ついてない時に励ましてくれる曲。Daniel Powter/Bad day

 

ついてない時に励ましてくれる曲。Daniel Powter Bad day

 

こんちは!takeちん@OddTake)です!

 

前回の記事に続き、今回もtakeちんオススメの、ネガティブな気分の時に聴いて欲しい曲を紹介します。

・・・いや、こんな記事を連続で書いてるからと言って、takeちんがネガティブばっかりの人間という訳ではないからそこは分かってやってください(笑)

 

人間誰しも、落ち込む時がありますよね・・・。

当たり前の話をしますけど、嫌な事があったりムカつく事があったりして、落ち込む時ってありますよね(ノД`)・゜・。

そういう時って、なかなか元気になれないもんです。

僕もそうです。何かちょっと嫌な事があったりするとすぐに落ち込んじゃって「あー、うー。」ってずっと言ってます(笑)

そして、「誰かこんな僕ちゃんを構ってくれないかしら?」と何かしら誰かが慰めてくれることを期待しています。

 

takeちん
だいぶ面倒くさい男やな(笑)

 

なんせ落ち込むのは仕方ないことですが、それでも、少しずつ元気になって行くことが大切だと思うのですね。

無理に頑張って元気を出す必要はないですが、落ち込んでばかりもいられないというのも、事実だと思います。

ただ、それは誰しもが理屈では分かってるかと思います。

「分かってるけど、そんな簡単に元気になれへんわ!」

ということではないでしょうか。

 

そんな時にちょいとオススメしたいのが、音楽を聴くことです。

どうしてオススメかと言うと前回の記事にも書きましたが、音楽が人に与える癒しというのは、理屈じゃないんですね。

音楽というのは、人間の聴覚を刺激して、脳みその一部である「旧皮質」という所に届きます。

旧皮質とは人間の「快・不快」といった感情など、本能的なものを司る部分です。

 

音楽を聴くだけで涙が出たり勇気が出たりするのは、その人の本能的な部分に癒しを与えているから。

ということなのですね。

 

悩み事を色んな人に相談しても解決しない、むしろ余計にモヤモヤした経験ってありませんか?

あれは恐らく相談された側が、アドバイス解決策を提示しているだけだからです。

「こうしてみたら?あれはどう?これはどう?」みたいな。

それって結局、ただの理屈の話でしかないんですよね。

理屈では、人は癒されないと思う。その人の気持ちとか、想いとかを癒してあげることが大切。

 

ということで今回は、ちょっと落ち込んじゃってるそこのあなたへ、本能をグデングデンに癒すであろう曲を紹介します。

例によって、選曲は僕のセンスです(笑)

 

良かったら、聴いて行ってくださいな。

 

Daniel Powter/Bad day

はい、こちら。結構、古い曲ですけどね。

Daniel Powter(ダニエル パウター)の【Bad day】

 

2005年にリリースされた、Daniel Powterのファーストシングルなのですが、なんとファーストシングルにしてアメリカの音楽産業におけるシングル人気チャート【Billboard Hot 100】で5週連続1位を獲得するなど、全世界で大ヒットした曲です。

主にピアノの弾き語りスタイルで帽子がトレードマークなので、そのスタイルから【ピアノマン】と呼ばれているそうです。-参考:Wikipedia

 

せっかくなので、まずは前半の歌詞の和訳を紹介。

とあるWebサイト様で素敵な和訳を掲載されていましたので、引用という形で紹介いたします。

Where is the moment we needed the most
一番大切な瞬間っていつなんだろう?

You kick up the leaves and the magic is lost
落ち葉を蹴り上げたら魔法は解けてしまったんだ

You tell me your blue skies fade to grey
きみは言ったね、青空は灰色に曇ってしまって

You tell me your passion’s gone away
情熱もどこかに消えていってしまったんだって

And I don’t need no carryin’ on
もうこれ以上、無理をして続けなくていいんだ

You stand in the line just to hit a new low
まるで運命で決まっているみたいにまた落ち込んで

You’re faking a smile with the coffee to go
テイクアウトしたコーヒーを片手に作り笑い

You tell me your life’s been way off line
思った通りの人生にはなってくれなくて

You’re falling to pieces every time
ボロボロになるまで頑張っても結果は出なくて

And I don’t need no carryin’ on
でももうこれ以上、無理をして続けなくていいんだよ

Cause you had a bad day
だって、今日はついていなかっただけさ

You’re taking one down
またひとつ落ち込んでしまっても

You sing a sad song just to turn it around
悲しみの歌をうたって気分を紛らわす

You say you don’t know
そんなことないってきみは言うけれど

You tell me don’t lie
嘘なんてつかないでよ

You work at a smile and you go for a ride
でもきみはまた笑顔を作って、出かけていく

You had a bad day
今日はちょっとついてなかっただけだよ

The camera don’t lie
写真には本当の姿が写っている

You’re coming back down and you really don’t mind
もうすぐ運も向いてくるから、気にするなよ

You had a bad day
だって、今日はついてなかっただけなんだもの

You had a bad day
ついてなかっただけなんだよ

引用:【歌詞和訳】Bad Day / Daniel Powter – バッド デイ / ダニエル パウター みんな元気が出る優しい洋楽

 

うーん、歌詞を読んだだけでもちょっと涙出そう。

それに、彼の歌い方がなんというか、語り掛けるような感じに聞こえるんですよね。

「そういう時もあるよ。」って、友達が励ましてくれるみたいに。

とある男女の何気ない日常を切り取ったPVも、なんだか見ていてほっこりします。

「あー、みんな、この世界で頑張ってんだな。」って、そんな風に思えます。

 

生きていると、「なんでこんなに上手く行かないんだろう。」と思う時がある。

何をやってもダメ。先が見えなくて、これから先が良くなって行く気がしない。

こんなにダメな人間は、不幸な人間は自分だけじゃないかってくらいに感じちゃって。

 

そんな時、そこから何とか抜け出そうと思って、無理に頑張ってしまう人は多いと思います。

無理して自分を追い込んでしまう、真面目で頑張り屋さんな人が。

頑張らなきゃ、ダメなような気がして。頑張らなきゃ、人に嫌われる気がして。頑張らなきゃ、上手く行かない気がして。

頑張らなきゃ、頑張らなきゃ、頑張らなきゃ、頑張らなきゃ、頑張らなきゃ・・・・・・・・。

 

 

もう、良いんだよ。

もう、無理しなくて良いんだよ。

もう、頑張らなくて良いんだよ。

もう、十分、頑張ったじゃないか。

もう、大丈夫だよ。きっと、良くなって行くから。

ついてなかっただけだよ。

 

 

そんな風に優しく包み込んでくれるのが、この曲だと思います。

そう言われても、すぐには力を抜けないかも知れない。まだまだ、頑張ってしまうかも知れない。

だけど、どれだけ頑張っても上手く行かないなら、いっそ、立ち止まってみてはどうでしょうか?

 

ついていなかったんだよ。無理しなくて良いんだよ。

頑張っても頑張っても上手く行かないのは、頑張りが足りないんじゃなくて、もう、頑張るのを辞める時。

もう、自分自身を傷つけることを辞める時。

自分で言うのもなんですが、僕はかなり真面目で頑張り屋さんです(いや、ほんまやて笑)

僕も色んな事が上手く行かなくて、何とかしようとして頑張りまくって自分を傷つけて辛かった時があったのですが、この曲を聴いて救われました。

 

生きていると、辛くて堪らない時があると思います。

だけど、頑張り続けても結局は自分自身を痛めつけるだけだと思うのです。

何よりも、自分自身の心と身体を大切にして欲しい。僕は、そう思っています。

 

だから、辛い時には、是非この曲を聴いて欲しい。そして、こんな風に思ってもらえたら。

「ついてなかったのさ。」

今は辛くても、大丈夫。焦らず、無理せず、頑張らずに、また歩き出そう。

きっと、上手く行く時がくるから。

 

この曲が入っているアルバムはこちら↓

 

じゃ、今日はこの辺で。takeちんでした、またね!

この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください