不安と向き合うための大前提。不安な気持ちを消そうとせず、自分を許すこと。

スポンサードリンク


 

不安と向き合うための大前提。不安な気持ちを消そうとせず、自分を許すこと。

 

こんちは、takeちん(@OddTake)です!

 

皆さんにちょっとお聞きしたいのですが、皆さんはご自分のことをポジティブだと思いますか?

それとも、ネガティブだと思いますか?

人によって、色々あるでしょう。

自分のことをポジティブで明るいと思っている人もいれば、そうではなくネガティブで辛いと感じている人もいる。

中には、ネガティブな気持ちを悟られたくなくて無理にポジティブに振る舞っているという人もいるでしょう。

もちろん、どちらが悪いということは一切ありません。

ポジティブな自分もいれば、ネガティブな自分もいる。

前にも書いたことがありますがtakeちんはですね、「ウルトラスーパーメガトンアンリミテッドネガティブ」です(笑)

 

ちょっとしたことですぐネガティブな気持ちになり、何かを心配したり、何かで不安になったり、何かに焦ったり。

ある意味、毎日が大変です(笑)心がしんどいわ(笑)

僕と同じように「自分はネガティブだ。ちょっとしたことですぐ落ち込んで嫌になっちゃう。。」という人も多いでしょう。

嫌ですよねぇ、ごっつよう分かります。

 

特に【不安】な気持ちって耐え難いもんがありますよね。

 

不安な気持ちに押しつぶされて何をするにも手につかなくなったり、「上手く行かないんじゃないか。自分はダメなんじゃないか。」って考えてしまったり、本来であれば楽しみにしてた予定も楽しめなくなったり、大好物のビールとカツカレーも美味しく感じなくなったり(これはただのtakeちんの好物です)。

とにかく、不安な気持ちっていうのは生きていく上で厄介です。

この不安な気持ち、どうにかしたいですよね。

ってことで今回は、takeちんなりに不安な気持ちとの向き合い方について考えてみましたので、そのお話を書きます。

じゃ、行くでやんすぅ。

不安な気持ちとの向き合うための、大前提。

不安な気持ちとの向き合うための、大前提。

まず、不安な気持ちと向き合うための大前提についてお伝えする必要がありますよね。

 

あくまでtakeちんの考え方なのですが、「不安な気持ちを消すことは出来ない。」と思っています。

 

だって、不安って、ものすご~く、自然なことじゃないですか。

 

生きていれば、誰だって不安な気持ちになる。

仕事でもプライベートでも、色んな場面で、色んな状況の中で、僕たちは不安を感じることがあります。

特に、何か自分にとって【大事なこと】【重要な局面】において、人は強い不安を感じますよね。

例えば試験前とか、何かの発表とかプレゼンの前とか、初デートの前の日の夜とか。

「うぅ、大丈夫かなぁ。この服、ダサいって思われたらどうしよう。。。」とかね(笑)

 

あとは、どうしようもないことや想定していなかったことが起きた時、物凄い不安に襲われますよね。

この記事を書いている今なんか、まさにそう。

【新型コロナウィルス】で日本中、いや世界中が真っ黒な不安の渦に巻き込まれていると思います。

マスクも買えないわ、アルコールも不足してるわ、気軽に外出も出来ないわ、楽しみにしていたイベントは中止になるわ、学校は行けなくなるわ、会社は急なリモートワークやテレワークの導入対応に追われるわ、経済的にも大打撃だわ、春の選抜は中止やわ、オリンピックも延期になるわ、そもそも自分は大丈夫なのかちゃんと自衛出来ているのか、このまま日本は、いや世界はどうなってしまうんやと。

どうしようもない不安に、沢山の人が襲われていると思います。

 

実際、僕も物凄く不安です。

今のところプライベートや仕事にはあんまり影響がないのが幸いやけど、それもどうなるか分からないと考えたら、とても不安です。

今回のコロナウィルスの影響はほとんどの人が想定外やったと思うから、余計にこれからがどうなって行くのか不安やと思います。

どうなるかも分からないだけじゃなく、「どうすれば良いか。」も分からないやろうから。

少しでも、この状況が早く収束することを願っています。

 

あ、少し脱線して来たので話を戻します。

 

とにかく。それぐらい「不安な気持ち」っていうのは、人間にとってある意味密接なものやと思います。

切っても切れない関係。人間にとって当たり前のことです、不安を感じるというのは。

だから、不安というものを消すことなんて出来ないと、僕は思っているんですね。

 

大切なのは、不安な気持ちを「消そう。」としないこと。

不安で不安で仕方なくて、その気持ちを消せるなら消したいという気持ちは、とてもよく分かります。

僕も、消せるなら消したいですからね。

でも、やっぱり消せないじゃないですか、消えないじゃないですか、本当に強い不安というのは。

 

それなのに消そうとするから、かえって不安な気持ちに意識が向いてしまって、余計に不安になると思うんです。

不安が不安を呼んで、どんどん負のスパイラルにはまって行く。

だったらいっそのこと、不安を消そうとしないことが大切。

消そうとしても消えず、そのせいで余計に辛くなって行くなら、もう不安を消そうとしない。

 

「不安になってもええんやで。そんな時もあるし、当たり前のことなんやで。」

 

と、自分に言ってあげれば良いと思います。

そうするとね、不思議と、スーッと心が楽になって行く感覚がありませんか?

むしろ、あれだけ強かった不安がだんだん消えて行くような感覚だって、あるかも知れません。

それはきっとね、自分を許すことが出来たからやと思うんです。

 

不安を消そうとするよりも、自分を許すこと。

何をしても不安が消えないなら、そんな自分のことを許してあげる。

結局は不安を感じたり、不安に押しつぶされそうな自分を認めてあげることが出来なかったから、苦しんでいたんですよね。

だから躍起になって不安を消そうとする、でも消えない、の繰り返しだったと思うんです。

なので、どこかで断ち切ってあげる。

 

不安になってもええやんか、何も出来なくてもええやんか、解決出来なくてもええやんか、何も変わらなくてもええやんか。

無理してポジティブに振る舞わなくて良い、無理して明るくなくて良い、無理に笑わなくて良い、泣きたいなら泣けば良い。

そんな自分だって、ええやんか。

不安を消そうとするよりも、自分を許すこと。

そんな風に自分を許してあげることが、不安と向き合う上で大切なことやと思っています。

でなきゃ、潰れてしまうから。

 

自分を許してあげる。

 

それは言い換えれば、自分を受け入れるということ。

 

人は自分のことを受け入れられなくて苦しむけれど、それに比例するぐらい、自分を受け入れられた時に幸せを感じます。

その幸せな気持ちはきっと、不安な気持ちすら軽く凌駕します。

だから、スーッと心が軽くなるんやと思います。

 

僕自身、不安に苛まれそうになる時は沢山あります。

将来のこととか考えてしまった時は特にね。

そんな時は、時は自分に言い聞かせるようにしています。

不安になってもええんやで、無理せんでええんやで。

不安は不安なままで良いから、落ち込みすぎずに、また歩き出そう。

そう言えるようになってからは、随分不安な気持ちと向き合えるようになりました。

不安を消そうとせず、自分を許す。

 

これ、よかったら試してみて下さいね。

じゃあ、またお会いしましょう!takeちんでした!


スポンサードリンク



スポンサードリンク




この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください