パクリブログに負けるな!ブログが盗作された時の対処法を紹介!

スポンサードリンク



 

パクリブログに負けるな!ブログが盗作された時の対処法を紹介!

こんちは!生き方探しアドバイザーの、takeちん@OddTake)です!

 

takeちん、なんとブログの盗作被害に遭ってしまいました。

そして上の画像はブログを盗作された事が発覚した瞬間のtakeちんを再現したものです。

いくつかの記事をとあるブログにパクられていると気付いたのですが、その時の僕の慌てようと言ったらもう、なんか見苦しいくらい(笑)

まぁでも、実際焦ったわ。どうしようどうしよう!ってなったわ(笑)

とりあえず、「ブログ パクられた」みたいな感じでググったら、同じような被害に遭っている人の記事が沢山出て来たのでびっくり!

結果のスクリーンショット

 

くそう、こんなにも沢山の人がブログの盗作によって困っているなんて、許せん!

人が心を込めて、一生懸命に頭を使って、知恵を絞りだして書いた記事を何だと思っている!それをコピペしただけで、さも「私が書きました!」みたいな態度を取りやがって。

ちなみに今回、takeちんのブログをパクっていたのはこのブログ。

これがパクリブログ(http://koichan888.net)の記事↓

パクリブログの記事。

 

で、こっちがtakeちんのブログの記事です↓

takeちんのブログの記事

 

ほら、明らかにパクってるでしょ!?僕じゃないと思いつかないような表現とか文章ばっかり!

タ、タイトルまで思いっきりパクっていやがる↓

タイトルまでパクっていやがる。

 

こっちがtakeちんの記事のタイトル↓

タイトルまでパクられたよ!

 

他にも10記事以上パクられていたんです。

しかも、別の記事(僕のブログ記事をパクってるやつ以外の記事)のタイトルで検索してみたら、どうやら他のブログやWebサイトからも記事をパクリまくってるみたい!

コピペでパクってる記事をただひたすらに公開しているだけの、クソブログだったのよ!

 

takeちん
Fu〇k You!!!!!

 

ふざけやがって。こうなったら俺も徹底的に戦ってやる。絶対にパクリブログを、パクリ記事をぶっ潰してやる。

この時の僕は、まるで燃え盛る炎のようでした。

 

という訳で、本来ならパクリブログの管理人に「てめぇ、コラ、クソ野郎。しばくぞ、アホんだらぁ。」って言いたかったけど、感情的にならずに努めて冷静に今回の事件に対処した結果、パクリブログに完全勝利したので、その全貌を記事にすることにしました。

結果的に、僕のブログをパクっていた記事は、パクリブログの管理人本人によって削除されました。

 

ですが、パクリブログ自体は、まだ性懲りもなく【運営】されているみたいです。まぁ、人の記事パクるだけで運営なんて言えるのかどうか微妙やが。

 

皆さんのブログやWebサイトのコンテンツも、もしかしたら盗作被害に遭うかも知れない。同じような被害に遭われた時に、この記事が何かの参考になれば凄く嬉しいです。

パクリブログに負けるな!悪い事するやつには、正義の鉄槌を下してやるぜ!

 

そもそも、どうしてパクられている事に気付いたのか。

そこが気になりますよね。

WordPressを実際にやっている方には伝わりやすい話だと思うのですが、【Jetpack】というアクセス解析をやってくれるプラグインを使用していると、『リファラ』という項目を閲覧出来るようになるのです。

リファラというのは簡単に言うと、ユーザーがtakeちんのブログにアクセスする時に利用した、リンク元の情報の事ですね。

下の画像を見ると、どうやってアクセスされたのか、色々表示されてるでしょ?ブログの読者さん達がどういう手段を使って僕のブログに遊びに来てくれたか、分かるようになっているんですね。

リファラ

ある日、その中に見慣れない【ドメイン】が表示されているのを発見したんです。気になってアクセスしてみたところ、そのドメインこそが、今回のパクリブログのドメインだった訳です。

 

takeちん
おい、マジかよ!クソッタレめ!

 

ここから、僕の打倒パクリブログの戦いが始まりました。

 

最初の対処法!パクリドメインからのアクセス拒否!

まず、【.htaccess(エイチティーアクセス)】というファイルを使って、パクリブログのドメインからのアクセスを拒否するようにしました。

【.htaccess】っていうのは、まぁ、Webサイトにアクセス制限をかけたりする事の出来る、便利なファイルの事です。

気になる人はググってください。僕もあんまりよく知らないから(笑)

 

僕は自分のブログをエックスサーバーで運営しているんですけれど、エックスサーバーには簡単に、自分の独自ドメインの【.htaccess】を弄れる機能が備わっています。

その機能を使って、パクリドメインからのアクセスを拒否する設定を加えました。

具体的に説明すると、【.htaccess】というファイルの中に下記のような記述を追加しました。

こんな記述
Order allow,deny
allow from all
deny from koichan888.net(今回のパクリブログのドメイン)

ちなみにこれがどんな記述なのかってのを説明しますと、

 

『基本的にどんなアクセス元からのアクセスも許可するよ!だけどクソッタレ【パクリブログドメイン】からのアクセスは断固拒否!』

 

という記述です。【.htaccess】の弄り方は、すまんが各自ググってくれ(笑)

これで、とりあえずパクリドメインからの直接的なアクセスは拒否することが出来ていたのだと思う。ただ、これは大した効果は発揮できなかったです。

そりゃそうよね。直接アクセスしなくても、パクリブログの管理人が、検索エンジンとか使って僕のブログにアクセスして来たら意味ないもんね。まぁ、このアクセス拒否はやらないよりマシかなって感じです。

 

次に僕が取った手段は、相手が使っている【サーバー会社】への通報でした。

ブログ盗作時の対策を紹介している記事はWeb上に沢山あるのですが、色々と読む限り、これが最高にして最強の手段みたい。

で、結果的に言うとこの判断が正しかったのです。相手側のサーバーがしっかりと対応してくれましたから。

 

次の対処法!相手のサーバー会社に通報!

まず、相手がどこのサーバーを使ってるかを調べる必要がありますよね。

恐らく、一番簡単なのはSEOチェキ!というサイトを使うことです。

このサイトでパクリブログのURLを入力すると、相手が使っているサーバーがすぐに分かります。

こんな感じで。

SEOチェキ!の検索結果

 

うーん、相手はロリポップかぁ。同じエックスサーバーユーザーなら、もう少し話が早かったのかも知れないけれど。

ウダウダ言ってても仕方ない、ロリポップに通報しました。

 

おたくのサーバーで運営やっとるこのブログ、ただのパクリブログやぞ!削除せぇや!

 

と、申し立てたわけです。で、ロリポップから来た回答のメールがこちら。
(なんかどの画像も画質微妙ですまん笑)

ロリポップからの回答

 

ほうほう、そういう専用のフォームから手続きをしやがれという事か。

よし分かった、やってやろうじゃねぇか。でも、めんどくせぇなぁ。。。(笑)

【1】「プロバイダ責任制限法ガイドライン」に基づいた書面・郵送でのお手続き
【2】「権利侵害に関する削除依頼フォーム」でのお手続き

このメールを読む限り、どちらかの手続きを選べと申しているようでござるな。

書面と郵送での手続きはめんどくさそうだから、Web上で手続きが完了する【2】の方法で手続きを行うことにしました。

 

【2】の方法に記載されているURLにアクセスしますと、「パクリブログの記事を削除してくれ」という申請を行うための、専用フォームのページに飛びます。

ここでの申請方法はサーバー会社によって違いがあるだろうから、特に詳しくは書かない事にしますね。

今回のロリポップの場合は、専用フォームで以下のような事を質問されるから、それに対する回答を記載した上で申請するって感じでした。

 

こういう質問をされました
  • サーバー会社にどんな事を要求するの?→パクリブログの記事を削除してくれ
  • どんな権利を侵害されたの?→今回の場合だと、著作権やな
  • 権利侵害しているページの情報教えて?あと、なんで権利侵害って言い切れるの?→俺のブログと見比べろや!どう見てもパクリやんけ!
  • 住所と名前教えて?あ、別に公開はしないから安心してちょ。→OK、特別に教えてやろう。
  • 免許証とか、本人確認書類の画像データくれる?あ、適切に取り扱うから→OK、特別に送ってやるよ。

 

みたいな感じの事をフォームに記載して、完了。ざっくりしててすみませんね。

もし、同じように盗作被害に遭って、サーバー側にこういう削除依頼の申請をする時は、何か分からない事があればサーバー側のカスタマーセンターに問い合わせるのが一番早いと思います。

