不安を消すことなんて出来ない?不安との付き合い方について考えてみた。

スポンサードリンク


 

不安を消すことなんて出来ない?不安との付き合い方について考えてみた。

 

こんちは。takeちん@OddTake)です。

 

今回の記事では、takeちんが【不安】というものについて考えて行きたいと思います。

人間、生きていると何かしら不安って付きまといますよね。

 

これからのことを考えると、不安で仕方がない。良い方向に行く気がしない。上手く行く気がしない。失敗しそうな気がする。悪いことが起きそうな気がする。ずっとこのままだったらどうしよう。何もかも失ってしまうんじゃないか。一生、駄目なままなんじゃないか。

 

あぁ、このまま、自分の人生はどうなってしまうのか・・・(ノД`)・゜・。

 

などなど。そんな風に、どうしようもない不安に囚われてしまったこと、今までありませんか?

 

takeちん
嫌ですよねー、不安って。僕も大嫌いです、不安なんてもう、爆発してなくなれば良い。

 

でも、不安なんて消そうと思ってもなかなか消せないし爆発なんかしてくれないから、困ったもんですよね。

 

ってことで、今回はtakeちんが【不安との付き合い方】について考えてみることにしました。

ちなみに、【不安の消し方】ではないですよ。【不安との付き合い方】です。

takeちんなりに考えていることを書いてみます。じゃ、行ってみよーう!

 

そもそもの大前提。不安は、消すことが出来ない?

ぼんやりと考えるブタちゃん。

何故、不安の消し方ではなく、不安との付き合い方と書いているのか。

 

これは大前提だと思うのですが、そもそも不安を消すことって、不可能じゃないかなと思います。

 

『一瞬で不安が消える方法!』とか『不安を感じない生き方!』とか『不安を感じないメンタルを手に入れろ!』みたいな感じの謳い文句をよく見かけますが、そもそも不安を消す事なんて出来ないんじゃないだろうか。。。と思ふ。

 

だって不安って、【感情そのもの】じゃないですか。

マイナスであろうとプラスであろうと、人間が感情を消すなんて、まず不可能だと思うんですよね。

だからまず大前提として、不安を消そうとしないことが大切だと僕は思ってます。

不安に感じてしまうのは仕方がないこと。不安を感じてしまう自分がいたって、おかしくないこと。

それに極端な話ですが、人生、何が起こるか分からない。

予想もしていなかったトラブルや問題が自分の身に起こった時、不安を感じない人間でいるなんて、ほとんどの人は無理だと思うんですよ。

 

takeちん
まぁ、世の中広いから、もしかしたらマジで何が起こっても不安を一切感じない人もいるのかも知れないけど・・・(笑)

 

でも、大前提として不安は消せないと考えると、それだけでも少し楽になれるんじゃないかと。

実際、僕も以前はどうしようもない不安に押しつぶされそうになっていたのですが、この考え方をするようになっただけでかなり楽になりました。

 

不安を消そうとするから、余計に不安になる。

消せないものを消そうとするから、余計に不安を消すことに必死になってしまうのではないでしょうか?

例えるならアレですよ。

好きな女の子(もしくは男の子)がクラスの他の男子(もしくは女子)と楽しそうに話しているところを見て、「ふーん。まぁ、仲良さそうで良いじゃん。あんま気にしてないし。」とか言いながら耳をダンボにしてその二人の会話を必死に聞こうとする感じでしょうか?(笑)

・・・例えが悪い。非常に分かりにくい気がする(笑)

 

えー、つまりですね。気になっちゃうもんは仕方ないと思うんです。

 

気になって仕方ないもの強がって「気にしてない!気にしてない!」と言って消し去ろうとするから、余計に気になると思うんですよね。

そんな経験ありませんか?え?ない?(笑)

だったらいっそのこと、気になってしまう、不安を感じてしまう自分を受け入れてあげるということ。

「あー、めっちゃ気になるわ。何話してるんだろう。」って感じで素直に盗み聞きする。
(いや、盗み聞きはやめましょう笑)

 

不安を感じてしまう自分がいても良い。そんな自分だって、否定せずに認めてあげる。

「仕方ないよね。気になるんだよね。」って。そんな風に、少しダメな自分を認めてあげる。

いつも言ってる【自己承認】ってやつですかね?不安を感じる場面でも大切なことです、自己承認。

 

不安はどこから、やって来るのであろうか。

ちなみに、不安ってどこからやって来るんでしょうか?

 

不安は、【まだ見ぬ未来】からやって来るのではないでしょうか。

 

過去のことを悔やむことはあっても、過去のことが不安になるってことはないですよね。

 

そして不安は、【その未来を案じる心】が生み出します。

 

未来のことは、誰にも分からない。何が起こるか分からない。僕達は、どんな未来がやって来るかを知ることが出来ない。悪いことが起きるのかも知れない。自分にとって不都合なことが起こるのかも知れない。

その可能性を完全に否定することは出来ないのが、辛い所ですよね。

だから、「どうしよう。」って不安になるんです。

 

・・・ここで、ちょっと考え方を変えてみたい。

これを逆手に取れば、【希望】があるからこそ、不安になるということだと思うのです。

 

不安と希望は、いつだって表裏一体。

希望という光

自分の未来を信じたい。自分の人生を信じたい。きっと、素敵なことが始まると信じたい。

そんな希望があるからこそ、「もし、駄目だったらどうしよう・・・!」という不安が生まれるのではないでしょうか。

 

不安がそれだけ大きいのは、それだけ希望を持っているから。

 

太陽に照らされて影が出来るように、不安は生まれる。

だけど、不安という闇が深い程、希望という光は光輝くのです。

 

どれだけ不安に押しつぶされそうになっても、それだけ自分が、希望という光を抱いて生きているということだと信じています。

 

明るい未来を作りだすために、【今を生きる】。

そして、どうせなら【希望】を実現したいですよね。

僕もそうです。僕もすぐ不安になるから(笑)

で、先程も言ったように、未来のことは誰にも分からないし、未来を知ることは出来ません。

 

だけど未来は、自分の力で変えていくことが出来る!

じゃあ、明るい未来を作り出すにはどうすれば良いのか。

 

それが、【今を生きる】ということ。

 

ではないでしょうか?

僕達は未来に生きることも、過去に生きることも出来ない。

僕達が生きられるのは、今、この瞬間だけ。この瞬間を大切に、大切に生きて行く。

今、自分に出来ることを一生懸命にやって、精一杯に生きる。

例え先が見えなくても、その前向きな積み重ねはきっと、希望を形にしてくれます。

 

未来のことを考えて、そのために行動することも、とても大切なことです。

でも、結果として未来への不安に囚われて、今が幸せじゃないということになっていませんか?

この辛さは、僕も嫌というほど経験しましたので、よく分かってるつもりです。

そんな時は未来じゃなくて、今にフォーカスを当ててみませんか?

 

それに一生懸命に今を生きていれば、少なくとも【今は幸せになる】と思うんです。

【明るい今】の積み重ねが、【明るい未来】になる。僕は、そう信じてます。

 

まとめ。

今日のまとめ

不安になるのは仕方がない。

不安を感じる自分を認めてあげる。

不安と希望は、表裏一体。

未来のことは分からない。だからこそ、今を生きよう。

ってな感じで今日は、不安との付き合い方について考えてみました。

心理学的に、カウンセラー的に「それ間違ってるよ。」とか言われたらどうしよう(笑)

 

 

僕もまだまだ不安になることが多いですし、それに囚われてしまって今を生きることを疎かにしがちです。

でも、精一杯、今を生きて行きたいと思っています。それが明るい未来になると、信じているから。

どうしようもない不安に苛まれているのでしたら、是非、小さなことから【今】を積み重ねてみてくださいね。僕もそうやって前向きに生きて行きます!

 

じゃ、またお会いしましょう!takeちんでした!


スポンサードリンク



スポンサードリンク




この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください