【5つのポイント紹介あり】自分らしく生きるための基本は人と比較しないこと。

今回は自分らしく生きて行くための【基本中の基本】について記事を書きます。

takeちん
へい、みんな。takeちんだよ。

基本過ぎて「何を今更言うてんねん。」と言われるかも知れませんが、案外難しいことなんですよね。

それでいてめちゃくちゃ大切なことなんで、是非、最後まで読んで下さいね。

今日のテーマ:自分らしく生きて行くための基本について

自分らしく生きるための基本は【人と比較しないこと】。

自分らしく生きて行くための基本中の基本。

 

それが、【人と比較しないこと】です。

 

まず、自分らしい生き方や自分らしい人生ってのは、他者と比較した先に見つかるようなものではありません。

自分なりに一生懸命に生きて行く先で、自然と見つかるものなのです。

だから自分らしく生きたいのであれば人と比較することは避けたいのですが、どうしても僕達は比較してしまうことがあるんですよね。

 

例えばブロガーさんなんか、他のブロガーさんと自分を比較して苦しむことも、よくあるのではないのでしょうか。

「あの人のブログは沢山の人に見てもらっているのに、自分のブログと言えば・・・。」

「あの人はブログで物凄い金額を稼いでいるのに、自分ときたらたった〇〇円やないか・・・。」

みたいなね、あるあるです。

僕もよくあります(笑)

 

どうして人は自分と他者を比較してしまうのか。

そもそも、どうして人は他者と比較してしまうのでしょうか。

 

ありがちなケースとしては、自分に満足(もしくは納得)出来ていなかったり、自分を認めていなかったりと、自己肯定感が低いと比較しがちです。

 

逆に自己肯定感が高い状態であれば、他者と比べるという発想自体があまり出て来ません。

 

とは言え、一切の非が無い【完璧な人生】なんて世の中には無いのも事実じゃないですか。

誰しもが、自分自身や自分の人生に対して、何かしらの不平不満を抱いています。

だからこそ、自分より優れている(ように見える)誰かと比較してしまうんでしょうね。

takeちん
正直、こんな記事を書いている僕自身、自分と誰かを比較して落ち込むことはありますよ。

非常にお恥ずかしい話なんですけど(笑)

なので、自分と他者を比較しまうことがあるのは、人間として仕方がないことでもあります。

それは至って普通のことなので、人と比較して苦しんでいる自分を、責めないであげて下さいね。

 

人と比較しないための5つのポイントを紹介

ただ、可能な限り人との比較を減らすことが出来れば生きやすくなりますし、自分らしく人生を歩んで行くことが出来るのも事実です。

そこで今回は、人と比較しないために僕が意識しているいくつかのポイントを紹介しますので、良ければ参考にして下さいまし。

 

その➀ 自分は誰かにはなれない。

まず1つめが、【自分は誰かにはなれない】ということです。

 

例えば自分の目標とする人や、憧れの人がいたとしましょう。

その人みたいになるためにどれだけ頑張っても、足掻いても、もがいたとしても、その人になることは出来ないんですよ。

本人の意思の強さとか努力次第で【近づくこと】は出来るかも知れませんけれど、完全に自分以外の誰かになることは出来ません。

受け入れ難い部分もあると思いますが、自分は、自分でしかないのです。

自分と誰かを比較して、自分以外の誰かになろうとしても、余計に苦しみが増えるだけです。

それよりは、たった一度きりの自分の人生を、自分なりに生きて行くことの方が大切です。

 

そもそも【自分らしい人生】とは言い換えれば【オンリーワンの人生】ではないでしょうか。

 

僕やあなたが手にしたいと思っていたのは、そんなオンリーワンの人生だったはず。

だったらなおのこと、「自分は誰かにはなれない。自分の人生を大切に生きよう。」という気持ちを持って欲しいなと思います。

誰かになるのではなく、自分という存在を受け入れて、自分の人生を一生懸命に生きること。

これが、1つめのポイントです。

 

その➁ 憧れの人や目標とする人の【辛さ】までは背負えない。

2つめはこれ。

 

憧れの人や目標とする人の【辛さ】までは背負えない。

 

ということを意識しましょう。

「背負えない。」という言葉と写真が一致してないけど(笑)

 

それはさておき、「憧れの人や目標とする人の【辛さ】までは背負えない。」ってちょっとイメージしにくいですよね。

じゃあ、1つめのポイントで、自分は誰かにはなれないということをお伝えしましたが、今度は逆のパターンを想像しましょう。

例えばですが、自分が、憧れの人や目標とする人に【なれた】とします。

その人の仕事、その人の年齢、その人の見た目、その人の経済状況、その人の住環境、その人の人間関係、その人の人生。

全てひっくるめて、【完全にその人になれた】ことを想像してみて下さい。

一見すると、幸せなことかも知れませんね。

 

しかーし!

 

ここでもう一度、考えてみましょう。

全てひっくるめて、完全にその人になるんですよ?

もし、その人がとんでもない額(億単位)の借金を抱えていたら?

もし、その人の家庭環境が実は最悪だったら?

もし、その人が難しい病気や身体の不調を抱えていたら?

もし、その人が愛する人との死別を経験していたら?

その人にとって非常にネガティブで「めちゃくちゃ辛い。」と感じる部分まで全て、その人になるんですよ?

 

その【辛さ】まで背負えるんでしょうか?

 

その辛さを背負ってまで「あの人になりたい!」なんて言えるんでしょうか。

少なくとも僕はそこまでして「誰かになりたい。」なんて思いませんし、その辛さを想像すると軽々しく「あの人になりたい!」なんて言っちゃいけないと思っています。

ね、そういうことなんですよ。

あなたにとって憧れの人も、目標とする人も、どんな人であってもポジティブな部分とネガティブな部分の両方を持っています。

むしろ、人から憧れの対象とされたり、目標とされることが多い人ほど、他人には想像もつかないような辛さを背負っていたりします。

ここがイメージ出来ると「あの人になりたい。」なんて軽々しく思わないようになりますし、「そう考えると自分はそこそこ幸せかも知れない。」という事実にも気付いたりするんです。

 

自分は誰かにはなれないし、なった所でその人の【辛さ】までは背負うことが出来ないんですよ。

 

難しいんですけれど、この部分を大切に出来れば人と比較することなく、「自分の人生を大切にしよう。」という気持ちを持てるようになります。

これが、2つめのポイントです。

 

その➂ 情報を見過ぎない(特にSNS)

3つめのポイントは、情報を見過ぎないこと。

 

ただでさえ情報過多社会なんですから、自分にとって不必要な情報まで入って来てしまい、疲れてしまうのがこの社会の一つの弊害ですよね。

takeちん
特にtwitterとか、SNSは人と比較して辛くなりやすいので要注意です。

 

例えば誰かが「ビジネスが上手く行った!」とか「ブログのアクセス数がどんどん増えています!」とか「転職活動が上手く行きました!」みたいなハッピーなことを発信しているとしましょう。

それに対して「おめでとう!」と思いつつ「良いなぁ、それに比べて自分は・・・。」と比較して辛くなってしまうのはよくあること。

 

SNSだけでなく、【自己啓発本】とかも要注意です。

本の内容とかにもよりますけど、著者と自分を比べて辛くなったり、本に書いてあることを上手く実践出来なくて落ち込んでしまうことも、よくありますからね。

 

こんな感じで情報を見過ぎてしまうと、自分と周囲を比較して辛くなってしまうことがあるので、「情報はほどほどに見る。」という意識を持っておくと、少し楽な気持ちで日々を過ごせると思います。

これが3つめのポイントです。

 

その➃ 自分が手にしている物を数える。

4つめは【自分が手にしている物を数える】ことです。

 

人との比較って【不足感】から生まれる事も多いんですよ。

「あの人にはあれがあるのに、自分にはない。」みたいな感じですね。

小学校の頃、誰もがオカンとこんなやり取りをしたのではないでしょうか。

 

「なぁなぁ、なんでたかし君の家はプレステあるのにうちはないの?うちもプレステ買おうやぁ。」

「うちはうち!たかし君の家はたかし君の家!ええさかいに、はよ寝ぇ!」

 

という、こんな会話ですね。

確かに、自分に持っていない物を人が持っていると凄く羨ましい気持ちになります。

だけど、無いものは無いんです。

それをねだっても辛くなることの方が多いんですよね。

オカンが正しいのです(笑)

 

なので、自分に無い物ではなく【自分が手にしている物】を数えることが大切です。

 

で、自分が手にしている物っていうのは何も、大きな事じゃなくて良いんです。

凄く小さな事や、自分が当たり前だと思っている事で良いんです。

例えば衣食住がある事、スマホを持っている事、仕事がある事、健康体でいる事、友達がいること、恋人や配偶者がいる事、熱中出来る趣味があること、家にプレステがある事など、本当に何でも良いんですよ。

 

そんな風に自分が手にしている物を数えて行くと、「案外、自分も色んな物を持ってるんやな。」と気付くことが出来ます。

こうすることで自然と不足感が減り、自己肯定感が高まって行くんですね。

んで、自己肯定感が高まると、人との比較はあまりしなくなります。

自分が手にしている物を数えることも大切なので、4つめのポイントとして意識してみて下さいね。

 

その➄ 【誰か】じゃなくて【何か】を見る。

これが最後のポイントです。

 

【誰か】じゃなくて、【何か】を見ましょう。

 

ここで言う【誰か】とは他人であり、【何か】とはあなたの目標や目的のことです。

人と比較して苦しい時って、目標や目的を見失っている状態なんですよね。

本来は自分の目標や目的に向かって歩いて行けば良いだけなのですが、いつの間にか誰かと比較することばかりに目が行ってしまって、苦しくなっているんです。

 

最初のポイントでもお伝えしましたが、手に入れたいのは【オンリーワンの人生】のはずです。

 

それを手にしたいのであれば【誰か】を見るのではなく、【何か】を見ましょう。

自分にとっての目標・目的・夢。

何でも良いのですが、あなたが手にしたいと思う何かを見ましょう。

そうすれば人と比較することは、自然と少なくなって行きます。

あなたにとってのオンリーワンな人生のためにも、あなたの中にある【何か】をもっと大切にして下さいね。

これが、5つめのポイントね。

 

まとめ

今回のまとめ
  • 自分らしく生きるための基本は【人と比較しないこと】。
  • 人と比較しないためのポイントを意識することが大切。
  • その➀ 自分は誰かにはなれない。
  • その➁ 憧れの人や目標とする人の【辛さ】までは背負えない。
  • その➂ 情報を見過ぎない(特にSNS)
  • その➃ 自分が手にしている物を数える。
  • その➄ 【誰か】じゃなくて【何か】を見る。

ってな感じで今回は、自分らしく生きるための基本中の基本、【人と比較しない】というテーマで記事を書きました。

人と比較しないことはめちゃ大切なのですが、それでも、どうしても人と比較して辛くなる時もあります。

そんな時は、この記事で書いた事を思い出して貰えたら嬉しいです。

あなたらしく人生を歩んで行くことを願っています。

またね、takeちんでした。