僕も何回かロリポップに問い合わせましたけど、丁寧に教えてくれましたね。

ロリポップさん、その節はどうもありがとう。

 

削除依頼の申請をする時の注意点。

ちなみにこういう削除依頼の申請ってのは『必ずしも申請が受理されて、サーバー側がパクリブログに対して、何らかの処置を取るという約束は出来ない。』というものらしいです。

申請している本人が、『本当に嘘偽りなく正しい情報を根拠に、削除依頼の申請をしているかどうか。』

そういうのを判断する審査とかあるんでしょうね。いたずらの申請とかだったらサーバー側としては受理は出来ませんし。

だから、もしこういう削除依頼のフォームで申請する場合は、

 

権利侵害の被害に遭っている根拠やら情報やらをかなり詳しく記載した方が良い。

 

かと思います。ちゃんと対応してくれないと困るもんね。

 

そんなこんなで、何とか申請を終わらせた訳です。

この時点で、6月26日(火)。パクリブログを発見してから10日は経ってました。何のんびりやってるんだ、オイラ・・・。

ま、あとは結果を待つのみでした。

 

申請から2週間くらい経っているのに返事がまったくない!!!

申請してから2週間くらい経って、7月7日(土)となりました。わーい!七夕だぁ!

 

アホか!そんなんどうでもええねん!

 

まだ何の返事もない!そんなに時間かかるもんなの?と気になったオイラはロリポップに問い合わせました。

 

takeちん
あのー、どんくらい時間かかります?
お姉さん
最低でも1ヶ月くらいで何かしら返答出来ると思いますよー。

 

結構、時間がかかるもんだなぁ。何か他の対策もやっておいた方が良いかも。

そう思ったオイラは、Googleにもパクリブログの記事の削除申請を行う事にしやした。

 

次の対策、Googleにパクリブログの削除申請や!

削除申請つっても、インデックスから削除されるってことなんで、検索結果には表示されなくなるという意味なんですね。

やり方はとっても簡単です、削除申請フォームのページから申請するだけです。こんな感じのフォームです。

Googleの削除申請フォーム

 

記入にあたって、注意点がいくつかあります。

【著作権対象物を特定する情報とその著作物の説明】という項目ですが、入力文字数に制限があって、500文字までです。

なおかつ、恐らくですが【半角】で500文字です(笑)日本語だと250文字になります(笑)

僕が申請した時は日本語400文字くらいでも申請出来なかった。

 

だから、かなり簡潔に記載する必要があります。記載方法の例文も書かれてありますんで、それを見ながらやってみて下さい。

 

それから【当該著作物が許可を受けて掲載されている場所】という項目には、【自分のブログや記事のURL】

【権利を侵害している著作物の場所】という項目には、【パクリブログやパクリ記事のURL】を記載しましよう。

これを間違えないようにね。

 

その他の項目も入力し終わったら、完了。Googleの対応を待つだけとなりました。

ちなみに、Googleへの削除申請が終わると、こんな感じのダッシュボード画面が閲覧できるようになるはず。

削除申請のダッシュボード

ここで、削除申請の進捗が確認できるので、ちょくちょく確認してみてください。

スクショでは切り取っていますが、【削除リクエスト】ってところに自分が申請したやつの進捗状況が表示されます。

 

そして!ついに動きがあった!

それは7月10日(火)のことでした。ロリポップからこんなメールが届いていました。

ロリポップからの完了報告

 

うぉぉぉおぉぉおあgqらあfhげrtr!!!(意味不明)

 

依頼したパクリ記事が削除されたみたい!

試しに上のメールの画像に記載されてるURL全てにアクセスしてみたら、確かに記事が削除されていて「ページが見つかりません」と表示されました。

サーバー側がパクリブログの管理人に連絡を取って、それを受けた管理人が自分で削除したっぽいです。

 

takeちん
オラァァァァァアアア!!!

takeちん!!!完・全・勝・利!!!

 

早速、ロリポップにお礼のメールを送りました。

こんなに感謝の言葉を述べることはないっていうくらいに「ありがとう」と書きまくったメールを送りました。いやもう、ほんとに嬉しかったんです。

ちなみにGoogleの削除申請のダッシュボードを確認してみたのですが、申請したパクリブログの記事のURLは全て「コンテンツが見つかりませんでした。」と表示されていました。

コンテンツ見つかりませんでした

 

どうやら、わずかにサーバー側の対応の方が早かったみたい。Googleが対応しようとしてくれた時点で、すでにパクリ記事は全部削除されていたみたいですね。

喜びのあまり、ツイートしてしまいました。

 

パクリブログ管理人!ざまぁ見ろ!ボケがぁ!(口悪い。。。)

 

良かった良かった。今回の事件が発覚してから解決するまでずっとモヤモヤしてたし、本当にスッキリしました。

うんこ出してもこんなにスッキリする事はないですよ(最近、うんこネタの多いtakeちん)

 

落ち着いて対処して、解決まで辿り着く事が出来た自分を褒めてやりたいです。

よう頑張ったな、俺。これにて、一件落着!

 

 

 

・・・・・と思っていたのですが。

 

パクリブログ、まだパクってる模様(笑)

はい、この画像を見てください。上がパクリブログの記事タイトル。下が、パクリ記事の本文ですね。

パクリ記事のタイトル↓

パクリ記事のタイトル

 

パクリ記事の本文↓

これがパクリ記事の内容

 

んで、こっちがtakeちんのブログの記事タイトルと、その本文ね。

またパクられたやつのタイトル

 

これがパクられた記事の本文。


またパクられたやつの本文

 

性懲りもなくまたパクってるわ。これを発見したのは、7月16日(月)です。

ロリポップから連絡が来てから6日しか経っていないと言うのに・・・。

しかもこいつ、ちょっとブログの見た目リニューアルしてる(笑)

 

こいつも暇人よのう。ま、ええわ。こっちはまた同じ手段を取るまでよ。

ってな訳で、またサーバーに通報する事から始めます。めんどくさ(笑)

 

パクリブログの管理人へ。

この記事を読んでいるかどうかは分からんが、君に言いたい事がある。

君のようなクソッタレのアホンダラにも、生き方探しアドバイザーの僕から言いたい事がある。

 

なんかね、僕としてはもう、怒りを通り越して君が哀れで仕方がないよ。

 

君は僕に嫌がらせのつもりでやってるのか、それとも全く反省してへんだけなのかは知らんけど。

ただ、そうやって、人の物を盗むことしか出来ないのかい?

そんなまやかしのコンテンツで、人に何かを提供出来ると本気で思ってるの?人に与えられる価値があると思ってるの?

君がどういう生き方をしてるのかは知らんけど、もし、君が何かしらネットの世界であったりビジネスの世界で成功したいとか、そういうビジョンを抱いているのだとしたら、遠回りかも知れないけれど、一回で良いから本気で自分で記事を書いてみたら?

君のブログが全て人様の記事をパクってるだけなのかどうか、中にはちゃんと自分で書いてる記事もあるのか、それは知らんけど。

 

知らんけど、君のことなんか。

 

でもな、人の記事パクるなんてしょうもないことやってる暇があったら、自分で書いた方が良いと思うよ。

その方がブログって楽しいし、本気で書いた記事は、確かに人に価値を与えられるんだよ?本物のファンだって出来るんだよ?

 

つまりはね、【豊かな人生】を運んで来てくれるんだよ?遠回りが、成功への一番の近道って知ってる?

 

これは僕の推測やけど、君はもしかしたら【社会】とか【人間】とかに対して、『恨めしい』とか『憎い』とか『信じられない』っていう気持ちが強くあって、それをぶつけたり解消するためにこういう事を繰り返しているのかも知れないね。

自分の足で歩いて生きる事から逃げて、人を傷つけて自分は楽をして生きる世界を選んだのかもね。

だけどね、それは間違ってるよ。今すぐに辞めた方が良い。

 

もし僕の推測が当たっているなら、君はこんな事を繰り返せば繰り返すほど、暗い世界から逃げられなくなってしまうんだよ。

嘘を守るために嘘をついて、人の物を盗んで、嫌なもので自分を塗り固める、そんな人生しか歩めなくなってしまうんだよ。

政治家とかにもそういうのおるやろ?バレバレの嘘ついて信用も何もなくなってるのに、自分の地位や財産を失ってしまうのが怖くて、意固地になって嘘を繰り返したり、人のせいにしてるやつ。

 

見ていて、みっともないと思うやろ?今の君、それと一緒やで。一言で言うと、ダサい。

 

もしかしたら、もう自分でも気づいてるかも知れないね。本当は悪い事してるって。

だけどその政治家と同じで、そんな今の自分でも失ってしまうのが怖くて、意固地になって悪い事を続けているのかも知れないね。

なんかね、僕には君がそんな人間に見える。

 

それが当たってるのかどうかは知らないけれど、どちらにせよ君がやってる事は間違ってる。

人も傷つけるだけじゃなくて、自分の事もどんどん傷つけているんだよ。そんな事やってるぐらいなら、馬鹿正直に生きてみたら?その方が、嫌な事もあるけれど、気持ち良いよ?

まず、それかな。僕が君に言える事は。あとな、もう一つ、ええ事教えたるわ。

 

世の中ってな、よう出来てるねん。

 

何が言いたいかと言うと、悪い事したらそれ相応の報いがあるし、良い事をすれば温かいご褒美がやって来るのが世の中の仕組みやねん。

そして、これの面白いところは、【どちらも水面下で進んでいて目には見えない】って事。

いつかその時が来れば、自分の行いの結果が、いきなり自分の目の前にやって来るよ。

 

だから、もしこのまま悪い事を続けるなら、水面下でちゃーんと報いを受ける準備が進んでるから、楽しみにしておき(笑)

 

とりあえず、僕から君に言いたい事はそれだけ。

ま、生き方は人それぞれだから、そうやって暗く生きるならそうすれば良い。僕は止めないわ。

君がパクる度にサーバーやGoogleに通報するだけ。以上。分かった?

 

まとめ。パクリなんかに負けるな!

ブログがパクられた時の対処法の記事なんだけど、いつもみたいに自己啓発の記事になってしまった(笑)

それはさておき、ブログがパクられた時の対処法としては以下の3つをオススメします。

 

オススメの対処法
  • パクリブログ(サイト)からのアクセス拒否!
  • 相手側のサーバー会社に通報!
  • Googleに通報!

 

で、個人的にはですが、パクリブログの管理人に直接コンタクトを取って警告するような事は辞めた方が良いかと思います。

場合にもよるので一概には言えませんが、こういう事をするアホンダラは何を話しても通用しなかったり、逆上して脅して来たり、下手に連絡先を知られてもめんどくさい事になりそうなので、僕は避けた方が良いかと思ってます。(僕も今回、直接的には一切、コンタクトを取っていません。)

なので、こちら側で淡々と対処して行きましょうね。

 

あと、僕もイライラして危うかったんだけど、決して感情的にならない事。

 

こっちが感情的になってしまって、そこにツケこんでくる輩だっているでしょう。努めて冷静でいましょうね。

パクリブログ被害に遭っているブロガーの皆さん、もしくはまだ被害に遭っていないブロガーさんもパクられる可能性があるから言っておきたいんだけど、決して負けないで下さいね。

 

決して、どんなに面倒でも、相手に屈しないでくださいね。

 

ネットの社会ではこういうのは日常茶飯事らしいから、全てを防ぎ切る事は難しいかも知れないけれど、もしこんな被害に遭ってしまったら、ちゃんと対処しましょう。

大丈夫、悪い事してるのは相手なんだから、ちゃんと対処すればちゃんと解決しますよ。(僕はまだパクられてるけどな笑)

 

引き続き、パクリブログに対しての処置は取って行きますので、また何か進展があったら報告しますね。

僕はこんな風なノウハウ記事が苦手やから、有益な情報を与えられているか不安やけれど、良かったらこの記事を参考にして下さい♪

 

それから最後になってしまうのですが、今回の事件で

 

  • 「パクられた時の対処法書いてる記事見つけたよ!参考にしてみて!」
  • 「とりあえずGoogleに通報したら?」
  • 「パクリブログのtwitterアカウントとブログ教えて下さい。パクってる事を拡散してやりましょう。」

 

みたいな感じで、連絡やコメントを下さったtwitterのお友達の皆さん、本当にありがとうございました。

皆さんの為にも、きっと負けませんからね!

じゃ、またお会いしましょう!takeちんでした!

 

※今回の事件で、参考にさせていただいた記事はこちら。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください