【固定観念を捨てよう!】ブログも人生も、余計な荷物を捨てたら楽になる。

スポンサードリンク


 

 

こんちは、takeちん(@OddTake)です!

 

そしてちょっと遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

takeちんブログ、またしてもリニューアルします!

このブログを読んで下さっている方々はもう気付いたかと思いますが、またしてもブログをやり直すことにしました。

ブログをリニューアルするだの何だの言って、結局ブログを全く更新してなかったので、この機会だからもっかいやり直そうと思って、今までの記事も全部削除しました。

何度も同じことを、しかも今回は告知なくやってすみません。。。(前は真面目にtwitterとかで予告してから記事削除しました。)

こういう風に何回もやり直すことは、もしかしたら他のブロガーさんには「アホか君は。」と言われるかも知れんけどね(笑)

まぁ、それは仕方がないと思ってます。

それに、そもそもこのブログをずっと更新していなかったのには理由があるのですが、その理由がまたびっくりするほどアホ丸出しなんです。

僕がブログを更新していなかった理由はね・・・

 

めんどくさかったんですよ(真顔)

 

ブログを続けるって、ぶっちゃけ面倒だと思うことはありませんか?

そうです、ごめんなさい。

結論から言うと、ブログを続けるのが面倒だったんです。

ブログを続けるのってよっぽど書くのが楽しく感じるとか、もしくはブログを書くことによって達成したい野望みたいなもんがないと、相当続けるのが難しいんじゃないんだろうか。

そう思うのは、僕だけ?

とにかく、ブログを続けている人って凄いですよ。

それこそ1日1記事で更新してるブロガーさんなんかほんまに凄いと思う。

マジで怪物やと思う(誉め言葉です)。

僕は無理やったんです、継続することが。

「めんどくさい。」という非常に原始的な気持ちに負けてしまいました。

特に、WordPressで運営すること自体が難しい。

特に、WordPressで運営すること自体が難しい。

しかもこのブログは言わずもがな【WordPress】で作成しているのですが、WordPressでブログを運営すること自体が、凄く難しいですよね。

各種設定やら、プラグインの導入やら、テーマの導入やら、カスタマイズ、記事を書く時のキーワード選定やら、SEO対策やらなんやら、Googleアナリティクスとの連携やら、Googleサーチコンソールとの連携やら、Googleアドセンスの申請やら、やることいっぱい過ぎて・・・。

 

ほぼ、白目になってブログ更新してた感じです。

 

だから、Wordpressブロガーさんは特に凄いと思う。勝手に尊敬してる。

ちなみにこのブログを書き始めたのは、2017年の11月ぐらい。

当時は「自分に出来ることを情報発信して、困ってる人々の力になりたい!」という強い想いを持っていたけど、ブログを書くという行為自体がどんどん面倒になって、気が付けば放置しておりました。

どれだけ強い想いを持ってても、めんどくさいという感情は、その想いする凌駕してしまうのか。

いや、僕の信念が弱いだけよね・・・。

 

そもそも、どうしてブログを書くことが面倒に感じるようになったのか。

今となっては記事がない状態まで削除してしまいましたが、これでも私、このブログで通算100記事以上は書いています。

もちろんブログを書いてる時は楽しく感じるし、誰かに読んでもらって、コメントやメッセージをいただいたりすると、とても嬉しい。

それでもブログを書くという行為自体は、いつも面倒だと感じていましたけど(ノД`)・゜・。

 

特に僕は、SEO対策が大っ嫌いなんです。

 

そんなもんやるつもりはさらさら無いと言っても過言ではないくらいに、めっちゃ嫌いです。

多分、今後もSEO対策は特にやらないです。

それでいながら以前、月間1万PVまで行きそうだったので、ようやった自分を褒めております(笑)

だってブログの本来の目的って、楽しむことじゃないですか。

それなのにSEO対策とか、なんでそんなめんどくさいことを考えなあかんねん。

ただひたすらに書いたらええだけやんか。

正直、僕はそう思ってるんですよ。

 

とはいえ、アクセス数は集めたい!

 

なので、分からないなりにSEO対策を行った上でブログを更新して行きました。

ところが僕のやり方が悪いだけなのでしょうが、アクセス数はある一定の所まで行くとそこから伸びないんですよね。

その頃にはSEO対策以前に、記事ネタも尽きてくるし。

「何か書かなきゃ。」と思ってやみくもに記事を書いたりするけど、その記事も全然面白くなくて。

書いては消し、書いては消しの繰り返し。

そんなことをやっている間に、「めんどくさい。」という気持ちばかり募ってしまって。

「ブログで人の力になりたい!」と誓ったあの想いはどこへやら。

気が付きゃ、ブログをほったらかしている状態でございました。

そして、今に至る訳です。

 

そんな僕が、どうしてブログをやり直すことにしたのか。

そんな僕が、どうしてブログをやり直すことにしたのか。

WordPressでのブログ運営はクッソめんどくさいのですが、自分の想いを発信する、表現する、誰かに伝えるという行為自体は好きなんです。

だからブログはめんどくさいと思いつつ、「何かしたいなぁ。」という想いはずっと僕の中でくすぶっていました。

なので、もう一度ぽつぽつとブログを始めてみることにしたんです。

 

再開にあたって、ブログを続けるための「条件」を自分に設けました。

ただし、今回はブログを再開するにあたっての条件を設けました。

 

それが、「面倒なことは極力しない。」ということです。

 

SEO対策やら何やら、Wordpressでブログを続けて行く上で僕が「めんどくさいなぁ。」と思うことはあまりしないつもりです。

ここで話がちょっと戻りますが「ブログで誰かの力になりたい。」という想いは、今も持っているんです。

自分に発信できることで誰かが喜んでくれたら嬉しいし、それが自分の励みにもなりますから。

ところが以前の僕はその想いが強すぎた(というか空回りしていた)んです。

「沢山の人の力になるには、有益な情報発信を行うには、色んなことを頑張らなくちゃいけないんだ!」って、堅苦しく考えていたんです。

でも、僕はITやWordPressやネットワーク関連の知識はほぼありません。

そして、そういうことを考えたり実行するのもめちゃくちゃ苦手です。

偉そうな話ですが、人間って苦手なことや不得意なことに立ち向かうのを、物凄く嫌う生き物やと思うんです。

もちろんそうじゃない人はいるやろうけど、僕は苦手なんです。

苦手なことに立ち向かうのが大っ嫌いなんです。

でも「何かをしたい。」という想いはくすぶっている。

その中で、どうやってまたブログを再開させるのか。

 

そこで出た答えが「面倒なことはしない。」というものでした。

 

僕がブログを少しでも続けていくにあたっては、これ以上の条件はございません。

面倒なことはしない。記事を書くことに集中する。自分が少しでも楽しんで続けるために。

それに、僕の中でブログは楽しんで書くことが第一です。

自分にとって楽しくないブログは、続ける理由が一つもない。

そういうことです。

 

固定観念を捨てたら、人生でもブログでも、きっと楽しめる。

固定観念を捨てたら、人生でもブログでも、きっと楽しめる。

急に真面目な話をしますが、僕みたいに「〇〇しなくちゃいけない。」とか「〇〇でなければ行けない。」とか「〇〇しなくちゃダメだ。」っていう【固定観念】に囚われてしまってる人は多いんじゃないかなと思います。

でもそういうのって、心が苦しくなるばかりやと思う。

自分を追い詰めてしまうものだと思います。

「〇〇しなくちゃいけない。」って思い込んでることは、大概は【誰かの価値観】【誰かのルール】だったりするし。

固定観念に囚われている時って、いわば【他人軸】に縛られていることも多いと思うんですよ。

だから生きるのが辛くなる、自分らしく生きられないから。

でもそんな風に自分を追い詰める生き方は、もうしなくて良いと思う。

固定観念、他人軸の考え、そういう自分に重くのしかかってる荷物、降ろして良いよ。

そういう荷物、実は誰かに背負わされたんじゃなくて、自分で背負いこんでるだけのことも多いから。

「背負わなきゃダメだ!」って思ってしまってね。

 

いつのまにか背負いこんでいたのが自分なら、その荷物を降ろすことを決めるのも、実は自分自身。

 

僕もまだまだ色んな固定観念の荷物を背負っているのかと思いますが、少なくともブログに関しては、その荷物を捨てることにしたんです。

SEO対策とか、ブログを成長させるためのもの、沢山あって、そのどれもが正しいものだと思います。

でも、僕にはいらない。それは、僕の決めたものじゃないから。

いらん荷物を捨てて、自分の、書きたいものを書くと思います。

なので時にはめっちゃ文字数少ない記事もあるかも知れんし、ただの日記みたいな記事も書くと思います。

まずは僕が楽しければ、それで良いかなって。

今考えているのは、そんな感じです。

とりあえず、しばらくぽつぽつと続けてみようかなと思います。

 

ほんじゃ、久々のブログはそんな感じで。今年もよろしくお願いします。

じゃ、またお会いしましょう。takeちんでした!


スポンサードリンク



スポンサードリンク




この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください