身も、「心配したって意味がない。」って頭では分かってるんですよ。

だけど、心配することを止められない。

止めたくても止められないから、辛くなるんですよね。

その気持ち、物凄くよく分かります。

これまでの記事でも何度かお伝えしていますが、takeちんも物凄く【心配性】なんです。

「あぁなったらどうしよう。」

「こうなったらどうしよう。」

不安なこと、心配なこと、嫌なこと、考えたくもないこと。

そんなことに、頭が支配されることがあります。

身も心もボロボロに疲れて行くばかりで、心配しても良い事なんか、一つもないですよね。

だけど、そんな心配性の人に、僕から伝えたいことがあります。

心配や不安。それは、希望の裏返しなのです。

心配や不安。それは、希望の裏返しなのです。

そうなんです。

 

心配や不安というのは、【希望の裏返し】なのです。

 

ポジティブとネガティブ。

陰と陽。

吉と凶。

光と闇。

これらと同じように、「心配や不安」と「希望」は常に表裏一体なのです。

心の底では自分の未来に希望を持っているからこそ「望んでない未来になってしまったらどうしよう。」と不安を感じてしまうのです。

 

希望を持っているポジティブな自分を、もっと大切にしてあげてください。

だから、そんな風に未来に希望を持っている自分のことを、もっと大切にしてあげて欲しいと思います。

心配性の人って、自分のことが嫌いかも知れない。

こんなネガティブな自分なんか、好きになれへんと思ってるかも知れへん。

でも、あなたは確かに自分の人生に希望を持って生きているんですよ。

そんなポジティブな一面を持った自分のことを、もっと大切にしてあげてください。

 

ネガティブになってしまう自分のことは、もっともっと大切にしてあげて下さい。

どっちかと言うと、こっちの方がポイントかも。

心配や不安に囚われて、ネガティブになってしまう自分のことは、もっともっと大切にしてあげて下さい。

人間って、自分の好きなところや良いところは大切にするけど、嫌なところや悪いところって大切にしないですよね。

でも、ポジティブもネガティブも両方持って生きているのが、人間です。

これは切っても切り離せない関係やから、どちらかを嫌っているばかりでは、結果として自分自身を否定し続けることに繋がります。

それでは、人生が苦しくなって行くばかり。

だから心配や不安に囚われてしまう自分のことだって、今よりもっと大切にしてあげて下さい。

僕は、心配や不安が自分の中で膨らんで来たのを感じたら、自分の胸に手を当てて話しかけたりします。

「大丈夫大丈夫。心配することもあるで。心配するぐらい、頑張って生きてるんよな。お前はようやってるで。お前のペースで生きたらええんやからね。」

例えばこんな感じでちょっとこっぱずかしいけど、自分に話しかけたりします。

バカバカしいかも知れんけど、僕はこれが自分に出来るようになってから、めちゃくちゃ気持ちが楽になったんです。

今までは、ネガティブで心配性な自分のことを許せなかったんです。

弱い自分を認められなかったんです。

だから苦しかったんですよ。

でも、どうしても心配や不安に囚われる時ってあるじゃないですか。

そんな自分のことを「それでもええやん。」と認めてあげられるようになってから、ネガティブな自分と向き合えるようになったんです。

ネガティブな自分でも良い。

心配性な自分でも良い。

そう考えられたら、ネガティブな自分のことだって、大切に出来ますから。

 

どんな自分のことも大切にすれば、自己肯定感という最強の武器が生まれる。

どんな自分のことも大切にすれば、自己肯定感という最強の武器が生まれる。

どんな自分のことだって、大切にしてあげる。

これはめちゃくちゃ大事なポイントです。

心配性の人って、自分を大切に出来ていない人も多いやろうから。

なかなかすぐには出来ないと思うので、少しずつで良いから、自分を大切にしてあげましょう。

自分を大切に出来たら、【自己肯定感】という最強の武器を育むことが出来ます。

自己肯定感っていわば、自分への信頼なのです。

自分の人生を信じることに繋がっているのです。

少しずつでも自分の人生を信じることが出来れば、「どんなことがあっても自分は大丈夫。」と思えるようになります。

大丈夫だと思えるから、少しずつ「心配」や「不安」を手放すことも出来ると思うのです。

自分のことを大切に、自己肯定感という最強の武器を持って、これからも歩んで行こう。

例え「自分を大切に出来ない。」という感覚が生まれても、そんな自分すら、大切にしてあげて下さいね。

 

心配事の「96%」は実現しない。たった「4%」の可能性に振り回されなくて良い。

そして、最終的にはこれです。

えらい現実的な話をしますが、冒頭でも言ったように心配事の「96%」は実現しないと言われています。

つまり僕みたいな心配性の人は、たった「4%」の可能性に頭も心も身体も支配されているのです。

そう考えると、逆に心配に囚われてしまう方が非現実的ですよね。

たった「4%」の可能性に振り回されてしまい、自分の人生の時間を、奪われなくて良いのです。

だから結論はやっぱり、心配しなくて良いと思うんです。

 

それでも心配してしまうなら、「今を生きる」ことを大切にしよう。

それでも心配してしまうなら、「今を生きる」ことを大切にしよう。

それでも心配してしまう。

そんなこともありますよね。

それでも心配してしまうなら、「今を生きる。」ことを大切にしましょう。

似たようなこと、他の記事でも沢山言ってるのでアレですが(笑)

今を生きず、まだ何にも分からない未来のことばかり考えてしまうから、不安や心配に囚われてしまうんです。

だからそんな時は、「今」という時間に意識を向けましょう。

どれだけ心配や不安に囚われてしまっても、意外と「今は大丈夫。」っていうことも多いと思うんです。

今大変なことが起きている訳じゃないし、今最悪の状況という訳じゃないし、今は安全に生きてたりする。

「あ、今は大丈夫だな。」という時間を積み重ねて行くことが大切なのです。

いつも僕が言ってることなのですが、未来は、今という時間の積み重ねです。

「大丈夫だ。」と思える今を積み重ねるから、大丈夫な未来がやって来るのです。

心配や不安に囚われてしまったら、今を生きることを意識する。

良かったら、試してみて下さい。

 

今回の記事のまとめ。

今回のまとめ。

心配や不安は、希望の裏返し。

ポジティブな自分も、ネガティブな自分も、大切にする。

自己肯定感を育めば、心配や不安を少しずつ手放せる。

心配事の96%は実現しない。4%の可能性に振り回されなくて良い。

それでも心配なら、今を生きよう。

ということで、今回は心配性の人に向けた記事を書いてみました。

どれもこれも僕なりの考え方なのですが、参考にしてもらえると嬉しいです。

少しずつで良いから、不安や心配から解放された人生を歩んで行けたら良いですね。

じゃ、またお会いしましょう!takeちんでした!


スポンサードリンク



スポンサードリンク




この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください