「学校って楽しいかも?」元いじめられっ子が学校を好きになるまでのお話。

スポンサードリンク


 

「学校って楽しいかも?」元いじめられっ子が学校を好きになるまでのお話。

 

こんちは、takeちん(@OddTake)です!

 

いやぁ、前回はなんか凄い暗い感じの自己紹介記事となってしまって反省するばかり。

今回の記事はそうならないはずなので、ご安心くだちぃ(笑)

あ、前回の記事も良ければ読んでくださいね。→【自己紹介】若かりし頃、takeちんがいじめられっ子だった話。

 

どこまで話しましたっけ?あぁ、そうそう。

【高校三年生の秋】くらいまではいじめられていたせいで、良い思い出があまり無かったって話で終わりましたね。

じゃあ、その続きから話しますね。

どうして、ある時期を境に良い思い出が出来るようになったのか。

 

takeちんには、【夢】があった。

恥ずかしながら、takeちんには壮大な夢があったのですよ。

僕ね、【声優】になりたかったんですよ。

takeちんには、【夢】があった。

なんで声優になりたかったのかと言うと、昔から映画が好きだったのが大きいですね。

アニメの声優さんじゃなくて、吹き替えの声優さんに憧れていたところはあります。

それから、何故か昔からモノマネが結構得意で、テレビで見た芸能人のモノマネや映画のワンシーンのモノマネなんかをして、家族を笑かせていたんです。

いじめられっ子やったけど家では明るかったんです(笑)

今もモノマネは割と得意ですよ。がっつり似せることは無理なんですが、雰囲気モノマネが得意です。

これちょっと自慢なのですが、例えば身近な人とか、会ったことのある人のモノマネは大抵出来ます。
(こんだけ言うていつか人前で披露する時に「う〇こ」レベルのモノマネやったらどうしよう。。。笑)

それはさておき、昔から人前で「演じる」ってことが好きだったんでしょうね。

演じるというか「表現する」とでも言いましょうか。

だから、こんな風にブログを使って自己表現することも好きなのかも知れない。

 

それからね、当時の僕にはコンプレックスが一つありまして、自分の声があんまり好きではなかったんですよ。

自分で言うのもなんですが、ちょっと声が変わってるとは思います。

いじめられていた時は、この声でからかわれることも多かったんですね。

 

だったらいっそ、「この声で一花咲かせてやろう!」と思って選んだのが声優という道だったんです。

 

【声優】という夢が、takeちんの意識を変える。

ちょっと話が戻りますが、僕はいじめられっ子だった時、何よりも嫌いなものがあったんです。

それが、【いじめられている自分自身】だったんです。

正直学校の中では暗い感じで、浮いてて、からかわれたりいじめられたりしてもろくに抵抗も出来ない、いじめのターゲットにされるような自分自身が何よりも嫌いだったのです。

 

「こんな暗い自分、暗い人生、もう嫌や!」ってずっと思ってました。

 

でね、声優って人に夢や希望や勇気、時には癒しも与える素晴らしい職業じゃないですか。

そこで僕は、こんな風に考えたのです。

 

「声優みたいなもんを目指す人間が、こんな暗くてどないすんねん!」

 

そこから、自分自身を変えるための努力が始まったんですね。

この努力が、結果としては良い思い出を少しずつ作ってくれました。

 

自分を変えるための努力を始めた、takeちん。

じゃあどんな努力を始めたのかと言うと、以下の通りです。

 

こういう努力を重ねた
  • クラスメイトに挨拶する。
  • あんま喋ったことのない人に対しても思い切って話しかける。
  • 学校の行事に積極的に参加する。
  • 笑顔でいることを心掛ける。
  • ハキハキと喋る。

 

ざっとこんなもんです。

「え?そんだけ?」とか思うでしょ?

ほんまにたったこれだけですよ。

 

しゃあないやん!(急にキレるなよ”笑)

 

このちょっとしたことが当時の僕にとってはどれだけハードルが高かったことか!

会ってすぐの女の子にそれとなくLINE聞くくらいハードル高いわ!(知らんわ”笑)

 

どれもこれも陰キャラ街道真っしぐらだった僕にとってはめちゃくちゃ緊張したし、勇気が必要やったんやから。。。

滅多に喋らんクラスメイトに「おはよー。」とか思い切って言うても「え?あ、お、おう。」みたいな戸惑ったリアクションされるし(笑)

それでも「自分を変えるための努力やから。」とめげずに続けた結果、少しずつ効果が出るようになったんですよ。

 

結論どうなったかと言うと、話し相手が増えて行きましたね。

今まで話すことのなかったクラスメイトと話せるようになったおかげで、ちょっとだけ友達になれたおかげで、凄く世界が広がった気がしましたね。

全然知らなかっただけで、話してみると良い奴もいっぱい居たし。

あと、結構女子と話せるようになったのが死ぬほど嬉しくてもう死んでも良いと思いました。
※ほんと生きてて良かった。

 

環境が変わると、考え方が変わると知った。

なんかね、そんな風に環境が変わると僕の考え方も変わって来るんですよ。

今までからかわれたり、いじめられたり、酷い目にあって、僕の周りには【敵】しかおらへんってぐらい、世界に対してマイナスのイメージしか持っていませんでした。

僕の周りにいる誰も彼もが僕に対して【壁】を作っているんだと。

でも、そうじゃなかったのかも。

 

確かに嫌な事もあった、でも、自分から心を開いて行動すれば良い事もある、良い奴もいっぱいいる。

 

壁を作ってたのは、他でもない僕自身なんやなぁと。

壁を作ってたのは、他でもない僕自身。

何となくそう悟ってからは、学校に行くのが苦じゃなくなりました。

むしろ学校に行って色んな人と話すようになっているうちに、こう思うようになりました。

 

「あれ?学校って楽しいかも?」

 

まさか自分がこんな風に感じるようになるなんて、思ってもみませんでした。

人間、自分という存在は、自分という人生は、自分の手で作り変えることが出来ます。

その原体験となりましたね、この頃の出来事は。

気がつきゃ、いつの間にか僕を苦しめていたいじめは無くなっていたし、いじめて来る奴も居なくなりました。

ほんまに不思議やった。嘘みたいに。でも現実。

それが、高校三年生の秋くらいでした。

そんな感じで学校生活を楽しめるようになり、最終的にはそれなりに学校生活を謳歌して高校を卒業しました。

っていう、お話。

 

そして僕はいよいよ、声優を目指すためにエンターテインメント系の専門学校に入学します。

この専門学校で僕は、水を得た魚のように暴れまくりました。

その話は、また次回に。

 

じゃ、またお会いしましょう。takeちんでした!


スポンサードリンク



スポンサードリンク




この記事をシェアしてくれたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください