【あんたを許してやれ】将来が不安になったり自分に自信を持てなくなったあなたへ

今回はですね、急に将来が不安になったり、自分に自信を持てなくなったあなたへと、伝えたいことを書きます。

takeちん
へい、みんな。takeちんだよ。
今回のテーマ:将来が不安になったり、自信を持てなくなったあなたへ

急に将来が不安になったり、自分に自信を持てなくなることがある。

この記事、そしてこのブログを読んで下さっているあなたは今、自分の将来が急に不安になったり、自分の人生や自分の選択に自信を持てなくなったりして、辛い気持ちで過ごしているのかなと思います。

 

もうね、ほんまに、分かりますよ。

 

その辛さ、苦しさ、痛み。

将来のことや人生のことって、急に不安になったりしますよね。

不安になるし、自分の人生や自分の選択とかに対しても「これで良いのかな?」って自信が持てなくなったりしますよね。

しかも、「これでええねん。この道、生き方を信じて歩めばそれでええねん。」と普段は思っているにも関わらず、急にアホほど不安になったり自信がなくなったりします。

なおかつこういう時って、これといった理由も無いのに、いきなりこういう状態になるからしんどいですよね。

もちろん、何か具体的な理由やキッカケがあって、こういう状態に陥る時もありますけど。

それは人それぞれ、状況による、ってことで。

 

こういう時、どうしたら良いか分からなくなって、自分を落ち着かせるために本を読んだり音楽を聴いたり、いっそのこと寝てみたり(大概は寝れない)するけど、どうしても落ち着かなかったりします。

心も頭もグッチャグチャになって。

 

もうどないしたらええねーーーーーん!

うわぁーーーーーん!

うぉーーーーん!

ばゆーーーーーん!

 

みたいな時ってありますよね。

「ばゆーーーーーん!」って何やねん(笑)

 

それはさておき、辛いですよねぇ、こういう時って・・・・・。

もちろん、僕はあなたが何に苦しんでいるのかを知らないし、どんな悩みを抱えているのかも知らないし、自分の人生に対してどう思っているのかも知らないです。

だから、僕に今のあなたの苦しみや辛さを、完全に理解してあげることは出来ないです。

非常に、心苦しいですが。

むしろ、理解出来るなんて言ってしまったら、それはそれでおこがましいですから。

 

ただ、あなたの「辛い。苦しい。痛い。」という気持ちだけは、少しだけ、分かってあげられるつもりです。

 

takeちんも、こんな気持ちになってしまう時がよくあるのです。

いやね、そもそも何でこんな記事を書き始めたかと言うと、僕もこんな気持ちになる時がよくあるんです。

「こんな人生を歩んでいても良いのかな。」とか「こんなブログ続けてても意味があるのかな。」とかね。

そんな風に感じることがよくあるんです。

だから、僕自身のことを書くことで、「一人じゃないよ。」って伝えられたら良いなって思ったんです。

この記事を読んでくれた人が「そっか。自分だけじゃ無かったんだ。」って少しでも安心してくれたら、嬉しいなって思って。

なので、この記事を書いている訳です。

あ、良かったら、こちらの記事もどうぞ。

辛くて、苦しくて、痛い。そんなあなたに伝えたい2つのこと。

でね、今回はそんなあなたに、伝えたいことが2つあります。

すっごく単純やけど、大切にして欲しいこと。

 

あなたのことを、責めないであげて下さい。

まず、あなたが将来のことで不安になったり、自分の人生や選択に自信が持てなくなったとしても、それは人して、ごくごく普通のことです。

あなただけじゃなくて、み~んな、同じことを考える時があるのです。

あなたは、そんな自分を責めているかも知れないけれど、責める必要なんてどこにも無いんですよ。

 

不安を感じたり、自信を失っている自分のことを、責めないであげて下さい。

 

むしろ、「お前(自分)はよく頑張ってるなぁ。ほんまに偉い。ほんまに凄いよ。」って褒めてあげて下さい。

 

だってね、これは僕がいつも思っていることなんですけれど、悩んで迷って苦しみながらも生きている人って、本当に自分の人生に対して一生懸命な証だと思うんですよ。

 

他の誰よりも、あなたが思っているよりも、あなたは一生懸命なんですよ。

 

そんなあなたのことを、あなたが、責めないであげて下さい。

どんな自分も認めてあげることで、少し気が楽になりますからね。

これが、まず1つ。

 

自分に、優しくしてあげて下さい。

そして、もう1つ。

 

こういう時はとことん、自分に優しくしてあげて下さい。

 

とことん、自分に優しくして、自分を甘やかして、自分を癒してあげて下さい。

 

好きなことしたら良いし、無理に頑張らなくて良いし、何もしなくて良いし、休んだら良いし、引きこもったら良いし、怒ったら良いし、悲しんだら良いし、悔しがったら良いし、笑わなくて良いし、泣いたら良いんです。

 

真面目なあなたは「いやいや、そんなこと出来ないよ。もっと頑張らなくちゃ。」と思うかも知れないけれど、そんなことないんですよ。

さっきも言ったように、あなたは他の誰よりも、あなたが思っているよりも、一生懸命に生きている人なんです。

 

そんなあなたがちょっと自分に優しくしてあげたぐらいで、バチがあたるようなことはありませんよ。

 

だから、とことん自分に優しくしてあげて下さい。

思っている以上に優しくしてあげて下さい。

これが、2つめです。

 

大切なのは、自分を許すこと。

自分を責めないでいること、自分に優しくすること。

 

つまり、【自分を許すこと】が大切なのです。

 

生きていると色んなことがあるし、色んなことを考えます。

その度に不安になったり、自信が無くなったり、誰だってそんな時があるんです。

そんな時に、自分のことを許してあげることが出来たら。

きっと、生きて行くのが少し楽になると思います。

辛くなった時は、自分を許してあげること。

これを忘れないで下さいね。

takeちん
とことん、あんたを許してやれ。

僕がこう言うと、ちょっとダサいな(笑)

 

まとめ

今回のまとめ
  • 急に将来が不安になったり、自分に自信を持てなくなることがある。
  • だからあなたのことを、責めないであげて下さい。
  • だから自分に、優しくしてあげて下さい。
  • 大切なのは、自分を許すこと。
  • takeちんが言うとちょっとダサい。

ってな感じで、今回は不安になったり、自信が無くなったあなたに伝えたいことを書きました。

 

何度でも言いますよ、大切なのは、あなた自身を許してあげること。

 

許すことが出来たら、また少しずつ、前に進んで行くことが出来るんです。

で、もし辛くなったら、また休めば良いんです。

人生って残念なことに長期戦ですからね(笑)

急いで走ろうとせず、ゆっくりと歩いて行けば良いんです。

takeちん
あなたのペースで、あなたなりに、生きて行けばそれで良いんです。

この記事を読んでくれたことで、あなたの辛い気持ちが少しでも楽になれば、嬉しい限りです。

またね、takeちんでした。