「ブログ向いてない」と悩む人へ。あなたのブログは絶対に誰かを救っている!

スポンサードリンク


 

「ブログ向いてない」と悩む人へ。あなたのブログは絶対に誰かを救っている!

 

こんちは、takeちん(@OddTake)です!

ブログ継続って大変ですよね。続けていても途中でダレてしまって「自分はブログに向いてないんだ。」と思って辞めて行く人も多いと聞きます。

今まさに「自分はブログに向いていないんだ。もう辞めようかな。」と考えている人達へ伝えたいことを書きます。

 

ブログ継続は大変。辛い。

実はtakeちんもブログを辞めようと考えたことは沢山あるし、今でも考えることはしょっちゅうです。

アクセス数はのびないわ、SNSで宣伝してもあまり読んで貰えないわ、「お!コメントついたやんけ!」と思ったらただのスパムやわ。

 

実はぶっちゃけた話リニューアルしたこのブログ、今の所平均デイリーPVは【10】です(ガチです)

 

アクセスが伸びないだけじゃなくてこのブログ、今まで何度もリニューアルを繰り返すくらいに方向性も決まっていないし、どうやって決めたら良いかも分からんくらいです。

【人生】とか【生きる】とか【自分らしさ】をテーマにした自己啓発ブログにしたいのか、それとも雑記ブログみたいにしたいのか。

誰をターゲットにしたいのかも迷う時があるし、そもそも何の為に自分はブログを続けているのかすら、よく分からなくなる時がある。

それぐらい、ただ続けているだけのブログです。これが、今の僕のブログの現状。

 

「こんな状態がずっと続くなら、ブログもう辞めようかなぁ。」

「こんなブログ、誰も読んでくれないよなぁ。」

「こんなブログ、続けてても意味がないよなぁ。」

「こんなブログ、何の価値もないよなぁ。」

 

なので、こういうことを考えてしまうことはよくあります。

僕と同じこと、考えているブロガーさんはきっと沢山いると思う。

特に周りのブロガーさんが結果出したり、成長していると比較して落ち込んだりするしね(笑)

だから、「辞めたい。」っていう気持ちはよーーーーーーく、分かります。

 

でも、こんな時だからこそ一度、考えてみて欲しいことがあるんです。

 

もし、自分が書いている記事が誰かを救っていたら?

自分が書いたブログが、人を救っている。

「いやいや、救われている人なんかいないよ~。」

そう思うかも知れないけれど、もし、たった一人でも救われいる人がいたら?

その人があなたの書いた記事を読んで、心の底から「ありがとう。」って言ってくれていたら?

 

めちゃくちゃ嬉しくないですか?

 

これはtakeちんの実体験なのですが、僕が心底「ブログやってて良かったなぁ。」と思ったのは、ブログを読んで下さった方から初めてメッセージをいただいた時です。

「あなたの記事に励まされました。」と書いてあったのですが、本当に嬉しかったです。

その頃は自己啓発をメインテーマにブログを書いていたのですが、今と同じようにアクセス数が低かったから悩んでいたんですよね。

そんな時にメッセージをいただいて、何度も何度も読み返しました。

僕にとってこの最初のメッセージは、紆余曲折しながらもブログを続けられている原動力になっています。

で、この体験から言えることはたった一つ。

 

あなたの書いているブログの記事は、きっと誰かを救っています。

 

あなたのブログは、必ず読んでくれている人がいる!

あなたのブログは、必ず読んでくれている人がいる!

いや、必ず救っています。役に立っている、力になっている。

 

つまり、絶対に読んでくれている人がいる!

 

これは事実だと思います、だって僕みたいなどこにでもいる小太りメガネのブログでも読んでくれている人がいて、メッセージをくれたんやから。

「ブログ、向いてない・・・もう辞めようかなぁ。」と悩んでいる人がいたら思い出して欲しいんです。

自分のブログを読んでくれている人がいて、きっとその人が救われていると。

それを信じて欲しいんです。例えアクセス数が伸びなくても、スパムコメントばっかりついても。

その気持ちを忘れず、これからも一緒に続けて行きましょう。応援しています!

 

takeちんは目指せ50記事!そして目指せデイリー50PV!

目標は低いところから始めよう(笑)

じゃ、またお会いしましょう!takeちんでした!


スポンサードリンク



スポンサードリンク




この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください